髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
防災は自助、共助、公助、日ごろの取り組みが大事・・・ 凡語 八葉蓮華
 きょう7月16日は、語呂合わせの「なないろ」にちなみ、虹の日とされる。夏、夕立のあとなどに空に半円を描く七色の帯に自然の造形美を感じる人は多いだろう

 その自然が一方で猛威をふるう。梅雨前線が停滞して、西日本を中心に豪雨によるシ者や行方不明者が出ている。河川のはんらんや住宅への浸水、交通機関の運休や遅れなど影響は多方面に及ぶ

 京滋でも土砂崩れや道路の通行止めなどが相次いだ。鴨川や桂川も穏やかな流れから一転して増水し、濁流となった。梅雨明けは数日中とみられるが、局地的なゲリラ豪雨や台風への備えが欠かせない

 被害を防いだり軽減するには日ごろの取り組みが大事だ。危険個所を入念に点検し、補強や改修するのはむろんである。ただ、いかに備えても想定を上回る事態が起こり得ることを歴史は教えている

 以前から問題となっているのは、自治体の避難勧告や指示が出ても避難する住民が極めて少ないこと。勧告や指示は、過去の災害の教訓に学んだものだ。それとて出す時期が遅れたケースもあり、出た時は危険が迫っている

 防災は自助、共助、公助が必要だ。自分の身を守ることができなければ大切な家族を助けることさえできない。災害弱者といわれる高齢者らに対する支援にも目を向けたい。ふだんから隣近所で声を掛け合うことが大切だ。共助の心をはぐくみ、いざという時に生かしたい。

凡語 京都新聞 2010年7月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-07-16 23:00 | 凡語