髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
農相のポスト、口蹄疫問題や農家の戸別所得補償と懸案が山積・・・ 日報抄 八葉蓮華
 歳時記の夏の項を開くと、高浜虚子の句があった。「柿の花こぼれて久し石の上」。柿が実を付けるのは秋だが、花は今の時季に咲く。淡黄色で小さな花である

 果樹は花が多いほど、実がたくさんなるともいう。「桃栗3年柿8年」。芽生えてから相応の年月を経なければ、果実を得ることはできないとの例えだ。「石の上にも3年」という言葉もある。突然の首相交代で「チャンス到来」と胸が高鳴った人もいたことだろう

 菅直人内閣が船出した。残念ながら、読み上げられた閣僚名簿に、本県選出議員の名前はなかった。2002年1月に田中真紀子外相が更迭されて以来だから、待つこと8年余り。今回も県人大臣の誕生はお預けになった

 最後まで人選で難航したのが、農相のポストだった。県人にはベテランで農政通の有資格者がおり、期待も膨らんでいた。だが、組閣前日の昼に「残念だが、あきらめてほしい」としかるべき筋から告げられたという。副大臣の昇格で一件落着である

 「柿が赤くなると医者が青くなる」という言い伝えもある。柿のように栄養がある自然の恵みを食べる時節は、人々が健康になり、病人も減る。医者は商売上がったりで、顔が青ざめてしまうという意味だ

 菅内閣はやたらと「脱」を掲げている。奥の院の実力者が青ざめるほどの刺激は避けるのが良策と配慮したのだろうか。新農相はその実力者に近い。真相はやぶの中だが、農相には、口蹄(こうてい)疫問題や農家の戸別所得補償と懸案が山積である。まずは仕事の果実を待つとしよう。

日報抄 新潟日報 2010年6月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-10 23:00 | 日報抄