髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧
子どもには無償の愛情、地域で手を差し伸べる豊かな関係・・・ 凡語 八葉蓮華
 京都・洛北は里親発祥の地といわれる。「京都市児童福祉百年史」によれば、平安時代にさかのぼるという。その京都でひと組の親子が一九八八年に誕生した。フランス人の女性と日本人の男の子

 国際都市・京都ならではともいえるが「家庭に恵まれない子どもを幸せにしたい。できれば養子にしたい」と申し出があったとき、京都市児童相談所は戸惑った。独身女性に子どもを預けた例はなかったからだ

 折しも国の里親制度が改正され、独身者も養育の資質があれば里親になる道が開けていた。相談所は思いきって、当時短大講師で、四十代のマリ・ルネ・ノワールさんに七歳のミキオ君を託した

 あれから二十一年。順風満帆の日ばかりではなかっただろう。ノワールさんは、多感な思春期を迎えたミキオ君の反発を受け入れ、きずなを紡いだ。ミキオ君は高校の途中から希望して、フランスの馬の学校に入学。いま、プロバンス地方で乗馬の観光ガイドとして活躍している

 ノワールさんを支えたものは何だろう。今月、左京区の自宅で話をうかがって、分かったことは「子どもには無償の愛情が必要」との揺るぎない信念。そして、地域で手を差し伸べる豊かな関係が築かれていたこと

 全国には、さまざまな事情で実親の元に戻れない子どもたちがいる。その子たちが家庭のぬくもりと可能性を得られるように、里親のすそ野をもっと広げたい。

凡語 京都新聞 2009年4月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-20 23:56 | 凡語
「草食系男子」が急増中、男の美容は当たり前・・・ 日報抄 八葉蓮華
 虎狩りならぬ「恐竜狩り」を仮想体験できるテレビゲームが根強い人気を集めている。捕獲した恐竜の肉を食べ、時には身の丈をはるかに超える武器を振り回す勇壮さがたまらないのだろう

 実生活からたくましさが消えた裏返しのような気がする。そう考えると、思い当たる現象がある。まずは男のブラジャー着用だ。女装の趣味が高じてというわけではない。ごく普通の男性が愛用しているというのだ

 ネット通販大手の楽天で一番売れている男性下着だという。「集中力が上がった」「優しくなれる」と大変な反響を呼んでいると聞いても、にわかには信じられない。パッドを入れて、胸板を厚く見せることもできるらしい。海外にも記事が配信された。日本発のファッションとして、世界中で流行する日が来るのだろうか

 今や男の美容は当たり前になっている。化粧はもちろん、マスカラやマニキュアも施す。ガードルをはいて、美脚と美尻効果を狙い、日傘も忘れない。ズボンから派手な下着も平気でのぞかせる

 「草食系男子」が急増中らしい。女性と友達感覚では付き合うが、そこから先は淡泊な男性のことだ。二、三十代で顕著という。ファッションに性差がなくなっていることとも無縁でないのかもしれない

 一方、女性は恋愛に積極的な「肉食化」が進んでいるといわれる。「行って来い」で男女のバランスは取れているようにも思えるが、このままで大丈夫か、と気になってくる。おっと、気付けば最近、野菜ばかり食べている。こっちは年のせいか。

日報抄 新潟日報 2009年4月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-19 23:56 | 日報抄
伝統技術をベースに独自に和洋折衷を目指す棟梁たちの心意気・・・ 大自在 八葉蓮華
 桶の中でイモを掻[か]き回すとイモ同士ぶつかり合い皮がむけてきれいになる。報徳運動に携わる人たちはこの切磋琢磨[せつさたくま]を「芋こじ会」と呼んで活発な議論を奨励した。掛川市にある旧遠江国報徳社公会堂(大日本報徳社大講堂)もそんな活動の拠点になってきた

 木造2階建て、入母屋造り、ケヤキの柱もマツの梁[はり]も、1902(明治35)年から03年にかけ、資金全額を自力で調達し、建設した当時のままといい、きのう、文化審議会が重要文化財に加えるよう塩谷立文科相に答申した

 寺院の本堂を見るよう。建築史上は近代和風(和洋折衷)のはしりに当たり、伝統的な木造建築でありながら「常会[じょうかい]」といって定例の学習会を開くのに使う大広間にシャンデリアを吊ったり、2階にギャラリーやアーチ型の窓を設けるなどそのモダンさに驚かされる

 公会堂の学術調査に当たった、島田市出身で日本建築史の第1人者村松貞次郎さん(東大名誉教授、博物館明治村元館長)が生前、「西洋建築を丸ごと摂取する中央政府と距離を置き、あくまで伝統技術をベースに独自に和洋折衷を目指す棟梁たちの心意気が手に取るよう」と話していたのを思い出す

 考えてみれば日本の近代化も西洋を手本に政府が民衆を引っ張った側面と、政府をあてにせず、民衆自身の意欲を推進力にした側面がある。生活の向上と農村の自立を目指す報徳運動も民衆の取り組む近代化運動だった

 地方にまで手の回らない政府を頼れないなら地方が踏ん張るしかない。生産性を上げる農業技術を学んだり、新しい知識を取り入れたり。公会堂で80畳の大広間に立つと「常会」参加者の進取の気風と熱気が伝わってくるようだ。

大自在 静岡新聞 2009年4月18日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-18 23:55 | 大自在
“ラッシュの死角”電車内は緊張感を強いられる時間・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 何年か東京で生活した経験があるが、ラッシュ時の通勤電車の混雑はすさまじい。これ以上は無理というくらい押し込められ、身動きできないまま、じっと我慢を強いられる。

 満員電車では、バンザイするように両手でつり革を握る男性の姿もよく見かけた。あのポーズは自分が痴漢に間違われないための防御策なのだという。

 確かに“ラッシュの死角”を悪用した痴漢被害は後を絶たない。女性の心身を傷つける卑劣な行為は許せないが、物証は乏しく目撃証言も得られにくい。被害者も犯行を目で確認できないケースが多く、誤認逮捕の危険もつきまとう。

 電車内の痴漢事件で強制わいせつの罪に問われた大学教授に、最高裁が一、二審の実刑判決を破棄して逆転無罪を言い渡した。被害者の供述証拠に頼る捜査や審理に警鐘を鳴らしたといえようか。

 二年前に映画「それでもボクはやってない」が話題になるなど、痴漢冤罪(えんざい)は社会問題化している。実際、この十年間に痴漢事件では三十件以上の無罪判決が出ているという。

 一方で立証のハードルが高くなれば、被害者の泣き寝入りを助長しないかとも気にかかる。痴漢被害を未然に防ぐ手立ては難しい。女性はもちろん、男性にとってもラッシュ時の電車内は緊張感を強いられる時間であり続けるのか。

滴一滴 山陽新聞 2009年4月17日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-17 23:57 | 滴一滴
全国学力テスト「学ぶ力」人と人との協力と磨き合いの中で育つ・・・ 正平調 八葉蓮華
 「政治の優先課題を三つ挙げてほしい」。英国のブレア前首相が一九九七年、就任会見での質問に「教育と教育と教育」と答えたのは有名な話である。退学の急増など公教育が危機にひんしていたからだ

 八〇年代以降、教育界にも競争と市場原理が持ち込まれ、全国共通学力テストが導入された。学習到達度を測って学校を評価し公表したが、教育格差が荒廃を招いた。ブレア政権が力を注いだのはその解消だ

 なにやら日本の教育改革と重なって映る。中でも全国学力テストである。自治体や学校別成績の公開をめぐって各地できしみが生じたが、三年目の今年も来週、実施される

 全国の自治体で唯一参加しなかったのは愛知県犬山市である。既存の学力テストで十分という判断だった。だが市長の強い要請で市教委が、先ごろ参加を決めた。ただ、独自の教育観に注目すべき点が少なくない

 犬山は学校を単なる成績競争の場とせず、子どもが自ら学ぶ力を養うことを目標とする。少人数で互いに助け合って学ぶ授業を実践してきた。得意なことを級友と教え合うことが意欲を高めるという

 但馬の小学校教師として、昭和の教育史に足跡を残した東井義雄さんの言葉が浮かぶ。「競争は勉強をそそる即効薬だが副作用を起こしかねない。学力は人と人との協力と磨き合いの中で育つ」。まさに犬山の実践にも通じる考えだ。いま一度学力とは何かを問い直したい。

正平調 神戸新聞 2009年4月16日
創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-16 23:57 | 正平調
「正義の戦い」の独善、勝ち得た統合の犠牲はあまりに大きい・・・ 凡語 八葉蓮華
 第十六代米大統領はこの夜、ワシントンの劇場で喜劇に興じていた。ここ一番の決めぜりふに大笑いした大統領の左耳後ろで、拳銃が音を立てる。リンカーンが暗殺されたのは一八六五年のきょうだ

 人間の平等をうたう独立宣言を重んじ、奴隷解放を宣言したリンカーン。リンカーン記念堂にある巨像はギリシャ・アテネのパルテノン神殿を思わせる円柱に守られている。非業の死は、彼を民主主義の守護神に変えた

 死者六十二万人超という南北戦争の引き金を引いたのは、その「神」だった-。土田宏さんの「リンカン」(彩流社)で知った。前政権さえ二の足を踏んだ「サムター要塞(ようさい)」の防衛を命じたことが、南部側の砲撃を呼び込み、戦争へと拡大する

 しかし、彼は「反乱」と主張、反乱軍から国を守るという「崇高さ」で戦争を包み込んでしまう。戦局を読み違えた責任を問わず、なぜ「神」か。「リンカーンに対する先入観を捨て正当な評価を」。土田さんの指摘だ

 第四十四代オバマ大統領ほど、この「神」に触れた政治家はいない。ともにイリノイ州の弁護士出身で「一つのアメリカ」を掲げるが、リンカーンが戦争で勝ち得た統合の犠牲はあまりに大きい

 「神」までが「正義の戦い」の独善に陥っていたなら、オバマのアフガン戦略はどうか。その呪縛(じゅばく)から逃れて初めて「出口」が見えよう。貢献を迫られる日本とて人ごとではない。

凡語 京都新聞 2009年4月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-15 23:57 | 凡語
大盤振る舞い「ご利用は計画的に」半分が借金頼みの暮らし・・・ 日報抄 八葉蓮華
 「入るを量りて以(もっ)て出ずるを為(な)す」。中国の成句を引き合いに出すまでもなく、収入の多少を考え、支出を決めるのは財政の鉄則だ。「ご利用は計画的に」。消費者金融の広告に教わらなくとも、多くが身の丈に合わせて家計をやりくりしている

 不況下の国家財政といえども、基本はおなじはずだ。十五兆円を超す追加経済対策は空前の財政出動という。ただ「霞が関の埋蔵金」をあらかた掘り尽くし、大半が借金と聞くと心配になる

 本年度の予算規模は、追加対策を加えて百兆円を超す。当初の国債発行三十三兆円に、十兆円前後の借金が重なる。家計なら、半分が借金頼みの暮らしとなる

 昨年末の国の借金は八百四十六兆円。ネットには国の借金を秒単位で示すサイトもある。一秒で数十万円、一時間で十億円以上も利息が膨らんでいく。くるくる変わる数字に目が回りそうだ

 赤ちゃんを含め一人七百万円近い借金を、どうやって返していくのか。「百年に一度の…」。麻生首相の決めぜりふの前では、曲がりなりにも守ってきた財政規律など嵐の中の落ち葉のようだ。定額給付金や「高速千円均一」に続き、エコカーや省エネ家電の購入補助、子育て応援手当…。多くは時限措置で、その夜限りの大盤振る舞いである

 「借金をいさぎよくする祭前(まつりまえ)」。古川柳は、祭り好きの江戸っ子の気前良さを詠んだ。でも、宴(うたげ)の後は借金返しに、せっせと汗するのもまた江戸っ子だ。解散総選挙という祭前、政府がいさぎよくする借金の方は、いずれ国民に請求書が回ってくる。

日報抄 新潟日報 2009年4月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-14 23:57 | 日報抄
「よみがえる黄金文明展」東欧や中欧への関心は増す一方・・・ 大自在 八葉蓮華
 最近は東欧や中欧への観光が人気を集める。殊にドナウ川流域のハンガリーやルーマニア、ブルガリアが注目されている。ドイツ南部を源に東へオーストリア、バルカン半島を横切って2840キロ、9カ国を潤しながら黒海に注ぐ大河は多様な文化をはぐくんできた

 県立美術館で始まった「よみがえる黄金文明展」もドナウの産物だ。肥よくな大地から文明の十字路ともいわれたブルガリアの古代を彩る金銀の製品は、世界遺産となったトラキアの遺跡群から発掘されている

 世界史の教科書も覇者に焦点を当てがちで、埋もれた史実にはなかなか目を向けないものだ。トラキアの名も神話の世界とされて、第二次大戦時に偶然見つかった遺跡を端緒に学術調査が入ったのも、つい近年の事である。東海大チームの寄与も大きい

 ブルガリアといっても、ヨーグルトか琴欧洲関かと思いつくのが精いっぱいだが、ハンガリーやルーマニアとともに日本との外交再開は50周年。ともに経済力も乏しく小国とはいえ高い教養と文化、中世の街並みにも人柄にも感嘆させられるものがある

 中でもハンガリーとの交流は140年を数える。明治維新時の岩倉使節団が訪れたのが、ハプスブルク家が支配したオーストリア・ハンガリー帝国。それ以前の古伊万里にならったヘレンド磁器も隆盛で、日本とは親戚民族、共通国境をといった言い回しもあるほどだ

 東西の冷戦が終息し、EU加盟もあって東欧や中欧への関心は増す一方だけに、お国柄も探って見聞を広げたい。「よみがえる黄金文明展」は5月15日まで。文字をもたなかったため歴史に埋もれてしまったトラキアの人々の歩みを知る絶好の機会だ。

大自在 静岡新聞 2009年4月12日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-12 23:55 | 大自在
「人道支援」今かろうじて繋ぎとめられている小さな命・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 岡山県立大二年生の太田賢太郎さんがきょう、エイズ遺児支援のためアフリカのウガンダに出発すると、昨日の本紙全県版が伝えていた。

 太田さんは親を亡くした子を支援する「あしなが育英会」の奨学生で、会が取り組む支援活動の一環で派遣される。現地では子どもたちの心のケアや、読み書き・計算など教育支援活動を行うという。

 日本人が満開の桜を愛(め)でている今この時にも、アフリカでは病気や飢え、紛争で幼い子を含む無数の命が失われている。折々に伝えられる日本の若者の行動力に頭が下がる。しかし、アフリカに対する人々の関心は一般に薄い。

 外交専門誌「外交フォーラム」四月号に、国連の世界食糧計画(WFP)で働く忍足謙朗さんの寄稿がある。現在はアフリカでも最も悲惨といわれるスーダンで人道支援に従事している。

 常に危険と隣り合わせだが、直接命を救うこの仕事に誇りとやりがいを感じているという。続けて「世界の関心が失われれば、今かろうじて繋(つな)ぎとめられている小さな命までが瞬く間に失われていく」と記された言葉が重い。

 まず気持ちで寄り添うことから始まると思う。日本からの配給食料の袋には単に国名でなく「From the People of JAPAN」(日本の国民から)とあるそうだ。


滴一滴 山陽新聞 2009年4月11日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-11 23:54 | 滴一滴
好感を持つ「弁当男子」女性陣の視線を気にしながら・・・ 正平調 八葉蓮華
 人気の少女漫画「花より男子」は「男子」と書いて「だんご」と読む。最近、映画やドラマになって大ヒットした

 こちらは、そのまま「だんし」と読む。今、オフィスなどで急増中の「弁当男子」である。朝、自分で弁当を入れて持参する男性のことだ。二十代から三十代に多く、雑貨店などでは男性向けのお弁当グッズのコーナーがにぎわっている

 お昼時、神戸のある事務所をのぞいた。若い男性たちが弁当を広げている。梅干し、卵焼きにウインナー、肉や野菜の冷凍食品といったところがおかずの定番のようだ。中に、ミニトマトを入れている社員がいた。聞くと「彩りをよくするために重宝している」という。なかなかの達人と見た

 弁当男子に関する聞き取り調査を読むと、その理由で一番多いのはやはり昼食代の節約だ。健康管理のため、料理が好きだから、などの回答に交じって、数は少ないが「上司と昼食に行きたくない」というのもあった

 理由はともかく、同僚の女性は、弁当男子の姿を好ましく見ている。先の調査では、八割以上が「好感を持つ」と答えていた。今は経済観念のある、しっかり者の男性の人気が高いそうだ。料理好きなら、なおよし。収入、学歴、身長の高い「三高」がもてた時代も今は遠い

 そんな女性陣の視線を気にしながら、弁当箱やはし、水筒を買いそろえ、毎朝弁当づくりにいそしむ。やはり、「男の子」である。

正平調 神戸新聞 2009年4月10日
創価学会 企業 会館 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-04-10 23:55 | 正平調