髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
野球へ注ぐ情熱への称賛・・・  滴一滴 八葉蓮華
野球へ注ぐ情熱への称賛・・・  滴一滴 八葉蓮華
プロ野球ソフトバンクの王貞治監督が今季限りでの退任を発表した。二〇〇六年に胃の全摘出手術を受け、健康面の不安が最大の理由という。  長嶋茂雄元巨人監督と「ON時代」を築き、一本足打法から量産される本塁打は国民を魅了した。通算868本塁打など数々の大記録を打ち立て初の国民栄誉賞に輝いた。監督としても手腕を発揮、〇六年のワールド・ベースボール・クラシックでは日本を初代王者に導いた。  退任の決断は激しく揺れたという。「グラウンドで死んでもいいとも思った」。有名選手が次々大リーグに流出する日本球界を案じてのことだろう。野球へ注ぐ情熱への称賛と、退任を惜しむ声が高まっている。  それに比べ、政界の指揮官・福田康夫前首相の退陣の何と空虚なことか。「国民目線」を掲げながら、安倍晋三元首相から二代連続で無責任に政権を投げ出し、期待を裏切ったのでは仕方なかろう。  失墜した政治への信頼を回復するのは容易ではない。麻生太郎新首相の責任は重い。首相は組閣で自ら閣僚名簿を発表するサプライズを演じた。新政権への強い決意と指導性のアピールか。  政治不信を招いた要因に相次いだ閣僚の不祥事や問題発言があった。麻生首相は、自ら読み上げた閣僚の任命責任を一層肝に銘じなければならない。

滴一滴 山陽新聞 2008年9月25日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-09-25 15:51 | 滴一滴