髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事業再編とブランド統合、なじみの深い家電ブランド名が消えるのは寂しい・・・ 凡語 八葉蓮華
 奥さん方は3年で象1頭分の重さの洗濯物をたらいでゴシゴシ洗っている。この重労働を機械に任せれば-。1953年に日本初の噴流式洗濯機を開発した「サンヨー」創業者井植歳男氏の着想は「奥さん方を喜ばそか」だったと「三洋電機五十年史」に記されている

 「必ず主婦に歓迎されるはず」と国産から外国製まであらゆる電気洗濯機を取り寄せ、瀬田川畔の滋賀工場(大津市)で試作・研究が始まった。日本の家屋事情に適した角型の噴流式を採用し、大ヒットにつながった

 この洗濯機が電化時代を開いたともいわれ、テレビと冷蔵庫を加えた「三種の神器」が急速に各家庭に浸透していく。後に評論家大宅壮一氏は同年を「電化元年」と呼んだ

 白物家電に強みを発揮してきた「サンヨー」が、完全子会社化に伴い「パナソニック」に統合される。一昨年の「ナショナル」に続き、関西でなじみの深い家電ブランド名が消えるのは寂しい

 世界首位の電機メーカーを目指すパナソニックだが、ブランド価値ではソニーや韓国のサムスンに後れを取る。事業再編とブランド統合でグローバル化を急がないと競争激化を乗り切れないという

 「商品に費やしてきた気持ちや技術は残る」と三洋の佐野精一郎社長。ブランド名は消えても、創業期から顧客ニーズに応じた製品を生み出してきた「奥さん方を喜ばそか」の心意気は大切にしてもらいたい。

凡語 京都新聞 2010年7月31日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-05 23:34 | 凡語