髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
苦難の宇宙飛行“昭和の子どもたち”子どもよりワクワクしている・・・ 大自在 八葉蓮華
 日本の経済成長が、そのスピードを速めていたころ、米国のテレビドラマにくぎづけになったことがある。未完成のタイムマシンによって主人公が過去や未来を漂流する「タイムトンネル」。主人公が世界史上の事件に遭遇、史実を交えた展開もあり、不思議なリアル感があった

 理科や科学が好きだったわけではないが、危機を次々突破していく主人公の科学者にあこがれたものだ。宇宙を飛び続け、7年後に奇跡的に地球に戻った小惑星探査機「はやぶさ」も、苦難の宇宙飛行を思えば、SF(空想科学)ドラマのような不思議さがある

 かつてSFもののとりこになったお父さんたちは「はやぶさ」の帰還に目を輝かせたことだろう。化学メーカーのクラレの調査によれば、そんなお父さんたちは今も昔も「理科が好き」なんだそうだ。半数近くが子どものころ、一度は「科学者になりたい」と思い、大人になった今も、9割以上が何らかの形で理科や科学に興味を持っている

 博物館や展覧会に行こう、と言い出すのはお父さんが74・5%と最も多く、「1人で行った」という理科好きお父さんも少なくない。日食など数十年に1度の天体ショーも、子どもよりワクワクしている父親像が垣間見えるという

 そういう“昭和の子どもたち”は、今の教科書が分量、難易度ともに物足りないと感じている、とも伝えている。子どものころ、理科のテストは苦手だったが、実験だけは楽しかったことを覚えている

 「はやぶさ」の運んだカプセルに、もし小惑星イトカワのほこりでも入っていれば人類の快挙だ。どんな教科書より、子どもたちに理科の楽しさや面白さを伝える格好の材料になるだろう。

大自在 静岡新聞 2010年6月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-19 23:56 | 大自在