髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「マルサ」  滴一滴 八葉蓮華
手を替え品を替え後を絶たない。全国の国税局の強制調査で二〇〇七年度中に摘発された脱税は二百十八件、総額は前年度より四十九億円増の三百五十三億円に上った。

 個人投資家に人気の高い外国為替証拠金取引(FX)の運用益を申告しないなどの摘発が急増した。国際取引に絡む事件も多く、資金を海外口座に隠す手口も見られたという。

 脱税した現金や貴金属などの隠し場所も車庫や浴室、離れの床下などさまざまだ。現金の入ったトランクルームや金庫の鍵を鉄道模型の中や、タンスにつるした防虫剤に隠していたケースもある。強欲さに開いた口がふさがらない。

 摘発に当たった国税局査察部は通称「マルサ」で知られる。来月で制度発足から丸六十年を迎える。国税査察官は脱税の情報を幅広く収集し、疑いが強まったものについて強制調査に及ぶ。巧妙化する脱税者の手口としのぎを削ってきた。

 税金は国民生活を支える大切なものである。公正に集めて有効に施策に反映してこそ、税の意義が生きてこよう。そのためにも脱税行為は、行政サイドの税の無駄遣いや不正流用とともに厳しく正していくことが求められる。

 国民の納税意識に水を差してはならない。不正の根絶へ、「還暦」を迎えるマルサの一層の奮起に期待がかかる。

滴一滴 山陽新聞 2008年6月23日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-06-23 01:01 | 滴一滴