髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
あっちが得すりゃ こっちが損する。油断もスキもあるものか・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 「こどもさん こどもさん 夢を上げよう。」と詩人石垣りんさんが「まぶたの下に」で書き出す。詩集「レモンとねずみ」(童話屋刊)に収まっている

 詩は続いて「おとなはきげん良く声をかける。気を付けなくちゃネ このごろはなんだって商売だ。国の政治も 持っているのはそろばん一丁。損得ずくでマツリゴトする。あっちが得すりゃ こっちが損する。油断もスキもあるものか。(略)」

 鳩山由紀夫首相が突然政権を投げ出し、あれよあれよという間に菅直人氏が新首相に選ばれた。政治空白は許されないともっともらしい理由付けをするが、間近に迫る参院選対策としてイメージ転換を狙ったことは間違いない

 民主党は野党時代、自民党政権下で首相が交代するたびに「無責任であり、民意無視の政権たらい回しだ」と批判してきた。今度は自分たちが非難される番だ。あれは野党時代だからと、言い逃れるようでは新政権の信頼を損なう

 首相の首をすげかえた結果、民主党の支持率は急上昇し、新首相への期待度も高い。国民の目をくらます戦法は奏功したようだが、有権者は、きょう発足する菅新内閣の力量を冷静に見極めることが大切だ

 選挙目当ての甘い公約に惑わされないようにしよう。「油断もスキもあるものか」である。

滴一滴 山陽新聞 2010年6月8日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-08 23:56 | 滴一滴