髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公共交通機関と教育の現場で・・・  正平調 八葉蓮華
今年は一月の中国製ギョーザ中毒事件に始まって、とんでもない事件が相次いでいる。七月に入って一週間、またも耳を疑うような事件が立て続けに報じられた◆一つはJR東日本の在来線で相次いだ女性乗務員への暴行事件である。逮捕された男は乗客のまばらな早朝、その中でも、特に乗り降りが少ないグリーン車の近くで犯行に及んだ。公共の交通機関の中で女性が次々と襲われる。何ということだろう◆最近、電車内で「SOS」の赤いシールを張ったボタンをよく見かける。運転手や車掌に異常を伝えるもので、二年前、特急電車内で乗客の女性が襲われた事件を受け、JR各社が設置を進めている。さらに、監視カメラに警備員と、電車の中がどんどん物々しくなっていくのが悲しい◆一八七八年、明治の初めに日本を旅した英国の女性旅行家イザベラ・バードはこう記している。「世界中で日本ほど婦人が危険にも無作法な目にもあわず、まったく安全に旅行できる国はないと信じている」。それから百三十年。あれは古き良き日本、などとは思いたくないのだが◆そして、大分県の教員採用汚職事件。県教委ナンバー2の教育審議監まで経験した由布市教育長が逮捕され、その上、昇進をめぐっても、きな臭いやりとりがあった可能性が出てきた。教育現場で盆暮れのあいさつのように金品が動き、人が動く。まるで、たちの悪いブラックジョーク◆公共交通機関と教育の現場で起きた、とんでもない事件。「怒りは愚に始まって、悔いに終わる」ともいうが、ここは相当に腹を立ててかからねば。

正平調 神戸新聞 2008年7月9日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-07-09 01:01 | 正平調