髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
支持獲得狙いが透ける割に政策体系全体が見えてこない・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 元気の出るニュースは、一見して分かる明るいニュースとは限らない。見かけは難しくても、読んでみれば気分が和らぐ記事もある

 4日付本紙で野村総合研究所主席研究員のリチャード・クー氏が、日本の財政をギリシャに重ねるのは誤りと述べていた。ギリシャは放漫財政が過ぎた。また、ギリシャと違い日本国債の買い手は国民である。だから一気にギリシャのようにはならないとの趣旨だ

 財政難をあおりすぎとのマスコミ批判も交え、大型投資減税などを提唱していた。そういえば「ギリシャでは時間通り出勤する公務員に特別手当」といった記事が以前あった

 クー氏と同じ日の紙面で、青山学院大教授の榊原英資氏も日本の家計には国と地方の借金残高を上回る金融資産がある点を挙げ、同様のことを論じていた。専門家に勇気づけられた

 といったところで各政党の参院選の訴えを見直した。再び気が滅入ってきた。民主、自民両党は消費増税論。ほかでは増税反対を訴える党が少なくないものの、支持獲得狙いが透ける割に政策体系全体が見えてこない

 一つくらい、過度の財政悲観論を排して説得力があり、将来展望が開ける経済戦略を打ち出す党があっていいと思える。選挙戦はもう終盤。果たして参院選後に期待できるだろうか。

滴一滴 山陽新聞 2010年7月8日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-07-08 23:56 | 滴一滴