髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
自らの手が生み出した科学技術を制御し、美しい花を咲かせる知恵を・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 赤いバラをツユクサのような鮮やかな青に変身させたいと考えた博士は、ツユクサにあってバラにはない遺伝子を移植し始める

 バラを青くする遺伝子を移植しつつ、バラに不必要な遺伝子を除去し続けて何年か後。とうとう鮮やかな青に輝くかれんなバラが咲く。博士は気付かなかったが、その花はどこから見てもツユクサだった―。分子生物学者・福岡伸一さんの短編作品だ(木楽舎「動的平衡」)

 生命科学は夢を追い続ける。人工的に合成した細菌のゲノム(全遺伝情報)を別の細菌に組み込み、生きた細菌を作ることに米国で成功した。「人工生命」に近づく画期的な技術だ

 生命の設計図を人が作り、命を吹き込むことができれば、医療や環境、バイオ産業に応用できる。研究チームはすでに、二酸化炭素(CO2)を吸収して燃料を合成する藻の開発に着手したそうだ

 疑問の声も上がる。バイオテロに悪用されたり、「人工生命」を作ることへの倫理面からの危惧(きぐ)だ。科学は時に、悪魔のような怪物を作り出す。核兵器はその筆頭だろう

 若き天才科学者のフランケンシュタインが、人の器官を集めて作り出した怪物の悲劇は、約200年も前に書かれた物語だ。自らの手が生み出した科学技術を制御し、美しい花を咲かせる知恵を人類は持ちたい。

滴一滴 山陽新聞 2010年5月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-05-23 23:56 | 滴一滴