髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
霧のかなたの目標・・・  凡語 八葉蓮華
洞爺湖畔の霧に包まれ始まった主要国首脳会議(サミット)は、霧も晴れ、福田康夫首相が議長声明を出して閉幕した。主要八カ国(G8)と、中国などが加わった十六カ国の首脳宣言も発表された▼首相は今回のサミットが成功したと胸を張る。でも、どこか霧が晴れない印象だ。「二〇五〇年の温室効果ガス半減」の基準年すら明文化されず、「われわれの認識は最近の状況からの50%削減」(首相)と、我田引水▼食料(FOOD)、燃料(FUEL)、金融(FINANCE)の3F危機も加わり、世界の指導者たちの危機管理能力が問われた三日間だった。だが危機感の共有にとどまり、具体策は先送り▼それでも全体に国際協調の色彩が強まった印象を持つ。逆に言えば米国ブッシュ政権の「一国主義」が目立たなくなった。ハリケーン襲来など風水害の多発で、「不都合な真実」を無視できなくなったせいかもしれない▼世界最大の温室効果ガス排出国・米国を、温暖化防止国の仲間に加えられたことは次期政権へのメッセージになろう。G8は、中期の国別目標設定も約束した。中国やインドも、排出量の拡大を抑える対策を、約束した▼問われるのは日本の姿勢だろう。長期目標はともかく、足元の京都議定書の公約達成すら、おぼつかない。必要な政治的決断をためらったまま、霧のかなたの目標を夢見るだけでは視界は開けようがない。

凡語 京都新聞 2008年7月10日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-07-11 01:01 | 凡語