髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生中継の取りやめとダイジェスト放送、取組の様子がめまぐるしく変わり ・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 大相撲の仕切りはなくてもよいという意見がある。時間がかかり過ぎ、忙しい現代社会にそぐわないなどが理由のようだ

 NHKが大相撲の野球賭博問題で名古屋場所の生中継を取りやめた。代わりに11日の初日から取組終了後の午後6時台に総合テレビとBS2で、実況入りで収録した取組のダイジェスト版を放送している。仕切りを省き、勝負中心に伝える

 番組では取組の様子がめまぐるしく変わり、力士が次々に立ち上がって押し出したり投げ飛ばしたり。テレビ桟敷で見ていて、少し油断するともう勝負が決まっていた取組もあった。ひいき力士の勝ち名乗りの喜びに浸る間もない

 仕切りは、力士同士が立ち合いに向けて互いに神経を研ぎ澄まし、呼吸を合わせていく。仕切りを繰り返すうちに力士の気合は充実して顔が紅潮する。にらみ合いにも迫力がある。ダイジェスト版は物足りないと感じたが、多くの相撲ファンはどうだろう

 生中継の取りやめとダイジェスト放送は名古屋場所だけとされるが、テレビ桟敷からダイジェストだけで十分との声が高まれば生中継の復活は危うくなるかもしれない。大相撲の格式と伝統も崩れる

 もちろん、日本相撲協会が再生できなければダイジェスト放送さえ難しい。黒い霧が晴れない土俵は見たくない。

滴一滴 山陽新聞 2010年7月13日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-07-13 23:56 | 滴一滴