髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
「センター」屋上大時計を見上げ、42年の歴史に幕・・・  大自在 八葉蓮華
 新静岡センターなんてわざわざフルネームで呼ばなくても、静岡市とその周辺の住民には「センター」といえばすぐに分かる。中心街の一角を占める専門店ビルであり、待ち合わせは決まってここの南口だったという世代だってある

 夕暮れに浮かぶ、屋上大時計を見上げ、やっと古里に帰ってきたことを感じた思い出を持つ人も多い。それくらい市民生活の中央にある。そのセンターが再開発に伴い、きょうの夕方をもって42年の歴史に幕を引く

 昨年5月に取り壊しを発表するとともにメッセージを募ったらなんと700通を超す思いが寄せられた。すぐ北側にある市立城内中ではどの教室からも大時計がよく見え、腕時計は要らない。ところが「授業中、調整のためか、大時計の針がぐるぐる回った時はびっくりした」

 「働いている母親のたまの休みに屋上に連れていってもらったことが懐かしい。ゲームをしたり、遊具を楽しんだり」「バスターミナルは友だちとのおしゃべりの場所。部活や恋愛の悩みを話しながらバスを何台も見送ったっけ」。確かに単なる買い物場所ではないことがよく分かる

 東京五輪を開催した勢いが残り、ベトナム戦争の拡大しそうな不安を抱えながらも、まだ高度成長最中[さなか]の1966年5月に開店した。専門店ビル自体がもの珍しく、開店翌日の本紙によると、初日15万人の客でごった返し、見出しに「開店早々スリ10件」とある

 ちょうど経済の停滞に覆われ、業界は厳冬期、県都のランドマークは消費不振のただ中で生まれ変わりに挑むことになる。2011年秋、総面積をざっと2・5倍にして戻ってくるというが、こんどはどんな思い出をつくるのだろう。

大自在 静岡新聞 2009年1月31日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-31 23:55 | 大自在
農業改革「いつか来た道」から脱することはできまい・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 この道はいつか来た道…。詩人の北原白秋が作詞した有名な歌の出だしが脳裏に浮かぶ。雇用情勢の悪化で失業者が急増する中、担い手不足が深刻な農業に人材を誘導しようと、国や各地の自治体が相談会の開催に力を入れている。

 これまで何度も同じような光景を目にしてきた。バブル崩壊など不況になるたびに農業がにわかに脚光を浴び、解雇された人たちの受け皿として期待された。

 残念ながら、いつも一過性のブームで終わった感は否めない。なぜなのか。ここの部分をしっかり押さえないと、同じ繰り返しが続くだろう。最大の要因は、新規参入者の創意工夫が生かされにくい土壌があるからとされる。

 主食のコメで言えば、長年にわたり生産調整(減反)が続き、水田の約四割で稲作ができない。減反に従う農家と従わない農家の間で感情のきしみが生じ、重苦しい空気さえ漂う地域が少なくない。

 コスト削減に向け規模拡大を目指しても、農地の売買や貸し借りは容易ではない。農地を生産の場ではなく、資産ととらえる風潮が根強いからだ。耕作放棄地が増える一因にもなっている。

 政府は減反や農地制度の改革を進める意向だが、古くて新しい課題である。また先送りすれば、不況頼みの「いつか来た道」から脱することはできまい。

滴一滴 山陽新聞 2009年1月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-30 23:02 | 滴一滴
だれが無防備に泳いでいたか、潮が引くまでだれも気づかない・・・  正平調 八葉蓮華
 世界経済はなぜ失速したのか。その分析をだれから聞きたいかと問われれば、世界の長者番付で昨年、初めてトップに立った米国の有名な投資家ウォーレン・バフェット氏を挙げたい

 投資にまつわる米国の出版物「ウォール街があなたに知られたくないこと」のなかに、彼のこんな警句があった。「上げ潮は、すべてのボートを持ち上げる。潮がすっかり引いてしまうまでは、だれが裸で泳いでいたか、だれも気づかない」

 まるで現状を予言したかのようなたとえ話だ。景気がいいと、無防備でも気にしない。だが熱気が冷めれば、万一への備えがあったかどうかが明らかになる。もっとも、引き潮を察しても、予想以上の速さなら、下着をつけるいとまはないけれど

 一年前の今日、ブッシュ前大統領が最後の一般教書演説を行っている。読み返すと、深刻な不況への対応策が乏しいのに気づく。対策を打つ力が政権になかったのか。サブプライムローン問題の強烈な引き潮を、政権が予想できなかったのか

 昨夏、バフェット氏とステーキ店で昼食をともにする権利が、競売にかかった。中国の投資会社幹部の落札した額はなんと二億円余り。収益は慈善団体に寄付されたそうだが、引き潮のまっただ中で、二億円を費やしてでも聞きたかったことは?

 伝説的な投資家にしても、かなりの深手を負っただろう。景気失墜への備えはあったか。米国の金融市場はどこで道を間違ったか。思いの一端でも、お聞かせ願えないか。二億円昼食と比べようもないが、おいしい神戸牛のステーキ店でよければ、じっくりと。

正平調 神戸新聞 2009年1月29日

創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-29 23:10 | 正平調
「衆心を感動せしむべし」原稿の棒読みや長いだけのあいさつ・・・  凡語 八葉蓮華
 明治の文明開化期、英語の「スピイチ」を「演説」と訳したのは福沢諭吉と言われている。日本には演説の習慣がなかったようだ

 「学問のすゝめ」で、西洋で盛んな演説の効用を説いている。演説を詩歌にならい「限りなき風致を生じて衆心を感動せしむべし。故に一人の意を衆人に伝うるの速やかなると否とは、そのこれを伝えうる方法に関すること甚だ大なり」

 オバマ米大統領が就任演説で訴えた中身は、語学力不足でほとんど分からないのに、なぜか心を動かされた。そんな人が多かったのではないだろうか。落ち着いた低い声やリズム、間合い、自信にあふれた身ぶりから、強い何かが伝わってくる

 演説を翻訳で読んでみると、「新しい責任」を求める厳しい内容だった。それでも米国民が納得し、しかも感動の表情を見せたのは、オバマ演説の力だろう。当選後の昨年十一月から二十七歳のスピーチライターと一緒に、練りに練ったという

 福沢諭吉が演説を勧めたのは、言葉が力をもつ議会政治の誕生を見据えてのことだ。「説を述ぶる法あらざれば、議院もその用をなさざるべし」。慶応義塾に三田演説会を組織し、演説の普及に努めたが、欧米の学校のようには広がらなかった

 福沢先生には申し訳ないが、相変わらず日本人は演説が苦手のようだ。原稿の棒読みや長いだけのあいさつ。さて麻生太郎首相の施政方針演説はどうだろう。

凡語 京都新聞 2009年1月27日

創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-28 23:01 | 凡語
「やっぱり横綱は強くなくちゃ」自らに言い聞かせるようだった・・・  日報抄 八葉蓮華
 「おれたちも一杯食ったなあ」「参ったよ、本当に。朝青龍が立派だったということだよ」。辛口の解説で知られる元横綱の北の富士さんも、放送席で脱帽するしかなかった。大方の相撲ファンの気持ちを代弁していたのではないか

 優勝決定戦で白鵬を寄り切ると、片手どころか、両手をかざし、派手なガッツポーズを見せた。白鵬コールに沸いた満場の客席を見渡し、「文句あっか!」と言わんばかりだった

 朝青龍は初場所前のけいこ総見で、そのライバルに六連敗した。多くの親方衆は「今場所が見納め」と考えていた。観客にしても、最初は土俵下に転げ落ちるヒール(悪役)を見に来たのではないか。それがいつしか驚嘆に変わった

 あの鬼気迫る面構えと底力は、どこから出てくるのだろう。「根性」とか、「ハングリー精神」とか、日本人が気恥ずかしくて使わなくなった言葉を、朝青龍らが体現しているのかもしれない

 今場所も、幕内十四人を占める外国勢の活躍ばかりが目立った。十両では、わが霜鳳が奮闘したが、優勝決定戦はモンゴル対決となった。品格も大切だが、再入幕が期待される霜鳳を含めて、日本勢の気迫を見せてもらいたい

 土壇場からの復活劇に、一番勇気づけられたのは麻生首相だろう。定額給付金や消費税問題では、党内からも激しい突っ張りを受け、支持率、指導力ともに低落が著しい。「やっぱり横綱は強くなくちゃ」。表彰式の言葉は自らに言い聞かせるようだった。国会は、進退を懸けた土俵際の攻防がまだまだ続く。

日報抄 新潟日報 2009年1月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-27 23:02 | 日報抄
「日中友好」 井戸を掘った人たち・・・  大自在 八葉蓮華
 日中友好を草の根で支えた中国側の功労者であるのに、つい最近、知人の紹介で自伝の「一老中国人の回想」(回想記刊行会発行)を読むまで迂闊[うかつ]にも筆者のことをよく知らなかった。方政さん(86)という浙江省紹興市の越秀外国語学校(現、浙江越秀外国語学院)の元副校長

 日本の支配下だった満州(中国東北部)で育ち、長じて国民党の抗日活動に参加。戦後の共産党政権下、逆風の中、投獄されるなど長い過酷な体験を経た後、81年、やっと改革開放の流れを追い風に語学学校の設立に加わった。回想は曲折に富む中国の近現代史と重なる

 復讐は何も生まない。「両国の理解増進には日本語のできる人材が必要だと考えた」と回想記の一節にある。日本に対し愛憎複雑な思いがないはずはないが、一昨年に引退するまで26年間、中国の若者に日本語と日本のことを教え続けた

 友好交流の先覚者松本亀次郎の出身地、旧大東町を訪れたこともあるし、紹興市と交流のある富士宮市や裾野市から市民が訪問すると歓迎行事の最前列にきまってこの人がいる

 県内で高校を退職した元教師ら10人を超すボランティアが誠実なその人柄にひかれ日本語教師として同校に赴いた。掛川西高などで教鞭をとった浅井哲夫さん(75)はもう滞在11年。「1年のつもりだったのに方先生と学生の熱意にほだされ、ついつい延びてしまった」と一時帰国中の浅井さん

 両国関係を日本人に聞くと7割が「良好と思わない」というし、現に、決着したはずの東シナ海ガス田開発でまた双方に不信が噴き出すなど「友好」は脆くて危うい。だからこそ、向こう側で親善の井戸を掘った人たちの貢献を忘れてはならない。

大自在 静岡新聞 2009年1月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-26 23:00 | 大自在
法治国家 「逃げ得」となっては被害者の感情も・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 考えてみれば時効というのは奇妙な制度だ。例えば金を借りても一定の条件で時間が経過すれば返さないのが認められる。人を殺していても逃げおおせれば逮捕されることはない。

 政治学者の丸山真男さんは学生時代に受けた講義で、民法の時効の根拠について、教授から「権利の上に長く眠っている者は民法の保護に値しない」と説明され、なるほどと思ったという。

 ただし最近の民法学説では、永続した事実状態を尊重し、時間経過によって領収書提示など立証の困難さも救済するなど、多元的に考えるようになっている。

 一方、刑法上の時効の根拠は、長い時の経過によって証拠が散逸し関係者の記憶も薄れ、犯罪の証明をするのが困難になること、さらに被害者の処罰感情も薄らぐと説明されてきた。

 ところが、DNA鑑定など科学的捜査が進展し、証拠の長期保存も可能となり、裁判での立証が容易となった。このため法務省は公訴時効制度について、殺人などの重大事件では期間延長や制度廃止を検討し、三月までに報告書をまとめる。

 残虐な事件では遺族らの処罰感情が強く、時効の撤廃を求める声が高まっていることも理由だ。犯人の「逃げ得」となっては法治国家の基盤が揺らぐ。大きな変更だけに感情に流されず冷静に議論を深めたい。

滴一滴 山陽新聞 2009年1月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-25 23:01 | 滴一滴
兼業農家のすすめ、一種のワークシェアリング・・・  正平調 八葉蓮華
 仕事はサラリーマン、職場は田んぼ。そんな会社が増えそうな予感だ。兵庫県内の企業で、建設業を中心に農業参入の動きが広がりつつある

 食の安全を守る農業への関心の高まりに加え、雇用維持の色合いが濃い。人材は企業の生命線だ。本業の技術を伝えていくためにも業績が悪くなったからといって、簡単に解雇するわけにはいかない。そこで農業をやりながら雇用を守る。一種のワークシェアリングである

 受け入れ側からも歓迎の声が上がる。JA兵庫中央会の会長は、インタビューで「兼業農家のすすめ」を説く。企業の余剰労働力を農業で活用したい。週の半分は会社で働き、もう半分は田んぼや畑で働く。「半勤半農」といえばいいのだろうか。会長は「新しい兼業農家の受け入れ体制を考えていきたい」と語る

 農業はものづくりの原点でもある。そういえば先日、米国のオバマ大統領も演説でこう言っていた。「私たちの旅路は、ものづくりをする者たちのためにある」。うまく立ち回って、金を稼ぐ時代は終わった。これからは生産に従事する人たちが主役の時代だ

 農業を「六次産業」ととらえる見方がある。一次産業の生産、二次の加工、三次の流通や販売を含めて「一+二+三」で、合わせて「六」になる。それだけすそ野が広く、多くの可能性を秘める

 西洋史学者の木村尚三郎さんが「農の復権」を唱えたのは、十年以上も前のこと。「農を基礎とした社会で役に立たぬ者はいない。リストラも定年もない。そして農は文化を生む」。農には国づくり、社会づくりの基本が詰まっている。

正平調 神戸新聞 2009年1月24日

創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-24 23:04 | 正平調
人種だけでなく民族、宗教、貧困による亀裂にどう立ち向かうのか・・・  凡語 八葉蓮華
 青年バラク・オバマ氏が父祖の地ケニアの墓石にひざまずき、涙を流した。「ああ、お父さん」。涙が枯れると心が穏やかになり、自分が誰なのか分かった(自伝「マイ・ドリーム」ダイヤモンド社)

 二十年後、米国初の黒人大統領となり就任演説で一呼吸おいて語りかけた。「六十年前にはレストランで給仕もしてもらえなかったろう父を持つ男が最も聖なる誓いのために皆さんの前に立つことができた」

 ケニア人留学生の父と結婚した母は米カンザス州出身の白人で、継父はインドネシア人。オバマ氏は人種の坩堝(るつぼ)ハワイで生まれ、インドネシアで少年期を送った。世界各地の一族がクリスマスに集まれば、国連総会のようだという

 「寄せ集めであるわれわれの伝統は弱さではなく、力である」。就任演説で新大統領は多民族国家アメリカの力を強調した。人種だけでなく民族、宗教、貧困による亀裂にどう立ち向かうのか。オバマ氏の人生に重なった現実なのだ

 「あなたがされたら、どんな気持ち?」。母から「共感」の大切さを学んだという。就任演説で、人種差別の歴史を踏まえ「過去の憎しみは乗り越えられる」と訴えた中に母の教えも入っていたのではないか

 首都ワシントンに集まった二百万人の聴衆や世界の人々は、オバマ氏に希望を見いだそうとした。厳しい現実に直面しても、希望の光を放ち続けてほしい。演説を聞き願った。

凡語 京都新聞 2009年1月22日

創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-23 23:01 | 凡語
オバマ大統領の門出に二百万人の群衆・・・  日報抄 八葉蓮華
 米国史上初の黒人大統領の門出に二百万人が集まった。ワシントンの議事堂前。演壇の前に広がる緑地帯は、星条旗を打ち振る群衆が巨大なじゅうたんとなって敷かれたかのようだ。「オバマ!」とともに人波がうねる。未明のテレビに映った就任式は圧巻だった

 民主主義は桜色? 壮大な光景をぼんやりと眺め、ふと思った。国旗の赤と青、肌や髪の多様な色が溶け合い、織りなしたじゅうたんだ。それが濃い桜色に見えたのだ

 新潟新聞主筆も務めた「憲政の神様」尾崎行雄は東京市長時代、桜二千本をワシントンに贈った。大統領夫人の願いを知った尾崎の日米友好の証しだ。一九〇九年、ちょうど百年前である

 最初の桜は害虫被害で焼却されるが、三年後に三千本が送られる。世紀を経てポトマック河畔は、満開の桜が春を彩る。厳寒の就任式会場も、あの熱気ならば“憲政の桜”が咲きだしても不思議でない

 「建国の父たちは、危機に直面しながらも、法の支配と人権を保障する憲章を起草した。この理想の光はご都合主義で手放すことはできない」。オバマ氏の演説を、四キロ先の真正面に座るリンカーン像はどう聞いただろう

 四十六年前、この像を背に「私には夢がある」と叫んだキング牧師も、この日をどれほど夢見たことか。オバマ氏とリンカーン像を結ぶ中間には、初代大統領ワシントンの記念塔も立つ。時空を超え、憲政の主役たちが一直線に結ばれた。かの国から、たぎるような政治の熱が伝わる。うらやましくて、やがてもの悲しくなった。

日報抄 新潟日報 2009年1月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-01-22 23:01 | 日報抄