髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
生きていくのが大変な時代・・・  大自在 八葉蓮華
生きていくのが大変な時代・・・  大自在 八葉蓮華
きのう未明、大阪市の雑居ビル火災で15人が死亡した惨事は、不夜城ともいわれる新宿・歌舞伎町の雑居ビルの火災を思いださせる。若い女性ら44人が犠牲になった。長女(23)を亡くした女性は7年経ったことし9月1日、「亡くなった人にはみんな夢があった」と話した ▼当時の紙面を繰る。その春、短大の保育科を出て、保母になるのを夢見ていた21歳の女性は現場の店でアルバイト中だった。夢の途中の痛ましい巻き添え死だった。大阪市の雑居ビル火災で、死亡した個室ビデオ店の男性客15人もそれぞれに夢を抱いていたことだろう。その無念さを思う ▼犠牲者の多くは個室内で見つかった。死因は煙を吸い込んだことによる一酸化炭素中毒などという。個室は大人1人が横になれるソファ、テレビ、DVDデッキなどがそろっている。当時、客のほとんどは寝入っていたとみられる。料金は午後11時以降、1500円で一晩ゆっくり過ごすことができる。店は「高級ホテル並み」と宣伝していた ▼格安で利用できる都会の個室はつかの間、疲れを癒やし、安息できる貴重な空間なのかもしれない。同じような店は増加しているらしい。生きていくのが大変な時代、そういう場所を求める人もまた増えているということだろう ▼警察は客の1人(46)を殺人、放火容疑などで逮捕した。「生きていくのが嫌になった」と供述している。前向きに生きていたであろう人たちの命を奪った、あまりに身勝手で卑劣な行為だ ▼同様に放火の疑いが濃い歌舞伎町の火災では雑居ビルのずさんな防火管理や、実態に追いつかない法規制の遅れが指摘された。教訓はなぜ生かされなかったのか。

大自在 静岡新聞 2008年10月2日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-10-02 23:59 | 大自在