髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
文明人は携帯電話メールをつくったが、話すことを失った・・・  大自在 八葉蓮華
文明人は携帯電話メールをつくったが、話すことを失った・・・  大自在 八葉蓮華
 家庭生活の必需品的な存在の「三種の神器」は初代の白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機から経済成長とともにさまざまな機器に切り替わっている。ここ数年は薄型テレビなどのデジタル家電が「新三種の神器」と呼ばれてきたようだ▼誰もが豊かで便利な暮らしを追い求めている。それは止まることなき技術の進歩の原動力である。携帯電話も進化し続けている。機能が多すぎて、親指操作が追いつかない人もいるのではないか。携帯電話は大人や子ども、仕事に遊びと、誰が使ってもどんな場合でも利用価値の高い機器の1つだ▼「私の1番のメル友、それはおばあちゃんです」。以前、本紙に載った中学生の投稿は、祖母の励ましメールに心がなごむとメールの良さをつづっていた。子どもの居場所確認や、親子の対話の道具として重宝している家族も多いことだろう▼一方で、利用価値の高さは悪用する場合にも利用価値が高いことになる。とりわけ子どもの場合、携帯電話依存が広がっているという。大阪府教委によれば、中高生の4人に1人がメールを1日31通以上送信し、1日の使用時間は中1の16%が「3時間以上」だった▼この現状に橋下徹府知事は、子どもがいじめや犯罪に巻き込まれる危険も高まっているとして、公立小中学校への児童生徒の携帯電話持ち込みを禁じるアピールを発表した▼「文明人は鉄道客車をつくったが、自己の足を使うことを失った」とは、米国の思想家エマーソンの名言だ。親指操作は上達しても、話すことを失ってはなるまい。「直接会って話を聞くと、文字(メール)だけでは分からなかったことも分かってくる」。本紙に届いた高校生の投稿である。

大自在 静岡新聞 2008年12月5日

八葉蓮華、Hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-12-05 10:11 | 大自在