髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「党利党略に走る政治家」論語読みの論語知らず・・・  大自在 八葉蓮華
「党利党略に走る政治家」論語読みの論語知らず・・・  大自在 八葉蓮華
孔子の言行や、弟子などとの問答を記録した論語には、現代の政治家が好む名言がちりばめられているようだ。座右の銘にしている政治家も少なくない。政治について問うた弟子の子貢に答えたのが有名な「民信無くんば立たず」である。 ▼天下、国家に重要なのは食料や軍備の十分な確保と政治に対する人民の信頼―と説いた孔子に、子貢が「やむを得ず除くとしたら」と問うと、「軍備」と答え、次には「食料」と答えた。人民の「信頼」がなければ国家は成り立たない。政治には何より民の信頼が大事という意味である。 ▼麻生太郎首相が、解散・総選挙より経済対策を優先すると公言したのも、不況による国民生活への影響を最小限にしたいとの思いが働いたからだろう。今は景気回復に全力をあげることが、国民の信頼につながると考えたのではないか。 ▼首相が力を入れた追加経済対策には総額2兆円の定額給付金などが盛り込まれている。景気対策は速やかに実行に移し、国民の消費意欲を刺激することなどに意味がある。しかし政府・与党は、その景気対策の裏付けとなる第2次補正予算案について開会中の臨時国会への提出を見送った。 ▼来年の通常国会に提出する方針だという。定額給付金をめぐる混乱など、野党に絶好の追及材料を与えかねない。ひいては選挙に影響する。そんな思惑もあったのではないか。野党にも与党たたきで選挙を有利に、との思いが透けて見える。党利党略に走る政治家に苦しむ民の姿は見えないのだろう。 ▼書物の上で理解するだけで、これを実行できない者を論語読みの論語知らずという。与野党問わず、論語の一節を床の間に飾るだけの政治家が増えていないか。

大自在 静岡新聞 2008年11月26日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-11-26 13:50 | 大自在