髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国民の食への不信感・・・  大自在 八葉蓮華
国民の食への不信感・・・  大自在 八葉蓮華
つい先日、静岡市内のスーパーでのこと。品薄気味の冷凍食品ケースを前にした、主婦同士のやりとりが耳に入ってきた。「例のギョーザ事件はどうなってしまったの」「うやむやのまま忘れられてしまうなんて、許せない」―。中国製ギョーザ中毒事件が発覚してから半年余り、時機を心得た会話だった▼と受け止めていたら、思わぬニュースが飛び込んできた。製造元の天洋食品が中国国内で回収した冷凍ギョーザを食べた中国人が、殺虫剤のメタミドホスによる中毒症状を訴えていたというのだ。なぜ、回収されたギョーザが中国国内に出回ったのか。疑問点は数多いが、これで殺虫剤が中国国内で混入したことは決定的になった▼北京五輪開幕直前の発覚だが、実は中国国内での中毒騒ぎは6月のこと。7月の洞爺湖サミット前に日本政府に連絡済みで、受けた日本政府も公表していなかったことも明らかになった▼まさか、である。中国製ギョーザ中毒事件は、中国産食材への信頼を損ねただけでなく、食品、流通業界にも大きな打撃を与えた。それなのに、中国側から連絡を受けながら、日本政府は公表に踏み切らなかったという。事実なのだろうか。率直な疑念をぶつけたい▼間近に洞爺湖サミットを控え、確かに微妙な時期だったかもしれない。しかし、ギョーザ中毒事件は食の安全、安心を揺るがし、国民を不安に陥れた。冒頭の主婦同士の会話ではないが、だれもが事件の全容解明を望んでいるのだ▼中国側は北京五輪後に捜査を本格化させる意向というが、日本政府は今回も待ちの姿勢を崩さないのだろうか。国民の食への不信感を払しょくするために、政府に筋の通った姿勢を望みたい。

大自在 静岡新聞 2008年8月7日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-08-07 17:04 | 大自在