髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
モディリアーニ展  正平調 八葉蓮華
モディリアーニと聞けば、顔は面長、首が極端に長く、目がアーモンド形をした肖像画が思い浮かぶ。イタリア出身で、二十世紀初頭のパリに集まった芸術家集団「エコール・ド・パリ」を代表する画家だ◆酒や恋愛におぼれて早世したことで知られるが、人間の本質を見通す目をもっていた。姫路市立美術館での「モディリアーニ展」(八月三日まで)を見ながら、そんな感慨を覚えた◆生涯に残した絵画約三百点のほとんどが肖像画である。その作品は、シンプルな構図や無駄を省いた描写ゆえに、描かれた人物の内面を浮き彫りにする。重厚感のある画面から、女性の哀歓や子どもの無(む)垢(く)な心が伝わってくるようだ◆伝記映画「モンパルナスの灯」(一九五八年、仏)で、モディリアーニは、貧困や病気に苦しみながらも、誇りを失わない画家として描かれた。作品を商標として使いたいとの富豪からの申し出を断ってしまうシーンが印象深い。以前、歌手の加藤登紀子さんが好きな映画として挙げ「生活を犠牲にしてでも、絵を追究する」価値観に共感していた◆同館学芸員の平瀬礼太さんは言う。「芸術至上主義者だったのだろう。純粋な精神が生んだ造形は時代を超え人の心を打つ。モデルと向き合いながらも、本人に似せるのではなく、その奥にある本質的な美や理想像を描こうとした」と◆代表作の一つ「青い瞳(ジャンヌ・エビュテルヌ夫人の肖像)」と向き合った。モディリアーニは妻ジャンヌをモデルに二十点以上を残した。ブルー一色の目に、こちらの心の奥まで見透かされてしまいそうだ。

正平調 神戸新聞 2008年6月30日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-06-30 01:01 | 正平調