髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
“静岡ダービー”失敗から学ぶことは山ほどある・・・ 大自在 八葉蓮華
 一人の選手のプレーを目の当たりにして実感した。「あの経験はやはり、かけがえのないものだったんだ」と。W杯で中断していたサッカーJ1リーグが再開、おとといの“静岡ダービー”でみせた駒野友一選手(磐田)のプレーは切れ味十分だった

 駒野選手は先日、幕を閉じたW杯南アフリカ大会の日本代表メンバーだ。2大会連続の代表入りだが、朴訥[ぼくとつ]としたイメージもあってか、どちらかといえば地味な存在だった。ところが、一つのプレーでがぜん注目を集めた。それも不本意な形で

 ベスト8入りをかけたパラグアイとの一戦。延長でも決着せずもつれ込んだPK戦で、3人目に登場してバーに当てた。痛恨の失敗だった。日本敗退の責を一身に負っているかのようで、試合後は本社特派員の問い掛けにも会釈するのがやっとだったという

 失敗のつらさは身にしみる。だが、サッカー解説者の山本昌邦さん(沼津市出身)は、子どもたちを指導する時、失敗こそ大切と説く。本紙の夕刊コラム「窓辺」にこう記した。「失敗から学ぶことは山ほどある。大きな失敗をした人ほど、大きな成功にたどり着く」と

 PK失敗に泣き伏した駒野選手だが、あらためて自分と向き合ってみた、とテレビの特集番組で明かした。キックはイメージ通りだったという。だから、吹っ切れたのだろう。PKに触れられても「けれと言われればいきます」と言い切る顔があった

 静岡ダービーでの駒野選手は、右サイドを盛んに駆けあがり、正確なセンタリングでチャンスを演出してみせた。「一皮むけたような気がする」と本社磐田担当。大きな失敗をした人がたどり着く先は―。山本さんの言葉を信じたい。

大自在 静岡新聞 2010年7月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-07-19 23:56 | 大自在