髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
収入に見合う支出、財政を立て直すのに今も昔も変わらない・・・ 大自在 八葉蓮華
 シャンゼリゼ通りを彩るマロニエの並木と、モンマルトルの酒場。少し古い名曲「カスバの女」は、花のにぎやかな白と、酒場の屋根に飾られた大きな風車(ムーラン)の赤(ルージュ)が印象深く、聞いているだけで情景が目に浮かぶ

 静岡市の駿府公園に植わっているパリっ子のマロニエもここ2日、冷たい雨を浴びながらやっぱり春間近、葉の芽がみるみるうちに膨らんできた。一角にパリ市長からこの街路樹の寄贈を受けた山田順策元市長(1887~1961)の胸像も建っている

 「カスバの女」が映画の主題歌として発表されたのは55年のことだが、自治体はちょうど今と同じように税収不足から財政危機の最中だった。その年に就任した第13代山田市長は1億4千万円の財政赤字(一般会計の規模13億3千万円)を抱えて困窮

 静岡信用金庫理事長も務め、駿府公園の建設、国民体育大会の誘致など4年間の在任中、業績の多い山田市長だが、その筆頭はなんといっても就任2年で積年の負債を一掃する、財政構造改革を完遂してみせたことだろう

 財政を立て直すのに今も昔も変わらない。基本は収入に見合う支出に抑えるしかない。「静岡市史」によると山田市長は就任早々、市議会で財政の健全化を宣言。民生費、土木費、農水商工費など主な支出をばっさり。職員数も一挙に350人減の1400人に

 静岡県と37市町の背負い込んだ地方債という借金はもう合計4兆円を超す。こんな身のほど知らずの放漫がいつまでもつか。山田市長も市民もいくら開花の季節、花の都を思い起こすからといって“夜の花”気取りでうっとりとムード歌謡の世界に浸っている気分ではなかっただろう。

大自在 静岡新聞 2010年3月8日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-08 23:56 | 大自在