髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
「生命のある限り希望はある」絶望からは何も生まれない・・・ 大自在 八葉蓮華
 この1年が長く感じられたか、それとも短く感じられたかは、人によってさまざまだろう。年齢や境遇、さらには希望や目的の達成いかんで時間の過ぎる感覚も異なる。仕事が忙しかった人や望みがかなった人は、あっという間の1年だったのではないか

 しかし、ことしに限っては、たぶん「長い1年」と感じた人たちが圧倒的に多かったように思う。それもいつまでたっても抜け出せないトンネルの中で、もがき続けた暗い1年だったという思いの人が少なくないだろう

 世界的な金融不況以降、職を失い、住まいを失った人がいかに多かったことか。中国の言葉に「上に片瓦なく、下に立錐の地なし」とある。辞典によれば、頭の上には屋根がわら一枚もなく、足元には錐[きり]を立てるほどの土地もない。頼りになるものをすべて失いビン乏極まることをいう

 恐ろしいのは、そういう状況が続くと、気力まで失いかねないことだろう。この年末も年越しの“公設派遣村”が都内に設置された。「まさかことしも来るとは思ってもいなかった」。テレビ取材に応じて、30代半ばの男性がぼそっと話した。顔は映さなくても、無念さだけは痛いほど伝わってきた

 昨年末、契約の打ち切りなどで失業し、寮を追われた人々が支援を求めて日比谷公園の「年越し派遣村」に集まった。用意したテントはたちまち収容能力を超えた。あれから1年、再び派遣村で年を越さざるを得ない人たちがいる

 間もなく新しい年が明ける。来年こそ、誰にも再出発の機会が与えられる社会に、と願わずにはいられない。絶望からは何も生まれない。セルバンテスのドンキホーテにある。「生命のある限り希望はある」と。

大自在 静岡新聞 2009年12月31日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-31 23:56 | 大自在
髻中宝珠の譬え
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
b0144967_21323596.jpg

「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四)
転輪聖王は戦いに勲功のあった者に城や衣服、金銀などの財宝を与えてきましたが、髻の中の無上宝珠(髻中宝珠)だけは与えませんでした。髻中宝珠とは法華経を譬え、髻の中の宝珠を誰にも与えなかったのは、仏が爾前権教を説く間、実教を説かなかったことを譬えています。
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-31 00:01 | 八葉蓮華
元気になってもらう「傾聴の勧め」互いに意見を傾聴するようになれば・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 相手の話に耳を傾けることを「傾聴」という。話す機会が少ない高齢者や、悩みを抱える若者らの話をじっくり聴き、元気になってもらう「傾聴ボランティア」という活動が生まれている

 人は自分の話を静かに聴いてもらえれば、それだけで心が軽くなる。だが、経済のグローバル化が進むにつれて、「競争社会を生き抜くには自己アピール力を磨け」といった声が強まった

 他人の発言を押しのけてまで、自分を売り込むような言動が目立つようになった。社会にぎくしゃくした空気が広がり、特に立場の弱い人たちが置き去りにされてきた面は否めない。そうした反省から「傾聴の勧め」的な動きが出てきたのは歓迎したい

 最近は政治の世界でも、傾聴傾向が生じている。テレビの政治討論番組では、与野党とも穏やかなやり取りになってきた。自民党中心の政権が続いた時代は、与党も野党も言いっ放し、批判合戦のような攻防に終始していた

 政権交代で与党になった民主党議員は、影響の大きさを意識してか控えめな発言が多い。野党になった自民党議員は、借金の肥大化を批判しようものなら、過去の責任を問われて下を向く

 互いに意見を傾聴するようになれば、政治の成熟化につながろう。社会や家庭でも、そんな穏やかさを取り戻したい。

滴一滴 山陽新聞 2009年12月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-30 23:56 | 滴一滴
雷のエネルギーを集める研究、雷はいつ発生するか分からない・・・ 日報抄 八葉蓮華
 雪の季節になると、鮮明によみがえってくる記憶がある。中学生のころのことだ。穏やかな夜だった。普段と違うといえば、寝付く直前に、遠くで小さく雷鳴が聞こえたぐらいだった

 数時間後、ふと夜中に目が覚めた。その瞬間、すさまじいごう音と同時に、太さ20センチほどの光の束が天井から走り落ちてステレオにぶつかり、砕け散った。近所の大木への落雷だった。テレビアンテナから伝わってきたのだろう。その後しばらくは恐怖で部屋に入ることができなかった

 古代から神の仕業と考えられてきた雷だが、地球全体では毎秒100回も落ちているというから驚きだ。光や電流、音、熱などを合わせたエネルギーはとてつもなく大きい。1回の落雷で発生する電圧は一般家庭で使う約100万倍。電力量でみた場合、1世帯が消費する2カ月分程度に相当するという

 これだけのエネルギーを生かす手だてはないものか。それに取り組んでいるのが、北京五輪で近づく雨雲に人工消雨ロケットを打ち込み成功させた中国だ。誘電ロケットを使い、雷のエネルギーを集める研究を進めている

 雷は最近、増加傾向にある。原因の一つとみられているのが地球温暖化。地上の気温が上昇して上空との温度差が広がり、積乱雲が発生しやすくなっているからだ

 温室効果ガス排出世界一の国との奇妙な取り合わせだが、実用化に結び付けば画期的な新エネルギーの誕生になる。だが、雷はいつ発生するか分からない上、一瞬の出来事だ。道のりは容易ではないだろう。神のみぞ知るか?

日報抄 新潟日報 2009年12月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-27 23:55 | 日報抄
勢いよく放ったブーメランは自身のところに戻ってくる・・・ 大自在 八葉蓮華
 自分は知らなかったと言い訳を冗舌に、しかし、疑問の核心になるととたんに寡黙に。元秘書2人の起訴に対する鳩山由紀夫首相の記者会見、1時間あまりは詰まるところ、秘書のやった献金偽装であり、お詫[わ]びするので容赦願いたいということなのだろう

 重い首相の肩書を離れ、場所もわざわざ官邸からホテルに移した。極力、1衆院議員の政治資金報告ミスに抑え込もうと会見に臨んだ。しかし、まさか鳩山氏に二重の人格があるわけもなく、現職首相の元秘書が刑事訴追されたことの衝撃は変わらない

 元公設第1秘書は首相の実母から12億円余りを受け取り、その一部を使い、受けもしない寄付を加えたり、匿名で済む献金を水増ししたりしてでたらめな収支報告書を提出していた。うその記載は4億円にのぼる

 会見で首相のいうように、確かに私腹を肥やすための偽装ではなかったのだろう。資金の出どころも鳩山家の財布とはっきりしている。しかし、その「クリーン」なことをことさら強調して責任を軽いかのように言い張る説明には違和感を抱く。残りの実母資金はどこに行ったのか

 6月に偽装が発覚するまで首相といえば政治資金は透明、改革にも熱心と見られていた。収支報告書を開いた人はずいぶんと幅広い個人の浄財に支えられていると思い込んだに違いない。信用のあるのをいいことに幻想を振りまいた責任は重い

 自民党元幹事長秘書の脱税事件で「自分の秘書が同じことを行っていたら議員バッジを外す」ときっぱり。社民党政策秘書給与問題では「政治家と秘書は同罪」と明快だった。勢いよく放ったブーメランは必ずもっと勢いを増して自身のところに戻ってくる。

大自在 静岡新聞 2009年12月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-26 23:56 | 大自在
そっぽを向いた人々を振り向かせるだけの魅力ある政策を打ち出す必要がある・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 政権交代から100日たった。首相の元秘書起訴、税制改正に予算編成…。善きにつけあしきにつけ鳩山政権に注目が集まる。逆に100日前までの政権党・自民党は影が薄い

 報じられた2010年運動方針案によれば保守主義と民主制を大切にする党として再生を果たし「闘う野党」を目指すという。だが、現状は厳しい。議員の離党や支持団体の離反で党幹部はクリスマスも正月もない気分だろう

 信頼失墜が総選挙惨敗の要因だった。党を改革し、頼りがいある政党へいかに脱皮するかが課題だが、この改革のハードルが高い。今月の山陽時事問題懇談会例会で岩井奉信日本大教授が、そう解説していた

 厳しい選挙では経験豊富なベテラン議員が強く、生き残り組の多くを占める。いきおい党の現状を変えることに慎重になる。他国の政権党転落の例をみても同様という

 岩井氏は今の自民党には「売り」がないとも語った。売りとは、やはり政策のことだろう。国民生活を向上させ、そっぽを向いた人々を振り向かせるだけの魅力ある政策を自民党は打ち出す必要がある

 自民党が早期に立ち直り、民主党の有力な対抗軸となることで日本の政治は発展する。政権批判のコメンテーターとしてしか党幹部がメディアに登場しない状況は、情けない。

滴一滴 山陽新聞 2009年12月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-25 23:56 | 滴一滴
京の魅力を伝える1200年前の都「平安京ミュージアム」構想・・・ 凡語 八葉蓮華
 京の魅力は社寺にとどまらない。伝統産業や芸能、山紫水明と形容される自然を加えても足りない。祭りや暮らしの中に息づく精神文化ともう一つ、目に見えない遺跡がある

 市中心部は平安京跡と重なる。1200年前の都が地下に眠っているわけだ。京都市埋蔵文化財研究所の発掘調査で見つかった遺構が、往時の姿をほうふつさせる一方で、成果が十分に活用されているとは言い難い

 もったいないと思っていたら、どんぴしゃの催しが市内であった。市考古資料館30周年記念「考古遺産を未来に生かす」講演会だ。基調講演で上田正昭京大名誉教授は遺跡の保存と放置は別、活用することが大切と強調した

 続く座談会には村井康彦市美術館長、川上貢埋文研所長が加わり、司会は井上満郎市歴史資料館長と、京の碩学(せきがく)がずらり。建物復元や平安京の復元模型制作時のエピソードなどが披露された

 村井さんが膨大な発掘調査の成果を生かすため「平安京ミュージアム」をつくったらどうかと提案すれば、上田さんも、過去を知り、現在、そして京都の未来を見極めるためにもいいこと、と応じた

 箱モノをつくるのではなく既存施設を利用する手もある、展示方法にひと工夫要るなど具体的な話も出て、会場を沸かせた。重層的な京の魅力を伝える平安京博物館構想-。よく考えてみたら、これまでなかったことの方が、不思議なくらいではないか。

凡語 京都新聞 2009年12月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-23 23:56 | 凡語
「ハッピー・クリスマス」すべての人が争いをやめ、クリスマスと新年を祝おう・・・ 日報抄 八葉蓮華
 師走の街に、いつものあの歌が流れている。ジョン・レノンとオノ・ヨーコさんの「ハッピー・クリスマス」。穏やかに、語り掛けるようにジョンが「So this is Xmas」と歌い始める。ニューヨークの子どもたちによる「メリー・クリスマス」のコーラスが重なっていく

 副題は「戦争は終わった」だ。ベトナム戦争さなかの1971年に発表され、すべての人が争いをやめ、クリスマスと新年を祝おうと歌った。そんな平和のメッセージが込められているからこそ、いつまでも愛される歌になったのだろう

 イルミネーションが新潟の街にもともる。今年は雪国らしいホワイトクリスマスになりそうだ。「ハッピー・クリスマス」が流れる店頭で、カップルや親子連れがプレゼントの品定めをしている。心が躍るのは子どもだけでない時季だ

 来年6月末で撤退する大和新潟店のウインドーでは、ぬいぐるみのウサギがラストダンスを踊っている。初登場は88年という。20年以上も古町の冬の風物詩になってくれた。幼い娘たちが目を輝かせてのぞき込んでいた記憶がある。久しぶりに訪ねたら、同じようにウインドーを見詰める女の子がいた

 大和のはす向かいにある、老舗書店の北光社が来月末で閉店する。こちらも「古町十字路の顔」だ。待ち合わせの場所としてよく利用させてもらった。毎年、プレゼントの絵本探しに訪れるパパとママも多かったはずだ。来年の今ごろ、古町はどんな顔を見せているだろう。いつものクリスマスだけれど、今年は少し寂しい。

日報抄 新潟日報 2009年12月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-22 23:55 | 日報抄
コペンハーゲンの挫折「ストップ温暖化」各国の地道な実践が世界のあちこちで・・・ 大自在 八葉蓮華
 粟ケ岳の麓にあり、品評会でたびたび最高峰の農水大臣賞を受賞する「深蒸し茶」の優良産地、掛川市東山地区で農家が畑の脇の斜面から枯れたススキを刈り取り、整枝を終えた茶樹の畝間[うねま]に敷き詰める。寒風の中、この季節恒例、敷き草の作業に余念がない

 先人から「茶の色や味がよくなる」といい伝えられ、東山地区に限らず、県内の茶どころで広く行われている。自生するススキを採取する場所を「茶草場[ちゃくさば]」といい、農家は土手などにわざわざ専用のスペースを確保し大切に守ってきた

 エコやリサイクルのもてはやされるずっと前から山草を土壌に還元してきた自然農法。土壌を柔らかくする。保温、保湿になるし、雨水によって肥料の流失するのを防ぐ役目もある。枯れススキというと消沈した感じだが、どっこい百人力

 加えて、茶草場を守ることが図らずも、そこに自生するキキョウ、カワラナデシコなど絶滅危惧[きぐ]種を保全する役割を果たしてきた。磐田市にある県農林技術研究所のチームが東山地区で行ってきた調査結果をこの春に公表し驚かされた

 敷き草の効能はもっとある。ススキは二酸化炭素を吸収する能力が高いことで注目を集める森林を上回るらしい。そこで東山地区の有志が農水省の応援を受けこの秋からモデル茶園で土中の炭素を測定する研究に乗り出した

 父祖の代から受け継がれてきた知恵が理にもかなっているのを科学的に実証できれば誇らしい。各国は「ストップ温暖化」を掲げてデンマークに集まりながら拘束力のない協定さえ採択できなかった。「コペンハーゲンの挫折」を尻目に、東山地区のような地道な実践が世界のあちこちで続いているのだろう。

大自在 静岡新聞 2009年12月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-21 23:56 | 大自在
恋は素晴らしきもの「慕情」主役を演じたジェニファー・ジョーンズさん・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 往年の外国映画には、原題とは異なりストーリーを意訳したような邦題が多かった。映画史に残る「望郷」「哀愁」「旅情」といった名画も、わずか漢字2文字とはいえ、作品のイメージを大きく膨らませてくれる

 1955年公開のハリウッド映画「慕情」も、原題の直訳は「恋は素晴らしきもの」である。大ヒットした主題歌とともに、忘れられないのが、主役を演じたジェニファー・ジョーンズさんだ。17日、90歳で亡くなった

 「武器よさらば」「終着駅」「白昼の決闘」などの出演作が思い浮かぶ。しかし、なんといっても「慕情」だ。ジョーンズさん演じる凜(りん)とした医師が記憶によみがえる

 英国領香港を舞台にした英国と中国の混血の女医と米国人特派員の悲恋ドラマ。“東洋の真珠”とうたわれた香港の美しい風景をバックに、演技派で知的な雰囲気をもつジョーンズさんの魅力が見事に発揮されていた

 植民地である香港と、混血のヒロインの心情が二重写しに描かれ、恋人は朝鮮戦争の取材中に帰らぬ人となる。現代史を浮かび上がらせた点でも、通俗のメロドラマとは一線を画した

 97年に香港は中国に返還され時代は変わっているが、作品が色あせることはないだろう。在りし日のスターとともに、「慕情」という邦題が名画を語り継ぐ。

滴一滴 山陽新聞 2009年12月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2009-12-20 23:56 | 滴一滴