髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
「梅は実を成らすため長いこと耐えとります」春めいてきた陽気に誘われて・・・ 凡語 八葉蓮華
 春めいてきた陽気に誘われて京都御苑の梅林を歩いた。約二百本ある紅梅、白梅は七分咲きといったところか。墨絵のようだった冬枯れの辺り一面が、梅の色で華やいでいる

 つぼみがようやく膨らんできた木もあれば、散り始めた木もある。薄紅色の花びらが周囲に散って、じゅうたんのように美しい。散策の人に聞けば、蜜(みつ)を吸いにメジロもやって来るという

 暖冬のせいか、京滋の梅の名所からは、例年より早い開花の便りが届く。とはいえ、地域や品種によっては遅い所もある。京都府立植物園はいつもなら満開に近いが、今年は五分咲き。成長期に欠かせない「休眠打破」が不十分なためらしい

 休眠中の芽は冬の寒さで目覚め、春の暖かさで成長する。ところが暖冬で寒さを知らないまま目覚めない…。人も植物も困難にさらされて初めて成長するのだろう。ともあれ同園では開花がずれ込んだ分、来月は桃や彼岸桜との競演も楽しめそう

 梅の花といえば一年前の梅の咲くこの時期に亡くなった友禅作家の森口華弘さんを忘れることができない。こよなく梅を愛し、梅をモチーフにした数々の友禅着物を手がけた

 「桜だと開いたら散るしかないが、梅は実を成らすため長いこと耐えとります」と森口さんは語ったことがある。耐えて実を結ぶ美しさ。世界不況という厳しい冬の時代にある今、わが心を梅に重ね合わせる人は多いかもしれない。

凡語 京都新聞 2009年2月27日

創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-28 23:57 | 凡語
「ふるさと」卒業した母校の歌が消えていく・・・ 日報抄 八葉蓮華
 先日、山あいの小さな学校の校歌を聴く機会があった。「美しく夜は明けそめて 新しき 生命輝く…」。全校児童三十五人の澄んだ声が響く

 三月末で閉校する小千谷市立山谷(やまや)小学校の校歌である。この地域では毎冬、雪原に無数のかまくらをつくって、灯をともす「山谷・坪野ほんやら洞祭り」が行われてきた。中越地震からの復興も祈るこの祭りの夜、子どもたちは声をそろえて学びやとの別れを惜しんだ

 入学式、運動会に卒業式と節目節目に歌われるのが校歌である。小学校や中学校の詞には地域の風物を織り込んだものが多い。ふるさとを思い起こして、母校の歌をふと口ずさむこともあるはずだ

 その校歌が過疎化、少子化の波に洗われた統廃合によって、次々になくなっている。今春、県内の小学校の数は昨春より九つ減って五百四十六校となる。二十年前の六百八十八校から、実に百四十二校も減るのである。ほぼ同じ数の歌が消えているのだろう

 正確には「消える」わけではない。「基本的に、閉校する小中学校の歌詞や楽譜は統合先の学校で保存されることになっています」と新潟市教委は説明する。しかし、それでは生きている歌とはいえまい。地域の文化といってもいい校歌だ。折に触れ、みんなで歌う機会があったら、どんなに素晴らしいことか

 ほんやら洞祭りの灯を見詰めながら、自分が卒業した小学校の歌をハミングしてみた。四十年ほど前に閉じた蒲原の小さな学校である。その歌詞の三番が、どうしても全部は思い出せなかった。

日報抄 新潟日報 2009年2月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-27 23:58 | 日報抄
将来設計を突然壊された者の“慟哭”私たちの生活が壊れていく・・・ 大自在 八葉蓮華
 そのビジネスホテルは父親から引き継いだ大切な町工場を思い切って事業転換して建てたものだった。2002年のことだ。ホテルのホームページに記された事件の経過によれば、営業が軌道に乗り始めた3年後、耐震強度偽装の一連の事件が発覚し、12月1日深夜「偽装あり」の連絡がホテルに入った

 翌日から自主休業し、社長中川三郎さん(52)=愛知県半田市=の苦闘の日々が始まる。2年前再建し、営業の再開とともに、建築確認をした愛知県などに損害賠償を求めた訴訟の判決で、先日名古屋地裁は約5700万円の支払いを命じ、行政の責任を認めた

 「ここまで頑張ってきたかいがあった」。会見で中川さんはこれまでの苦しかった道のりをこう振り返った。胸に迫るものがあったのだろう。経営がうまくいき始めたころ、従業員全員を解雇し、ホテルを解体せざるを得なかったのだ。再建のため、新たに7億円という借金も背負った

 再開当初、順調だったホテルも不景気の影響で経営は厳しいようだ。でも「事件を乗り越えられた」と中川さん。前向きな気持ちで不況も乗り切っていくことだろう

 当時、でマンションの解体が各地で相次いだ。「マンションが壊れる(解体される)前に私たちの生活が壊れていく」。長期のローンを抱えた住民の悲痛な叫びが忘れられない。現在は法改正で、二重チェック体制になった。あのような苦痛は2度と味わわせてはなるまい

 しかし今また富士ハウスの自己破産で、多くの施主から怒りと不信と、そして悲嘆が聞こえる。家族のために一途に働き、ようやく道筋が見えてきた将来設計を突然壊された者の“慟哭”に言葉を失う。

大自在 静岡新聞 2009年2月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-26 23:57 | 大自在
「野球の国・地域別対抗戦」野球界発展のために、WBCは貴重な大会・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 プロ野球の早春風景が一変している。例年なら二月下旬でも、まだのんびりムードが漂っているが、今年は殺気だった感がある。

 三月上旬から野球の国・地域別対抗戦、第二回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が始まるからだ。日本代表のメンバーも決まり、既に実戦モードである。

 三年前に初の大会が開催された際、WBCと言われてもピンとこなかった人が多いだろう。ボクシングのWBC(世界ボクシング評議会)の試合と勘違いする声さえ聞かれた。

 それを日本でここまで盛り上げ、野球のWBCファンを開拓したのは、米大リーグで活躍するイチロー選手の功績が大きい。普段は冷静なプレーで知られるが、前回の大会では闘志をむき出しにして日本チームを引っ張り、王者に導いた。

 イチロー選手を動かす思いは明快だ。世界的なサッカー人気に押され気味の野球界発展のために、WBCは貴重な大会として育てていく必要があるとする。

 プロの選手として、本番のペナントレース前の大会には誰でも腰が引けて当然だという。けがや調整の失敗は命取りになる。そんな不安を払拭(ふっしょく)するには、WBCに懸ける「覚悟」が求められると断言する。イチロー選手に触発された日本代表の覚悟を感じながら、連覇に向けて応援するとしよう。

滴一滴 山陽新聞 2009年2月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-25 23:59 | 滴一滴
「想像力」心がけてきたのはどんな色にも染まるカメレオン俳優・・・  正平調 八葉蓮華
 映画用語で、スクリーンの外の空間を「オフ」と呼ぶ。もちろん観客からは何も見えない。だが、作品によっては想像力が刺激され、「オフ」に隠れているものが見えたり、音が聞こえたりする

 俳優の笹野高史さんは、この「想像力」を信じたいと語る。心がけてきたのはどんな色にも染まる「カメレオン俳優」。背景や基調にピタリとはまったまるで風景のような演技が、観客の想像力を一層かき立てる

 淡路の旧一宮町出身の笹野さんは、今引っ張りだこの脇役の一人だ。どの作品も、見終わって思い浮かべるのは、熱演ぶりというよりもすっと溶け込んだシーンそのものである。「キネマの天地」、「パッチギ!」。そして一昨年、日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を受賞した「武士の一分(いちぶん)」

 この映画もそうだった。ときどき、セリフが聞き取れなくなるほどの山形弁で、主人公が通う銭湯の常連客を演じた。終盤、作品の情感をぐっと膨らませていく大事な役回りだ。今年の日本アカデミー賞で十冠に輝いた「おくりびと」。昨日、米アカデミー賞の外国語映画賞に輝いた

 人の死をテーマにした映画というと、宗教的な作品を思い浮かべるが、納棺師を主人公にしたこの映画は、私たちの身近な「死」を描く。舞台の山形は、東京でも京都でもない、やはり身近な日本の「地方」。その風景に、笹野さんがピタリと収まる

 米アカデミーの会員が、銭湯の湯船につかり、脱衣場で将棋を指す笹野さんの演技を見つめる。そして笑って、ほろっと泣いて。その光景を思い浮かべるととてもうれしくなる。

正平調 神戸新聞 2009年2月24日

創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-24 23:57 | 正平調
「生活習慣」食べ物を大切にする姿勢も示したい・・・  凡語 八葉蓮華
 確か五百円だった。大きな容器がおでんで満杯になった。深夜のコンビニ。なじみの店主が「どうせ捨てるし全部持って帰って」と。さあ、今夜は相棒とおでん尽くしだ

 もうかったと一時は喜んだが、「コンビニは毎日あんなに捨てるのか」との疑念が生じた。消費期限が迫ったらスーパーやデパ地下のように「見切り売り」をすればよいのに

 ところがそうはいかない。大手コンビニは定価販売が基本だ。一部は「値引きは利益を減らす」と、加盟店に見切り売りをしないよう求めている。客は消費期限が後の品から買う。期限が近づいたものは廃棄が避けられない

 これに公正取引委員会が待ったをかけた。加盟店の見切り売りを制限するのは独禁法違反と、最大手の調査を始めた。制限がなくなれば廃棄が減り、店の収益もよくなる

 国内では、年間約千九百万トンの食品が捨てられるという。リサイクルも大事だが、やはり廃棄を減らすのが先だ。NHKの番組「きょうの料理」は世帯人数の減少に合わせて材料の目安を四人分から二人分にする。「食べ物を大切にする姿勢も示したい」としている。時代は変わる。調査を機にコンビニは、大量廃棄を見直してはどうか

 さて、持ち帰ったおでんだが、半分くらい食べたところで「もうこれ以上は無理」と捨ててしまった。何のことはない。生活習慣も改めるべきだった。コンビニとコンビになって。

凡語 京都新聞 2009年2月22日

創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-23 23:58 | 凡語
「ニャンニャンニャン」で猫の日、ペットとして人を癒やす・・・  日報抄 八葉蓮華
 保健所から子猫を引き取ったと、小欄に以前書いた。あれからかわいく育って…と報告したいところだが、横であくびをする猫を見ると立派な「メタボ」体形である。餌を食べてはゴロゴロの毎日では無理もない

 かつて飼い猫にはネズミを捕るという大事な役目があった。日本猫は仏教伝来の際、ネズミが仏典をかじるのを防ぐため、船に乗せられて来たのがルーツという説もある

 江戸時代の上州(群馬県)ではとりわけ猫が重宝された。養蚕が盛んだったためだ。ネズミが蚕や繭に悪さをすると大損害になる。猫を飼うのはもちろん、ネズミよけのおまじないとして猫の絵を求める農家が多かった。面白いのはその描き手が領主だったことである

 南北朝時代の武将、新田義貞の流れをくむ上州・新田の殿様は歴代、猫の絵を描いて養蚕農家などに分け与えた。当時ネズミの害は義貞一党の怨霊(おんりょう)によるという俗信があった。その子孫の殿様の絵なら霊を鎮め、ネズミを防いでくれるに違いない。人々はそう考えたようだ(落合延孝「猫絵の殿様 領主のフォークロア」)

 地元だけでなく、越後や信濃などからも依頼があったという。明治時代になると「新田猫絵」は蚕の卵とともに輸出され、ヨーロッパでも珍しがられた。目をカッと見開いた猫絵に比べると、わが家の猫は何と緊張感のないことか

 でもペットとして人を癒やすのが現代の猫の「仕事」であれば、それなりに職務に忠実といえるかもしれない。きょうは「ニャンニャンニャン」で猫の日という。

日報抄 新潟日報 2009年2月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-22 23:55 | 日報抄
「柏崎刈羽原発」地域経済に与える影響、地元住民の安全・・・  大自在 八葉蓮華
 東京電力柏崎刈羽原発の地元で昨年の夏に会った会田洋柏崎市長が「(運転を)止める判断より、また始める判断の方がよほど難しい」としみじみと漏らしていたのを思い出した。まず7号機の原子炉起動に経産省と原子力安全委員会がゴーサインを出した

 一昨年7月の新潟県中越沖地震で被災した原発に対し、消防法12の3(危険物貯蔵施設に対する使用一時停止命令)という伝家の宝刀を抜き、原子炉の運転を停止させたのは会田市長であり、どの時点で鞘[さや]に収めるか、いくら政府が安全の太鼓判を押しても、最終的にはやっぱり地元の自治体の判断が鍵を握る

 屋外とはいえ、敷地内の変圧器からもうもうと黒煙が上がっているのだから消防法の適用に反対する住民はいないが、あれだけ想定外のトラブルを起こした後、運転を再開するとなると住民を納得させるだけの理由が要る

 再開に当たって安全第一であることは当然だが、耐震安全性の確保にこれでもう絶対に大丈夫という保証はないし、地域経済に与える影響を考えればどこかで起動ボタンを押さないわけにもいかない

 原発は営業運転を開始すると原子炉規制法制上、もう地元の口を挟む余地はない。だからどうしても柏崎市のように設備を動かす燃料貯蔵施設の使用を止めることで、間接的に原子炉を止める。まだるっこい手を使わざるを得ない

 そこで原発災害から地元住民の安全を守る立場の自治体が運転ストップに直接に関与する法的な仕組みが必要だ。原子力防災の地方分権みたいなものだが、実は一方で安全を自主的に判断する、やっかいで大切な責任を引き受けることにもなる。柏崎市長の困苦を人ごとと思えない。

大自在 静岡新聞 2009年2月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-21 23:57 | 大自在
春らんまんの大華道展、桜、ツバキ、菜の花、スイートピーなど色とりどりの花・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 日本人は古来、四季の移ろいや情緒を花によって感じてきた。生け花の魅力は、生活の中に季節感を取り入れ、暮らしを豊かに演出できることだろう。

 岡山市の天満屋岡山店で開催中の大華道展をのぞいた。桜、ツバキ、菜の花、スイートピーなど色とりどりの花があふれる会場は、はや春らんまんの装いだ。華やかな美の競演に、心も浮き立ってきた。

 延べ千二百点以上が展示される中四国最大規模の催しとしておなじみだが、今年は本紙創刊百三十周年を記念してグレードアップ。輝く太陽をイメージした特別大作や岡山県華道連盟役員が手掛けるコーナーも加わり、見応え十分だ。

 花材を巧みに組み合わせて力強さや躍動感を表現したり、器との調和で清純さや軽やかさを際立たせるなど、県内二十一流派が創意を凝らした生け花の奥深さを堪能できる。

 「花を生けるということは、花に惚(ほ)れることがないとだめ。自分の心から湧(わ)きあがってくる思いがあって、はじめて相手にも伝わる」。池坊由紀・華道家元池坊次期家元は「千玄室対談集 道を拓く」の中でこう語る。自然の草木への感動が花を生ける原点なのだろう。

 土、日曜日には小中学生を対象にした「生け花体験教室」も会場で開かれるという。伝統文化の魅力を若い世代にも伝えていきたい。

滴一滴 山陽新聞 2009年2月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-20 23:57 | 滴一滴
「大国を率いる政治家の責任」自分に正直に、自分らしくあるように・・・  正平調 八葉蓮華
 「ヒロシマ」や「古寺巡礼」で知られる写真家の土門拳さんは「鬼」と呼ばれた。納得できるまで、シャッターを切り続けたからだ。詩人の高村光太郎は「土門拳のレンズは人や物を底まであばく」と語った

 あまりの粘っこさに怒ってか、画家の梅原龍三郎はいすを投げたという。そんな数々の逸話と名作を残した写真家には、含蓄のある名言もまた多い。例えば「年はうしろ姿に一番出る。悲しみも-。」(粟津則雄「日本人のことば」集英社)

 たくさんの肖像写真を撮りながら、土門さんは背中に目をとめた。想像するに、顔は多少の演技ができる。しかし無防備な背中は、ごまかせない。年齢がそのまま、さらには心模様までがくっきり表れるということだろう

 クリントン米国務長官が離日した。分刻みの日程なのに、疲れをうかがわせなかったのが印象深い。失礼ながら、どこにも年齢を感じさせない後ろ姿に、土門さんの言をふと思い出した。これが大国を率いる政治家の責任の重さかもしれない

 東京大学のキャンパスでは、学生との対話集会をこなした。「どうしたらあなたのように強くなれますか」と学生に問われて、こう答えた。「自分に正直に、自分らしくあるように」。笑みをたたえてこう語る背筋もやはり、きれいに伸びていた

 今年が生誕百年の土門さんの至言をもう一つ。「いい写真というものは、写したのではなく、写ったのである」。ありのままの表情が浮かぶのをじっと待つ。そのカメラの前で、顔や背を見せられる政治家が日本にいるか。さて、泉下の巨匠はなんと答える。

正平調 神戸新聞 2009年2月19日

創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-02-19 23:57 | 正平調