髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧
桜の満開、偶然にも、この時期に雪月花がそろった・・・ 正平調 八葉蓮華
 北国に自生する雪椿(つばき)という花がある。真っ白な雪と赤い花。鮮やかな対比が目に浮かぶようだ。では、雪に桜なら‐。そんな風景が思いもかけず、立ち現れた

 強い寒気の影響で、きのうは兵庫県内も軒並み真冬のような冷え込みとなった。神戸ではその前夜から雪やみぞれが時折舞い、但馬では積雪を記録した。一方で、桜の開花が進む。ピンクの花びらに雪が舞い散る様子が、あちこちで見られた

 雪月花は、日本の四季の象徴だ。雪は冬、花は春、月は秋を代表する。万葉集では花は梅を意味したが、平安以降は次第に桜を指すようになったという。ただ、雪と桜の二つを同時に目にする機会は多くない。天気に振り回される日々が続くが、自然の計らいに感謝する気持ちの余裕も持ちたい

 俳人の宮坂静生さんによると、日本人は雪と花に四季の情緒だけではなく、さい先のよい兆しも見て取った。「み吉野の山べにさけるさくら花雪かとのみぞあやまたれける」(紀友則「古今和歌集」)。吉野の桜を雪に見立てたこの和歌は、そんな心の表れだという

 このところ、朝夕は0度前後の寒さだったが、日差しには風光る季節を感じた。きょうからは戻り寒波も遠のき、徐々に暖かくなるそうだ。桜の満開は間近に迫っている

 そういえば、きのうは十五夜の満月でもあった。偶然にも、この時期に雪月花がそろった。世の中がよくなる兆しであれば、いいのだが。

 正平調 神戸新聞 2010年3月31日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-31 23:56 | 正平調
平城遷都1300年、まちに歴史が積み重なった京都とはまた違う楽しみ・・・ 凡語 八葉蓮華
 近鉄電車は奈良駅に着く手前で、広い原っぱを走り抜ける。そこが平城宮跡だ。左手遠くに、復元された大極殿の鴟尾(しび)がきらめく。平城遷都1300年を迎えた奈良は今、万葉集にうたわれた「あおによし奈良の都は咲く花の…」通りの美しい季節だ

 唐の長安を模した平城京は、大極殿を核にした政治都市だった。次の遷都までわずか74年間。律令(りつりょう)制に基づく中央集権を進めながら、仏教を積極的に取り入れ、おおらかな天平文化を開花させた

 宮外に建った寺院は数多く現存するのに、平城宮は廃都の後、放置され、やがて畑になった。幕末、地元の歴史地理学者が手製の測量車であぜを歩き、概要図に起こした

 これが機になり、明治時代に保存運動が始まった。戦後は国の発掘調査が進み、1キロ超四方の平城宮の全容が明らかに。世界遺産にも指定された。集大成の大極殿復元は約10年をかけた大事業だ

 瓦屋根の二層構造や壮麗な装飾は、唐招提寺や平安宮の記録を参考にした。幅44メートル、高さ27メートル。周辺は視界を遮る建物が少なく、往時への想像力をかき立てる。まちに歴史が積み重なった京都とはまた違う楽しみがある

 来月からは、大極殿の公開や複数の復元遣唐使船プロジェクトなど事業が続く。近隣国との旺盛な交流で新しい国づくりを試みた平城京。催しを楽しみながら、東アジアの中の日本を見つめ、現代につながるヒントを探したい。

凡語 京都新聞 2010年3月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-30 23:56 | 凡語
毎日を新鮮な気分で過ごすには締め切りに追われるぐらいがちょうどいい・・・ 日報抄 八葉蓮華
 年度の変わり目が近い。手持ちの仕事にけりをつけ、後任に引き継ぐ。異動や転勤を控え、暦とにらめっこしながら、最後の業務に追われている人もいるはずだ

 仕事や宿題の締め切りはプレッシャーになるけれど、一方でその効用も見逃せない。ここまでと期限が決まっていれば少々の無理は利く。終わりがあると思うから耐えられる

 本県を含む全国各地に残る「八百比丘尼(びくに)」伝説は、「シ」という人生の締め切りを手放してしまったことの悲哀を描いている。人魚の肉を食べ、永遠の若さと命を得て何百年も生きた娘が尼となり、最後には世をはかなんで自ら命を絶つ

 子どものころに八百比丘尼の伝説に感心し、いまは日々締め切りを意識せざるを得ない身としては政界が別世界に思える。鳩山政権のこれまでの歩みを振り返れば重要政策の決定期限はあってないようなものだし、先送りしてもそう気にしているように見えない

 唯一、政治家が神経をとがらせているのは7月の参院選という締め切りだろう。民主党も自民党も世論にらみの内輪もめが続く。八百比丘尼は不老長寿を手にして一人残される寂しさを味わい、政治家は選挙を過ぎても何とか生き延びなければともがいている

 コラムニストの山本夏彦さんが「世は〆切(しめきり)」という一文を残している。「そこにいるものはずうっといると思うように我々は出来ているが、むろん誤りである」。安定思考への戒めだろう。毎日を新鮮な気分で過ごすには締め切りに追われるぐらいがちょうどいいのかもしれない。

日報抄 新潟日報 2010年3月29日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-29 23:56 | 日報抄
心身を安心安全に保つ「みんなのスポーツ」健康志向も手伝って・・・ 大自在 八葉蓮華
 今では各国がスポーツ政策の指針に取り入れている「スポーツ・フォー・オール」。スポーツを才能や機会に恵まれた一部の競技者だけのものではなく「みんなのスポーツ」ととらえ、生涯を通じて楽しもうと普及振興の掛け声ともなっている

 60年代以降、産業化、都市化に激しくもまれ始めた先進諸国は、余暇時間の増大や人間疎外などの問題に直面。この解決にはスポーツが一番と、性差・年齢・階層を越えてすべての人々で享受しようとEUの前身、欧州評議会が憲章として75年採択し、世界的に広まった構想だ

 国内では近代スポーツ導入以前から知徳体(知育・徳育・体育)は人づくりの根幹とされてきているが、昨今は医療行政と相まって一段と体力づくりが叫ばれる。さらにチェスや囲碁もマインドスポーツと数えられるように、音楽や美術と並んでスポーツを文化ととらえる動きも際立ってきた

 フィットネスクラブがにぎわい、土日ともなれば校庭は少年クラブの活動で親子の歓声に包まれる。ゲーム感覚の新種目にも取り組む市民は多く、郊外では身仕度も万全な高齢者のウオーキングの列にあちこちで出くわす

 競技結果を一覧する本紙「市民スポーツ」欄も毎週、地域ごとに紙面を作り換えても収まりきれないほどだ。スポーツを楽しむ姿勢は備わってきたが、五輪の熱狂の急速な冷め具合を見ても常にスポーツのありようを考える姿勢はまだまだ未熟である

 とまれ、体は少しでも動かしたい。それも少しでも違った環境の下で。心身を安心安全に保つにも閉じこもりから一歩踏み出したい。スポーツをその手段ともしたい。春真っ盛り、絶好の機会である。

大自在 静岡新聞 2010年3月28日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-28 23:56 | 大自在
ネット検閲「カーテン」情報の流れは誰にも止めようがない・・・ 正平調 八葉蓮華
 竹はまっすぐに伸びる。生命力が旺盛で、寒さにも耐える。縦にすっぱりと割れるが、横からの圧力にはめっぽう強い。それがこの植物の特徴だ

 東西冷戦の時期、中国が西側との情報などの行き来を制限したことがある。欧州では、こうした東西間の壁を「鉄のカーテン」と表現したが、中国の場合はアジアの竹の強靱(きょうじん)さにたとえ、「竹のカーテン」と呼ばれた

 その中国が開放路線に転じて久しい。世界同時不況の中でも驚異的な成長を持続し、いまや世界経済になくてはならない存在だ。「竹のカーテン」も過去の話だと思っていたが、そうとも言い切れない状況になってきた

 米ネット検索最大手、グーグルが中国本土から撤退し、香港経由でのサービスに切り替えた。政治的な言葉に対する中国政府の検閲を批判してのことだ。だが早速、特定サイトの接続に問題が生じた。中国当局による接続制限の可能性があるという

 中国がどのような主張をするにせよ、そもそも開かれたネットの世界に障壁は似合わない。文字通り木に竹を接ぐようなものである。老子のいうように、水は高きより低きへと流れるのが自然だ。情報の流れも同じだろう。自然な流れは誰にも止めようがない

 「その身が正しければ、命令しなくても行われる」。論語の言葉だ。相手に服従を強要するのではなく、物事を自由と良識に委ねる。大国の度量を示すことこそ、肝要ではないか。

 正平調 神戸新聞 2010年3月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-26 23:56 | 正平調
「仕事と休み」日本人の休みに対する考え方、ライフスタイル・・・ 凡語 八葉蓮華
 フランスから、ノワールさん親子が京都へ久しぶりに「里帰り」をした。友人が集い、食事をしつつフランスと日本の両国の魅力や考え方の違いなどについて歓談した

 息子のミキオさん(28)は高校の途中まで京都市内で暮らした。今はプロバンスのカマルグ地方で乗馬の観光ガイドをしている。湿地帯を散策してフラミンゴなどが見られる名所。休暇をゆったりと過ごす家族連れが多いそうだ

 元短大助教授で母親のマリルネさん(67)は「フランス人は次の休みに何をしようかと、いつも頭の中で考えています。人生は短いです。仕事だけでなくいっぱいいろんなことをしたい。仕事と休みをバランス良く」と人生観を語る

 日本人は熱心に働き、戦後の経済成長をなし遂げた。その一方、長時間労働や過労シを招いてしまった。健康や家族とのだんらんなど休む大切さは徐々に浸透してきたが、有給休暇の取得はフランスに比べて、はるかに少ない

 政府は先ごろ、日本を5ブロックに分けて春と秋に土、日曜を含め5連休をずらして設ける案を打ち出した。「休暇取得の分散化」で観光による内需拡大や雇用を促すことになればとのねらいだ

 初の試みで産業面の影響を懸念する声もあるが、日本人の休みに対する考え方、ライフスタイルを変える転機になるかもしれない。気兼ねなく休める社会を実現するために、フランスの良い部分を学びたい。

凡語 京都新聞 2010年3月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-25 23:56 | 凡語
生誕100周年「黒沢明」作品上映会や展覧会など記念事業が目白押し・・・ 大自在 八葉蓮華
 勤続30年の模範的役人だった某市役所の市民課長が、不治の病にかかった上家族にも裏切られ、人生を見詰める。孤独と絶望のふちで生きる意味を見いだそうと奮い立ち、下町住民の念願だった下水工事と小公園を苦労の末に完成させる。小雪の夜更け。公園のブランコに乗る彼が幸せそうに歌う。命短し恋せよ乙女…

 黒沢明監督作品「生きる」。主演の名優志村喬が最期の晩に歌う「ゴンドラの歌」は心にしみこんでくる。非人間的な官僚主義を痛烈に批判する一方で人が生きる意味を問いかけ、ベルリン映画祭銀熊賞を受けた。もう58年も前の作品だがテーマは今も生々しい

 きょう23日は黒沢監督の誕生日である。1910年(明治43年)に生まれ、88歳で他界した。生誕100周年の今年、作品上映会や展覧会など記念事業が目白押しだ

 監督は伊豆・富士山ろくをロケ地に好んだ。伊豆市の老舗旅館「御宿さか屋」は昭和27年以来長年脚本執筆の定宿だった。「映画には伊豆の風景があちこちに出てくる」と女将の城所美弥子さん。「周囲を開発しないように」という監督の助言に従い宿を守ってきた。御殿場市に別荘もあり、よく通った近くのゴルフ場には直筆の富士の絵が残る

 「羅生門」でベネチア国際映画祭金獅子賞、「七人の侍」で同銀獅子賞、「影武者」ではカンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールを受けた。「椿三十郎」「赤ひげ」も格別だ。G・ルーカスやS・スピルバーグら海外の監督にも影響を与えた

 「世界の黒沢」「天皇」と呼ばれ、逸話に満ちた完ぺき主義から近寄りがたい印象がある。しかし、ゆかりの地の人の思い出話には正義感やヒューマニズムに貫かれた優しさが漂う。

大自在 静岡新聞 2010年3月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-23 23:00 | 大自在
B級グルメの恐るべきパワー、本場に食べに行こう・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 世の中で予想外の展開をたどることの例えに、昔はレコードのB面の話がよく引き合いに出された。表側のA面はヒットを狙った曲が収録され、裏のB面は付け足し的な意味合いがあった

 ところが、意に反してB面の曲が大ヒットすることがある。ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」やGARO(ガロ)の「学生街の喫茶店」はB面の歌だったが、大流行して当事者を驚かせた

 全国的に話題を呼んでいるB級グルメも、そんな感じではないか。各地の大衆食堂で裏メニューだったような品が多く、関係者は今の人気ぶりに目を丸くしているに違いない

 20、21日に津山市で開かれた「おかやまB級グルメフェスタin津山」は大盛況で、B級グルメの恐るべきパワーを感じさせた。青森から福岡まで全国16県から54品が提供された。会場は人波が絶えず、あちこちのブースに長蛇の列ができた

 地元の津山ホルモンうどんや秋田県の横手やきそばなど、人気の品は数時間待ちの状態が続いた。それでもみんな、うれしそうで満足げな表情が印象的だった

 あまりの行列に降参し、目当ての品をあきらめた家族連れの反応がすごかった。「今度、本場の秋田に食べに行こう」。B級グルメの力、恐るべしである。

滴一滴 山陽新聞 2010年3月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-22 23:56 | 滴一滴
球春「愉快にてみちたる」プロ野球、高校野球・・・ 正平調 八葉蓮華
 正岡子規が野球について、こんな一文を書き残している。「ベース、ボールほど愉快にてみちたる戦争は他になかるべし」。野球を「戦争」とは物騒な例えだが、一投一打の勝負に熱中する気分が伝わる

 実際、子規の野球への入れ込みようは人一倍だったようだ。友人で俳句の門下生でもある河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)は直接、野球の教えを受けている。「子規と私とを親しく結びつけたものは、偶然にも詩でも文学でもない野球であったのだ」(「子規の回想」)

 子規の野球熱はいよいよ高まり、幼名の「升(のぼる)」にちなみ「野球(のボール)」という雅号を名乗った。「投手」や「シ球」「打者」などの訳語も考案した。そうした功績で8年前には野球殿堂に迎えられた

 その子規が亡くなって百年余り。最近は野球を詠んだ俳句が珍しくなくなった。季語の「球春」は古い歳時記にはない言葉だ。だが、天国の子規なら「少しも差し支えなし」と深くうなずくに違いない

 きのう、プロ野球のパ・リーグが戦いの火ぶたを切って落とした。そして、きょうは選抜高校野球大会の開幕だ。本格的な球春の訪れである。折しも、阪神なんば線がきのう開通1年を迎えた。西は姫路、東は伊勢志摩、名古屋までが線路で結ばれ、真ん中に甲子園球場がある

 沿線が野球で沸き立つ図を想像すると気分が弾む。桜もようやくほころび始めた。「愉快にてみちたる」球春になりそうだ。

正平調 神戸新聞 2010年3月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-21 23:56 | 正平調
働く親の頼みの綱「学童保育」親も子もピカピカの笑顔で・・・ 日報抄 八葉蓮華
 就活、婚活をクリアしても次は「保活」の苦労が待ち受けているという。週刊誌アエラの8日号が、東京でわが子を希望する保育園に入れるのがいかに難しいかを伝えていた

 大都会のように待機児童がいるわけではないが、新潟市でも保育園はどこも飽和状態に近い。所によっては第1希望の園に入れなかったという話も聞く。ただ、保育時間の延長が可能な保育園時代はまだいい。問題は小学校に入ってからだ

 特に新1年生は下校するのが早い。学校から帰った子どもを一人で家に置いておくのは心もとない。祖父母や親せきにも面倒を見てもらえないとなると、働く親の頼みの綱は放課後児童クラブ(学童保育)である

 県内で学童保育を利用する子どもは昨年5月現在、1万4319人。2005年から3千人、クラブ数は約70カ所増えた。政府がまとめた「子ども・子育てビジョン」でも、保育所待機児童の解消や学童保育拡大の数値目標を掲げる

 そんな中、間もなく新潟市に新たなスタイルの学童保育施設がオープンする。スーパーの空きスペースに施設を作り、NPO法人が運営する。送迎などの利便性がよく、店としても保護者の来店が期待できる。買い物客ら地域住民と子どもたちの交流も生まれるかもしれない

 「誰もが希望する幼児教育と保育サービスをうけられるように」。子育てビジョンはそううたう。卒業式も各地で行われており、今度は入園・入学シーズンだ。「保活」に不安を感じることなく、親も子もピカピカの笑顔で春を迎えてほしい。

日報抄 新潟日報 2010年3月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-03-19 23:55 | 日報抄