髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
互いの文化を大切にする、当たり前のことの積み重ね・・・ 正平調
 韓国の国花である木槿(むくげ)は、夏から秋にかけて次々と大輪の花を咲かせる。このため、他国による支配や弾圧に屈しなかった歴史を象徴する花ともされている

 日本統治下の朝鮮で暮らす一家の物語を、東京の前進座が先ごろ劇にして演じた。創氏改名で日本名の使用を強いられ、憲兵に大切な日記帳を焼かれたり、自転車を奪われたりする。そんな受難の日々を兄テヨルと妹スンヒィの目を通して描いている

 劇では街に桜の木を植える一方で、木槿は処分するよう命じられる。一家の庭にある木槿は、オモニ(母)が嫁いだときに持参した木だ。「言葉を封じても思いは消せない」。日本の圧政について語るアボジ(父)のせりふが胸に刺さる

 韓国系アメリカ人のリンダ・スー・パークさんが書いた小説「木槿の咲く庭」(新潮社)が原作である。米国生まれのリンダさんは、日本支配下の朝鮮史を知らなかった。父母から聞いた話を元に、小説にしたそうだ

 ことしは、日本が当時の大韓帝国を併合し、朝鮮総督府を置いてから100年という節目の年に当たる。劇は太平洋戦争開戦から日本の敗戦に至る両国の「暗黒時代」を背景にしている

 演出した十島英明さんは「真の友好関係を築く担い手になろう。そのメッセージが作品の要」と語っている。歴史を直視し、互いの文化を大切にする。当たり前のことの積み重ねから日韓の友好という大輪の花を咲かせたい。

 正平調 神戸新聞 2010年4月5日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-05 23:56 | 正平調