髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「朝の梅干しは一日の難逃れ」新型インフルエンザの増殖を抑えるポリフェノール・・・ 日報抄 八葉蓮華
 梅雨前線による豪雨が西日本で猛威を振るったと思ったら、九州南部を除いて一気に「梅雨明け宣言」だ。お天道さまの気まぐれだけにはかなわない

 この連休は真夏日が続き、海や川は涼を求める家族連れでにぎわった。昨年の梅雨明けは「特定せず」だったが、今年は待ってましたとばかりに、きょうの土用の入りだ。土用は立冬、立春、立夏、立秋の四季の節目前、18日間を指す。でも、多くの人は“うなぎを食べる”丑(うし)の日があるこの立秋前がなじみだろう

 炎天下は熱中症に細心の注意がいる。一方、この強い日差しを利用した「土用干し」という真夏の知恵もある。「虫干し」とも言い、衣類や書画などを日なたに出したり、陰干ししたりして、カビや虫食いを防ぐ

 高級な書画を干す光景はなかなかお目にかかれないが、梅干しの土用干しなら、街中の庭やベランダなどでよく見掛ける。シソと漬け込んだ藤五郎や越の梅が、いい塩梅(あんばい)に梅酢を出し、紅色に染まって“日光浴”を待っている

 この夏は梅を干す家庭が増えるかもしれない。先ごろ、和歌山県立医大の研究班が、新型インフルエンザの増殖を抑えるポリフェノールの一種を、梅干しから発見したという

 「朝の梅干しは一日の難逃れ」。全国には抗菌効果に多くの言い伝えがある。研究班によれば「1日5粒程度でウイルスの抑制が期待できる」とか。かなり酸っぱそうな話だが、巨費を投じて輸入した大量のワクチンを捨てるような無駄よりはましか。ご飯と梅干しの“健康粗食”を見直すことは大歓迎だ。

日報抄 新潟日報 2010年7月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-07-20 23:56 | 日報抄