髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
球春「愉快にてみちたる」プロ野球、高校野球・・・ 正平調 八葉蓮華
 正岡子規が野球について、こんな一文を書き残している。「ベース、ボールほど愉快にてみちたる戦争は他になかるべし」。野球を「戦争」とは物騒な例えだが、一投一打の勝負に熱中する気分が伝わる

 実際、子規の野球への入れ込みようは人一倍だったようだ。友人で俳句の門下生でもある河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)は直接、野球の教えを受けている。「子規と私とを親しく結びつけたものは、偶然にも詩でも文学でもない野球であったのだ」(「子規の回想」)

 子規の野球熱はいよいよ高まり、幼名の「升(のぼる)」にちなみ「野球(のボール)」という雅号を名乗った。「投手」や「シ球」「打者」などの訳語も考案した。そうした功績で8年前には野球殿堂に迎えられた

 その子規が亡くなって百年余り。最近は野球を詠んだ俳句が珍しくなくなった。季語の「球春」は古い歳時記にはない言葉だ。だが、天国の子規なら「少しも差し支えなし」と深くうなずくに違いない

 きのう、プロ野球のパ・リーグが戦いの火ぶたを切って落とした。そして、きょうは選抜高校野球大会の開幕だ。本格的な球春の訪れである。折しも、阪神なんば線がきのう開通1年を迎えた。西は姫路、東は伊勢志摩、名古屋までが線路で結ばれ、真ん中に甲子園球場がある

 沿線が野球で沸き立つ図を想像すると気分が弾む。桜もようやくほころび始めた。「愉快にてみちたる」球春になりそうだ。

正平調 神戸新聞 2010年3月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-21 23:56 | 正平調