髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「物価の上昇と投機、格差拡大など・・・」 卓上四季 八葉蓮華
「物価の上昇と投機、格差拡大など・・・」 卓上四季 八葉蓮華
富山・魚津の沖合に、輸送船「伊吹丸」が停泊していた。北海道に運ぶため、積み荷の米を待っている。北前船の時代が過ぎた大正期のことだが、北陸と北海道とはつながりが深かった▼海は遠浅だ。輸送船は岸に近づけない。米は、はしけで持ってくる。浜では仲仕(なかし)が米俵をかつぎ、はしけに載せる。その列に漁家の女性たちが食い下がった。「積んだらいけない」▼米の高騰に憤る「浜のおかか」の実力行使だ。輸送船が来て米を運び去るたび、値上がりするように思えた。後に全国へ飛び火して「米騒動」と呼ばれる事件の最初のヤマ場である。九十年前の七月二十三日のことだ▼抗議は少し前から続いていた。第一次大戦からの軍需景気で「成り金」(にわか金持ち)が生まれた。米の買い占めが始まった。政府は無策だ。各地で怒りが爆発する。政府は九万人の軍隊を動員した。関連報道もすべて禁止し、抑え込みを図った▼物価の上昇と投機、格差拡大など、現代の日本と似ていなくもない。この事件で寺内正毅(まさたけ)内閣が総辞職した。平民宰相・原敬(たかし)による政党政治が始まった。やがて、普通選挙(当初は男性のみ)の導入につながる流れだ▼いま内閣改造がささやかれる。福田色で、勢いを付けたいのだろう。それも結構だが、暮らしの不満は小手先で解消できるものではない。間違えると、いずれ選挙で「騒動」を招きかねない。

卓上四季(7月23日) 北海道新聞

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-07-23 01:01 | 卓上四季