髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
信頼回復への第一歩「安全と顧客が第一」・・・ 大自在 八葉蓮華
 トヨタグループの創始者で、発明王として知られた豊田佐吉翁の記念館が生誕の地、湖西市にある。復元した生家や研究を続けた納屋、世界に認められた織機などが展示されている。研究と創造に精魂を傾けた佐吉の志が伝わってくる場所だ。トヨタ自動車の原点と言っていい

 「障子を開けてみよ 外は広いぞ」。固定観念にとらわれず、広く視野を持つことの大切さを説いた佐吉の名言はトヨタマンに脈々と受け継がれていった。世界一の自動車メーカーへと飛躍を遂げたのは創業家の求心力が健全に機能していたこともあろう

 その世界のトヨタが正念場を迎えている。大規模リコール(無料の回収・修理)問題で、トヨタの対応遅れなどに米国で批判が噴出、米議会の公聴会に出席した豊田章男社長に議員から厳しい質問が相次いだ

 豊田社長は「安全と顧客が第一」と繰り返し発言。トヨタ車の暴走で犠牲となった家族に明確に謝罪したことなどで、一定の理解は得られたとの見方もある。ただ、米国世論のトヨタ不信が払拭できたわけではない。消費者の目線で迅速に対応できるかどうかにかかってこよう

 近年、米国のビッグ3の衰退と反比例するようなトヨタの急速な拡大路線は自動車業界の中で突出していた。売り上げ、利益も一人勝ちといわれた。拡張の陰で豊田社長の言うように客の声を聞く姿勢がおろそかになっていたということだろう

 「すべてのトヨタ車には私の名前が入っています。車が傷つくということは私自身の体が傷つくことに等しいのです」。豊田社長は公聴会でそう述べ、再発防止を誓った。トヨタの全社員がそういう思いを共有すること、信頼回復への第一歩だ。

大自在 静岡新聞 2010年2月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-02-26 23:56 | 大自在