髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
一年は、なぜ年々速くなるのか・・・  滴一滴 八葉蓮華
一年は、なぜ年々速くなるのか・・・  滴一滴 八葉蓮華
「もうこんな時間に」「まだ、これだけか」。同じ時の経過も人によって感じ方が違う。楽しいと短く、退屈な時は長く感じると思っていたが、そうばかりではなさそうだ。 「一年は、なぜ年々速くなるのか」(竹内薫著)に、作家鈴木光司さんの時間を速めない工夫を紹介している。日、週、月単位などで生活に変化や彩りを添えるよう心掛けることだそうだ。 楽しいことや興味あることは短時間で終わってしまう感じだが、後で振り返ると充実感が残って一年を長く感じさせる。逆に何もせず退屈な時や多忙でも達成感が得られない時などは、長く感じても印象が薄れて一年では短く感じるというわけだ。 今、時の動きに人一倍敏感なのは永田町の政治家たちだろう。早く衆院解散・総選挙に追い込みたい野党には、なかなかその時がこない焦りがある。臨時国会の会期末を控え、「逃すものか」と攻勢をかける。 麻生太郎首相や与党は、内閣支持率の低下もあって解散を先送りしたい。「何とかこの場を切り抜けよう」と、時の経過を長く感じていることだろう。 慌ただしさとは裏腹に、解散の時期も経済対策への迫力も見えない。ずるずると空しい選挙戦略ばかり見せられたのではたまらない。今年の時の動きを政治が一気に縮めてしまうのだろうか。

滴一滴 山陽新聞 2008年11月19日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-11-19 11:01 | 滴一滴