髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大切なのは器の形よりもまず中身、考え方や情熱・・・ 凡語 八葉蓮華
 以前、吉田松陰が教えた山口県萩市の松下村塾を訪ねたとき、思ったより小さく、質素なのに驚かされた。物置を改造した建物だったことは後から知った

 そこから、多くの明治維新の担い手が育った。松陰は当時、ペリーの「黒船」に乗り込んだ罪を問われ謹慎中だった。塾生の身分は問わず、塾代を取らない画期的な塾で、松陰は学問を実行に移すことの大切さを説いた

 塾で教えたのは2年あまり。日本は欧米列強から開国を迫られ、激動期を迎えていた。若者たちも知識に飢えていた。時代を動かす思想や情熱が伝わるのに、場所の大小は関係がなかった

 坂本龍馬は自ら足を運んだ出会いが学問の場だった。霊山歴史館の木村幸比古さんは「龍馬は耳目の学問だった」と話す。勝海舟、横井小楠らと会い、時代を動かす知識や考え方を吸収した

 龍馬が志士として活動したのは5年間と短いが、木村さんによると、その間に2万キロ、ほぼ地球半周分、動き回った。松陰も押し寄せる列強の姿を見ようと、めまぐるしく国内を動き回った。現場で実際に物を見て考えたのも2人の共通点だ

 政権交代が起き、現在も変革期だ。次々に新党ができているが、大切なのは器の形よりもまず中身、考え方や情熱だと思う。現場の声を聞く行動力も重要だ。幕末の第2次長州征討では、数で劣る長州軍が近代装備を武器に幕府軍を破り新たな時代を引き寄せた。

凡語 京都新聞 2010年5月5日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-05-05 23:56 | 凡語