髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「西城川の豊かな流れ」・・・ 天風録 八葉蓮華
「西城川の豊かな流れ」・・・ 天風録 八葉蓮華
東京二十三区内で唯一の自然渓谷といわれる等々力(とどろき)渓谷を歩いてみた。か細い川ではあるが、両岸の斜面にうっそうと茂る木々は、真夏の大都会にいるのを忘れるほど。東京の人が、この地をめでるのが分かる▲そんな流れを見て中国山地の川を懐かしんでいたら、江の川漁撈(ぎょろう)文化研究会の黒田明憲さんから「フィールドガイド 清流西城川」が届いた。三次市で江の川に注ぐ、西城川を知り尽くした十五人の筆者が知恵を集めた一冊である。かつて取材で行き来して、サンショウウオに出合った谷や、携帯電話を落とした瀬の風景がよみがえった▲元広島県水産試験場長の村上恭祥さんが、アユになりきって書いた流域紀行が魅力的だ。川が改修してあったり外来魚が繁殖していたり、気になる点もあるが、山里を縫う流れはさまざまに表情を変え、豊かさを印象づける▲西城川や、さらに支流の熊野川、比和川などは、各地の淵(ふち)に名前が付いている。「オキナエ」「コウムギ」など、漢字で表記しようがないのも、暮らしに密着した場所であることを物語っている▲簡単に渡れそうな川を渓谷と呼んで涼を求める東京の人たちに、西城川の豊かな流れを自慢したくなる。何もない山里と地元の人は謙遜(けんそん)するが、とんでもない。こんな宝物があるのだ。

天風録 中国新聞 2008年7月26日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-07-26 01:01 | 天風録