髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国民が求めているのは「責任を果たす内閣」国民の信頼を失った末に・・・ 大自在 八葉蓮華
 首相官邸の敷地内に放送各社のテント村が出現し、刻刻と入閣情報を報じるというのが、組閣の際の定番だった。だが、小泉内閣の登場以来、組閣時の光景はすっかり様変わりした

 情報は一切漏らさず、独自に人事をすすめる小泉方式によって、テント村は不要となった。官房長官の初仕事といえば、閣僚名簿の発表だ。ところが、麻生内閣では首相が自ら名簿を読み上げた。それも一人一人のコメント付きで。麻生色を鮮明にしようとの狙いだったというが、意に反して色がさめるのは早かった

 で、菅内閣は。閣僚名簿の発表は、菅直人氏が首班指名を受けてから4日後のきのう。しかも、この間に新首相が入閣者を小出しに公表、おとといの夜までに新内閣17人の閣僚すべてが内定した。ために、あらためて顔ぶれを示されても新鮮味は感じないが、異例の組閣の流れに“脱小沢”の思惑がうかがえる

 閣僚名簿を読み上げた仙谷由人官房長官が、どんな内閣―と問われ、こう応じた。「若さと清新、仕事大好き内閣」と。平均年齢59歳。前内閣より1歳半の若返りだが、40歳代が4人に倍増したことで「若さと清新」は納得しよう

 が、「仕事大好き内閣」は気になった。新内閣といっても11人が再任組だ。仕事大好きがそんなに名を連ねていたのに、前内閣はなぜ8カ月半でとん挫したのか。いや、いまは船出の時。新たなリーダーを迎え、本来の仕事人が持ち味を発揮すると前向きにとらえよう

 前政権は国民の信頼を失った末に崩壊した。なぜ、支持率が急落したか。それは責任放棄と受け止められたからだ。国民が求めているのは「責任を果たす内閣」だ。組閣の光景が様変わりしても、である。

大自在 静岡新聞 2010年6月9日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-09 23:56 | 大自在