髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
無駄の象徴「後は野となれ」後始末の大切さ・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 今日から新年度。異動や引っ越しで慌ただしく迎えた人も多いだろう。「立つ鳥跡を濁さず」。事を引き渡す場合、後始末の大切さを説くことわざだ

 逆に自分さえよければというのが「後は野となれ山となれ」。残された側としてはたまったものではない。きのう閉館した雇用・能力開発機構の職業体験施設「私のしごと館」(京都府)についても、地元は似たような思いを抱いているだろう

 たまたま近くを通りかかったことがあり、その規模の大きさに目を奪われた。京都、奈良、大阪3府県にまたがる関西文化学術研究都市の中心部。広大な丘陵地に国や企業の研究機関などが立ち並ぶ中、ガラス張りのしゃれた外観が際立っていた

 581億円の巨費を投じて2003年にオープンした。伝統工芸から宇宙開発までさまざまな職業を体験でき、修学旅行生ら年間約30万人が訪れたが、毎年10億円以上の赤字を生み“無駄の象徴”として批判が高まった。閉館が決まったのは、開館からわずか5年後だ

 国は今後の活用策を責任を持って探るべきなのに、先行きが見えないまま、既に施設売却の方針を決めている。夏にも入札の予定だが、買い手がつくかどうか

 地元はこのまま施設が放置されないか、懸念している。「後は野となれ」で、いいわけがない。

滴一滴 山陽新聞 2010年4月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-01 23:56 | 滴一滴