髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
手足の動きを補助するロボットスーツ「HAL(ハル)」これからも進化を続ける・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 SF映画「2001年宇宙の旅」は、壮大な宇宙空間をリアルに表現し、今日の特撮技術の先鞭(せんべん)をつけた映画史に残る名作だ

 製作から42年、道具と人類の進化についても示唆に富んだ内容で、宇宙船を制御するコンピューターの反乱がハイライトだった。名前を「ハル」という

 くしくも同じ名前の最先端技術が最近、注目を集めている。ただ、こちらは人を助ける優しいロボットだ。手足の動きを補助するロボットスーツ「HAL(ハル)」。先月末、東京で開発者の山海嘉之筑波大大学院教授=岡山市出身=の講演を聴き「人のために役立つ研究を」との信念に感銘を受けた

 HALを手足に装着すれば、筋肉を動かそうという脳からの指令を受けて関節を動かす仕組みだ。重いものでも楽に持ち上げられる。まずは介護の援助や障ガイ者のリハビリなど福祉現場での活用を想定しており、既に全国37施設で導入されている

 開発の過程で特筆されるのが、ロボット工学だけでなく脳神経科学や生理学など幅広い知識を動員したことだ。専門領域を超える研究が必要だった

 さらに山海教授は「人を守るためのロボットに」と思い描く。後ろにいすがないのに座ろうとしたら止めたり、段差でつまずいたりしないように。これからも進化を続けるHALに期待したい。

滴一滴 山陽新聞 2010年8月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-07 23:07 | 滴一滴