髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧
全国行脚、揮毫の旅、若山牧水の遺品を集めた特別企画展・・・ 大自在 八葉蓮華
 確かに自ら認めるように「やっかいなる人間」に違いない。ひとの世話になるのに酒は毎日1升、毎朝、大きな徳利で自分の側にもらい、一日のうちに適宜配分していただく。つまみに「香の物かトマト」を所望し、トマトのところは丁寧に「生のまま塩にてたべます」と注釈付き

 二・二六事件に連座した元予備役少将で歌人の齋藤瀏[りゅう]が回想録の中で、大正の末、北海道で第7師団参謀長を務めている時、歌会に迎えた当代一流の歌人若山牧水の気ままな生態を活写している(「昭和維新の朝」工藤美代子著)

 歌壇の頂点にあっても歌誌を出せば膨大な借金が残る。地方へ揮毫[きごう]の旅に出てはせっせと穴埋めをしたのだが、齋藤のように全国各地でたくさんの熱心なファンが歌会や講演会をセットし、事前に色紙、短冊、半切[はんせつ]の予約を集めて支えた

 大正9年(1920年)、現在の沼津市上香貫に転居してきた牧水の遺品を集めた特別企画展が12月20日まで千本松原の牧水記念館で開かれている。記念館の所蔵する直筆掛け軸など300点が展示されている

 展示から揮毫の旅をたどると、大正13年から亡くなる前年の昭和2年まで3年間に、齋藤らに頼った北海道から九州までほぼ全国にわたる。千本に建てた新居と、乾坤一擲[けんこんいってき]、沼津から全国に発刊した歌誌「詩歌時代」の金策に懸命だったことがよく分かる

 でもこの無理な全国行脚が結局、才能の命を縮めた。西行、芭蕉にならって旅を愛した漂泊の歌人にとり本当は意に染まない揮毫旅行だったのだろう。せめて茶わん酒で気を紛らわすか。そういう目で代表作〈白鳥は哀しからずや―〉〈幾山河―〉を読み返すと寂寥[りょう]感、孤絶感が一段と募る。

大自在 静岡新聞 2009年11月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-30 23:56 | 大自在
「サヨナラ公演」去るスターがいれば「お披露目」成長する若手がいる・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 「『ああ、わたしひとり場違いだ…』。5年前の宝塚音楽学校の入試会場。岡山県から来た少女は気おされていた」。2005年、本紙夕刊の連載企画「タカラヅカ 夢のあとさき」3月5日付の書き出しだ

 あかぬけたライバルたちに囲まれ、少女は自信をなくしたが、試験官はスターの“原石”を見逃さなかった。音楽学校での2年間の特訓を経て花組に入り、娘役ホープとして注目される。津山市出身の桜乃(さくらの)彩(あや)音(ね)さんである

 清らかな雰囲気が宝塚の娘役にピッタリで、06年にはトップに就任した。男役が宝塚の花形だが、娘役でも頂点に上り詰めるのは大変なことだ

 そのトップの座に、もう一人郷土出身者が加わることになった。岡山市出身の蒼乃(あおの)夕妃(ゆき)さんだ。月組の次期娘役トップに就き、来年2月にお披露目となる

 全国から集まるタカラジェンヌの中で、岡山県出身が二人もトップを占めるのは珍しい。しかし、先日、桜乃さんの来春での退団が発表された。惜しまれることだが、トップになれば必ず巡ってくる定めだ。3月に始まる宝塚大劇場(宝塚市)でのサヨナラ公演は、サクラの季節の舞台となる

 去るスターがいれば、成長する若手がいる。宝塚に限らず、どんな世界でも原石が磨かれ、光り輝く宝石になっていくことに感動を覚える。

滴一滴 山陽新聞 2009年11月29日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-29 23:56 | 滴一滴
「大発見を続けるのは君たちだよ」顔を輝かす恐竜少年や恐竜少女たち・・・ 正平調 八葉蓮華
 フタバ、スズキと聞いてピンとくる人は、かなりの通に違いない。1968年福島県で、日本初の首長竜の化石が見つかった。和名フタバスズキリュウである

 地層名の双葉と発見者の高校生、鈴木直(ただし)さんの名字から名付けられた。科学好きの少年は古本屋で、地元の地質を扱った本に出合い、発掘を始める。今も地元で研究に携わり、発掘を「命のバトンリレー」と呼ぶ情熱の人である

 2006年、フタバスズキリュウは新属新種と証明された。立役者は30代の女性研究者佐藤たまきさん。「幼いころ、図鑑で見て気に入った」という恐竜好きが高じて、北米で多くの化石標本を調べた首長竜の専門家だ。ここにも情熱の人がいた

 佐藤さんが少女時代、大好きだった恐竜の一つがトリケラトプスだ。その祖先に当たる角竜(つのりゅう)類の化石が篠山市の地層から出てきた。角竜類の化石は日本初で、発見者は3年前に丹波竜を見つけた足立洌(きよし)さんである。言わずもがなの情熱の人だ

 丹波竜の発掘現場を訪れると、地元ボランティアが作業や現地での説明に汗を流している。「篠山角竜」の化石も、たくさんの住民の情熱を見込み、場所を選んで出てきたのかもしれない

 66歳の足立さんは子どもたちに「大発見を続けるのは君たちだよ」と語る。顔を輝かす恐竜少年や恐竜少女たちの姿が、目に浮かぶようだ。元少年少女のボランティアも加わり、情熱満載の丹波・篠山である。

正平調 神戸新聞 2009年11月28日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-28 23:56 | 正平調
「共感し合う社会の大切さ」一輪の花を手渡すように勇気を与えることができれば・・・ 凡語 八葉蓮華
 一冊の本を手にとる。石川啄木の短歌から一部ひいたタイトル「友がみな我よりえらく見える日は」(学陽書房刊)。話を聞きたいと思っていた著者の上原隆さん(60)に会った

 「つらいことや悲しいことがあり、自尊心が失われて自分が道ばたの小石のように思えた時、無価値だと感じた時、人はどうやって自分を支えていくのだろうか」。これがこのノンフィクション・コラムの主題だ

 市井の人たちが実際に遭遇したり、経験した日常の出来事が淡々と書いてある。取材相手の心情や当時の情景が眼前に浮かぶ。執筆の背景には上原さん自身の挫折が底流にある

 立命館大を卒業してPR映画制作会社に入った。作品はいくつか撮ったが、本当にやりたかったのは記録映画の監督。しかし、才能に見切りをつけ、営業担当に回った。生活費を失うことを恐れる「臆病(おくびょう)な自分」。営業を続けながら、ペンを持って人に会い、文を書いて心の支えにした

 26日は「ペンの日」だった。日本ペンクラブが1935年のこの日に創立されたのを記念して定められた。ペンは詩や小説、評論などを通して言論、出版、文化を担っている

 時に権力の不正や横暴に立ち向かう役割もある。あわせて、人生の哀歓をすくい上げ、道行く人に一輪の花を手渡すように勇気を与えることができれば、どんなにいいだろう。上原さんは「共感し合う社会の大切さ」を語った。

凡語 京都新聞 2009年12月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-27 23:55 | 凡語
たい焼きブーム「サラリーマン哀歌」不況になるとたい焼きブームが起こる・・・ 日報抄 八葉蓮華
 黒豆あんのたい焼きを腹からがぶり。「1尾150円」。小倉より“内臓”が大きく、抑えた甘さは大人向きか。カスタード入りをもう1尾と思ったが、わが腹を眺め我慢した

 たい焼きブームという。本紙夕刊(24日)が、サケの姿をした村上市の「イヨボヤ焼き」、タピオカ粉のモチモチ感が大人気という福岡発の「白いたい焼き」、上越市の炭パウダー入り「黒鯛(くろだい)」などを紹介していた

 新潟市の巻地区では、郷土玩具がモチーフの「鯛車(たいぐるま)焼」が商店街のにぎわいづくりに一役買っている。カリカリの皮が自慢の米粉製やエスニック風、総菜風も現れ、この庶民の和菓子はもう別世界に飛び出たようだ

 東京でたい焼きが生まれたのは1909年。その老舗「浪花家総本店」3代目は「不況になるとたい焼きブームが起こる」(毎日新聞夕刊・17日)。なるほど「百年に一度の不況」が昨今のあいさつ代わりだ

 サラリーマン哀歌とも称され、大ヒットした「およげ!たいやきくん」のモデルはこの店という。レコードが出た1975年は、政府が戦後初めて経済のマイナス成長を発表、就職の内定取り消しが相次ぐなど、いまと似ている。「毎日毎日ぼくらは鉄板の…」。わが身をこの歌に重ねた人も多かった

 自宅の台所に「白いたい焼き」の粉が買い置きしてあった。専用の道具などない。たこ焼きか鉄板焼きにでも? すると家人いわく。「たい焼き鍋もあるんだって。具のないタイ。まるですいとんだね」。この不景気、「たいやきくん」は鍋の中でまで泳がされるのか。

日報抄 新潟日報 2009年11月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-26 23:56 | 日報抄
孤立家庭「介護疲れ」老いていく親とどう向き合うのか・・・ 大自在 八葉蓮華
 1万分の6強に過ぎないとはいえ、重く受け止めるべき―というのが実感だ。県内に住む65歳以上の高齢者が昨年度、ギャク待を受けた件数は569。これに対し、同年度の県内高齢者人口は約84万2千人を数えるから割合はぐっと低くなり、県の担当者は「氷山の一角」とみる。厚生労働省の調査で高齢者ギャク待の実態が、あらためて浮き彫りになった

 樋口了一さんが歌う「手紙~親愛なる子供たちへ~」が、反響を呼んでいる。人生も終わりに近づいた、老いていく身に少しだけ付き添って―そんな内容だ。もとは読み人知らずのポルトガル語の詩だったというが、語りかけるような歌声は心に響く

 老いていく親とどう向き合うのか。道理は心得ているつもりなのに、体の衰えだけでなく、認知症の症状が現れてくると、子は戸惑い、少しだけと理解していても付き添えなくなって、悲劇に発展する。ギャク待を受けたお年寄りの45%が認知症で、加害者の60%近くが息子と娘だった

 今回の厚労省の調査は、ギャク待の実行者や行為内容などは明らかにしている。だが、なぜギャク待に走ったか、その理由について触れていない。解決策を探ろうとするなら、もう一歩踏み込んでほしい

 介護疲れから妻をコロそうとした男に対する裁判員裁判が9月、山口地裁であった。妻は13年間寝たきり。男は1人で介護し続けてきた。「孤立家庭」がゆえの「介護疲れ」による犯行で、保護観察付きの判決が出た

 今回の調査で明らかになったのは、相談や通報で自治体が確認した事例だけ。孤立化する家庭が増えれば増えるほど、ギャク待の実態はつかみにくくなる。介護疲れによる悲劇を知るたびに、心がかきむしられる思いがする。

大自在 静岡新聞 2009年11月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-25 23:56 | 大自在
女流棋士が誕生して35周年「ニューヒロイン」フレッシュ対決・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 ニューヒロインの実力が本物であることをまざまざと見せつけられた。女性将棋の公式タイトル戦・第17期大山名人杯倉敷藤花戦は、高校3年の里見香奈倉敷藤花が連勝でタイトルを初防衛した

 藤花位をかけた3番勝負に挑んだのは、活躍めざましいホープの中村真梨花女流二段。攻撃的な将棋で、前タイトル保持者の清水市代女流名人・王将らを破って勝ち上がった

 里見さん17歳。中村さん22歳。合わせて39歳。里見さんが「出雲のイナズマ」なら中村さんは「マリカ攻め」。フレッシュ対決は予想通り最終盤まで息詰まる攻防だった。公開対局の会場を埋めたファンも満足だったろう

 今年は日本将棋連盟に女流棋士が誕生して35周年に当たる。隆盛の基礎を築いたのは故大山康晴十五世名人だった。将棋の振興に女性ファンの掘り起こしを訴え、女性棋士の育成に努めた。倉敷藤花戦はその遺志を継いだものだ

 大山さんは子どもたちへの将棋の普及にも力を注いだ。故郷の倉敷市では小学生が腕を競う「王将戦」も開かれている。本紙の記録を繰ってみると、2000年に里見さんの名が見える。低学年の部の3位だった

 卒業後は将棋に専念するという里見さんは大山名人を尊敬し、その棋譜を研究しているという。さらなる飛躍を期待したい。

滴一滴 山陽新聞 2009年11月24日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-24 23:56 | 滴一滴
勤労感謝の日「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」・・・ 正平調 八葉蓮華
 作家の椎名誠さんに「新橋烏(からす)森口青春編」という自伝風の小説がある。23歳の椎名君が業界紙に就職するところから、物語は始まる

 新聞の求人広告を見て応募する。面接はたった5分、それと作文。手応えがなく、だめかと思っていたら採用通知が来た。会社に行くと社長が言う。「高根君が君を買っていたんだ。文章がいいということでね」。高根氏はめったに会社に来ない専務だ

 小説を彩るおおらかさも、今は遠い。現代の同世代からみれば、冒頭の採用シーンからして、ありえない話かもしれない。何しろ大学生の就職内定率は6割強で、100社近くを回る学生もいる。これでは椎名君のような優秀な人材も埋もれたままだ

 きょうは勤労感謝の日。だが見渡せば「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」とかけ離れた光景が広がる。失業者の数は過去最悪に迫り、仕事に就いても不安定で、将来が見通せない

 勤労感謝の日が制定された1948(昭和23)年の流行語に「ノルマ」がある。シベリアから帰国した人たちが使った。ロシア語では「一定時間でこなすべき作業量」を意味するが、日本では「個人が果たすべき責任量」となった

 今や個人が果たすべき責任は生活や未来にまで及ぶ。勤労感謝の日、多くの人が職に就く難しさをかみしめている。ノルマという言葉に、「社会が果たすべき責任量」という意味を太く書き加えたい。

正平調 神戸新聞 2009年11月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-23 23:56 | 正平調
「古里で普通に暮らしたい」住民の願いでさえかなわないまちの疲弊・・・ 凡語 八葉蓮華
 「僕は感動しました」。7年前、映画「たそがれ清兵衛」で初めて長期に滞在した太秦(京都市右京区)の風土について聞いた時、山田洋次監督は言った

 「撮影所近くの商店街に、です。豆腐屋、そば屋、定食屋、一通りそろう。喫茶店で朝、常連客が新聞を読む。もう、こんな街は日本に少ない。観光地ではない京都の姿を地元総動員で撮りたい」

 それが実現した。佳境を迎えた「京都太秦恋物語」のロケ現場を訪ねた。若者がてきぱきと撮影の準備をする。立命館大映像学部の学生22人が助監督や撮影、照明など各分野で助手として働く

 山田さんは、大学と松竹が提携した2年前、客員教授に招かれた。着任時「実践が大事だ。僕も大船の現場で学んだ。題材はある」と示したのが太秦物語だ

 1年目の昨年、学生は商店街に密着。商いと家族の生活を映像に収め、構想に肉付けした。これを参考に山田さんらが脚本を執筆、今秋撮影が始まった。「失敗したら腹を切る。映画は興行で成功しないとだめ」。監督の言葉に学生気分は吹き飛んだ

 伝えたいのは映画産業の厳しさだけではない。山田さんは長年全国を歩き、「古里で普通に暮らしたい」という住民の願いでさえかなわないまちの疲弊を見てきた。そんな人々に寄り添い、エールを送ろう。学生との日々をいとしむ表情が、映画監督としての自身の原点を見つめ直しているようにみえた。

凡語 京都新聞 2009年11月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-22 23:56 | 凡語
50年に1度の素晴らしい出来「ボジョレ・ヌーボー」財布にも優しい・・・ 日報抄 八葉蓮華
 お酒を飲んでの失敗談はありますか。携帯電話の紛失はまだしも、電車で寝込んで見知らぬ駅までたどり着いたり、前夜の記憶がある時点から喪失したりと、当方の失敗談は、ここでは恥ずかしくて書ききれない。自分の失態を語って慰めてくれる優しい同僚もいるから、少しばかりは胸をなで下ろしているけれど

 アルコール分がゼロというビール風味飲料が今年売り出された。「ビールと変わらぬ飲み口」「酔わないならわざわざビール風味でなくても」と周囲の評価はいろいろだ

 予想を上回る人気だそうで、先発の大手メーカーは年間の販売目標を大幅に増やした。昼食に立ち寄る郊外の飲食店にもPRポスターが張ってあったりする。飲酒運転防止だけでなく、飲めないときに乾杯気分を味わうにはちょうどいい具合なのだろう。消費者の心をつかんだようだ

 同じように心をくすぐるのがフランス産の新酒ワイン「ボジョレ・ヌーボー」、19日に販売が解禁された。今年はブドウの生育には理想的な天候だったとかで、関係者は「50年に1度の素晴らしい出来」と言う

 そんな言葉にひかれて解禁直後の夜中にコンビニエンスストアに走った。今年は大手スーパーがペットボトル入りで1千円を切る商品を売り出すなど財布にも優しい

 師走の足音がひたひたと聞こえてきた。冷え込んだ夜は地酒の熱燗(あつかん)も恋しい。忘年会シーズンも近い。ビール風味飲料で酒席をこなせば失態もないだろうなと思いつつ、それができれば過去の失敗もないものをと考え込んだ。

日報抄 新潟日報 2009年11月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-11-21 23:56 | 日報抄