髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
食卓に上る漬物が減っているのは、なんとも気がかり・・・ 凡語 八葉蓮華
 「漬物とみそ汁があれば十分」。昭和30、40年代の子どものころ、朝食に漬物は欠かせなかった。弁当にもおふくろが漬けた漬物が2切れほど、ごはんにのり、漬物は常に食卓を飾っていた

 そんな漬物の消費が最近、落ちている。業界団体によると、生産量は1991年の120万トンをピークに減り、現在は90万トンほどに。塩分の多さや漬物の主流である発酵食品独特の臭みが、若者に敬遠されているという

 「おいしく食べてもらい、食事の話題になる漬物を提供したい」。2年前に亀岡に漬物会社を立ち上げた西村貴之さん(36)の思いは一貫している。「細工漬物」と呼ばれ、添え物としての漬物のイメージを一新させる

 売れ筋の「菊かぶら」はカブラに細かく縦横に包丁を入れ、クチナシの実から採った天然色素とともに、浅漬けして仕上げる。すべて西村さんの手作業で、多い日は千個近くも刻む。ゼリーで固めた「柚子(ゆず)とまと」も人気商品だ

 西村さんは中学卒業後、京都市内の老舗漬物会社に就職したが、その会社が廃業。「鍛えた腕と商品開発には自信がある」。今では100種類近くの漬物を考案し、売り上げも順調だ

 千枚漬け、しば漬けなどは京土産の代表格として健在。だが、食卓に上る漬物が減っているのは、なんとも気がかり。「いいものを作れば、お客さんは予約し待ってでも買ってくれる」。西村さんの言葉が重く響く。

凡語 京都新聞 2010年4月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-30 23:56 | 凡語
検察審査会(検審)の存在がクローズアップされている・・・ 大自在 八葉蓮華
  “民意”が検察の判断に「待った」を掛けた。小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入問題をめぐる事件で、検察審査会(検審)が不起訴になった小沢氏について「起訴相当」と議決した。不起訴に対し、市民団体が国民目線に立った判断ではない―と審査を申し立て、検審が審査を進めてきた。検審を構成するのは市民の代表11人である

 昨年5月21日、裁判員制度がスタート。同じ日、改正検察審査会法が施行され、検審の議決が法的拘束力を持つようになった。それまで、起訴相当としても、起訴されないことも少なくなかったことから、民意はどこへ―の声も出ていた

 ここへきて、検審の存在がクローズアップされている。9年前に11人がシ亡した兵庫県明石市の花火大会事故で、当時の明石署副署長が今月20日、在宅起訴された。これは強制起訴すべきとした検審の議決に基づくものだった

 おとといは、鳩山由紀夫首相の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件に関して議決した。首相に対する検審が下した判断は「不起訴相当」で、首相サイドは安どの表情だったとか。だが、その表情もすぐ引き締まったはずだ

 検審は決して“シロ”と認めたわけではなかった。証拠不足ゆえの不起訴相当だった。さらに、政治資金規正法の不備を鋭く指摘して改正されるべきと迫り、首相が提出した上申書の内容については、素朴な国民感情として考えがたいと断じた

 起訴相当の議決は、11人中8人以上の賛意が必要だ。小沢氏の場合は11人全員の答えが一致した。検審総意の議決は、民意を代弁したものでもあるというのに「意外だ」と小沢氏。永田町の住人に、やはり民意は理解できないのか。

大自在 静岡新聞 2010年4月28日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-28 23:56 | 大自在
初々しい新人たちは、切磋琢磨しながら、階段を一段ずつ上がっていく・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 「西も東もわからぬ若輩者ではありますが」。歌舞伎や落語など古典芸能の世界では若手の襲名披露などで、こんな口上が決まり文句になっている。居並ぶ花形役者たちの語り口も、個性にあふれていて楽しい

 宝塚歌劇でも毎年春、恒例の口上がある。2年間の宝塚音楽学校でのレッスンを終え、歌劇団に入団した新人たちの“初仕事”だ。今年も今月中旬から宝塚大劇場(宝塚市)で始まった月組公演で、開演の前に38人の新タカラジェンヌがステージに並ぶ

 全員が紋付きに緑色のはかまという歌劇団の正装だ。公演ごとに3人ずつ交代で劇団員としての抱負や決意を述べ、団歌を斉唱する。伝統にのっとった変わらぬスタイルだ

 岡山市出身の和希(かずき)そらさんもその一人。音楽学校での成績も優秀な男役だ。岡山県出身の現役タカラジェンヌとしては5人目になる

 初々しい新人たちは、これからは同期と切磋(せっさ)琢磨(たくま)しながら自らの個性をアピールし、スターへの階段を一段ずつ上がっていく。今回の月組公演で娘役トップを務める蒼乃(あおの)夕妃(ゆき)さん(岡山市出身)は、入団7年目で大輪の花を咲かせた

 もちろんトップになれるのは一握りだが、競争を通して磨かれていくさまには目を見張るものがある。ふ化したひなたちの、大きく羽ばたく日が楽しみだ。

滴一滴 山陽新聞 2010年4月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-27 23:56 | 滴一滴
昭和の懐メロを歌う「あの歌この歌」時代を映す歌謡曲の調べが人々を魅了する・・・ 正平調 八葉蓮華
 浅草には雷門や浅草寺があり、建設中の新タワー「東京スカイツリー」が望める。ほかにも皇居の周辺や、名店がひしめく銀座など、東京の観光スポットは多い。観光客数は、年間4億人を超える

 その東京観光で多くの人に親しまれてきたのが「はとバス」だ。終戦から4年後に半日間の定期観光事業を始めた。ガイドは5日間で猛特訓したという。やがて高度成長期に入り、ピークの1965年には122万人が乗った

 東京タワーなどの名所が次々とでき、人気は定着。作家の川端康成は「女であること」に「夜のお江戸コース」を登場させている。映画の「ALWAYS 三丁目の夕日」には、営業所の看板も出てくる

 いま人気を集めるのが、昭和の懐メロを歌う「あの歌この歌 東京ドライブコース」だ。往年のガイドと「有楽町で逢(あ)いましょう」や「銀座カンカン娘」などを歌いながら、ゆかりの地を巡る。1日だけの予定だったが、申し込みが殺到し、6月末まで延長された

 兵庫でも、JR加古川線で市民グループが歌声列車を運行している。生バンド付きで懐メロなどを熱唱するのが受け、毎回、定員の5倍もの応募があるそうだ。昭和への懐かしさに加え、時代を映す歌謡曲の調べが人々を魅了する

 黄金週間が迫ってきた。景気回復を実感できない中、自宅で過ごす人も多いようだ。せめて懐かしの歌を口ずさみ、想像の中で街巡りを楽しみたい。

 正平調 神戸新聞 2010年4月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-26 23:56 | 正平調
日高さんの追悼特集「面白い」が最高のほめ言葉・・・ 凡語 八葉蓮華
 鼻を使って歩く奇妙な哺乳(ほにゅう)類が、南太平洋のハイアイアイ群島で発見された。多くの種類に分化し、空を飛ぶものもいる-

 もちろんフィクションだが、「鼻行類」と題された本には、生態や体の構造が学術論文のように精密に書き込まれている。書店で最初に見かけた時は本当と信じかけた。原著はドイツ語で、昨秋亡くなった動物行動学者の日高敏隆さんらが翻訳した。「面白い」が最高のほめ言葉だった日高さんらしい著作の一つだ

 戦争中、小学生だった日高さんは体が弱く、軍国教育になじめなかった。登校拒否になり自サツまで考えたが、昆虫採集が大きな救いになったという。面白いことが好きな原点はそのあたりかもしれない

 昆虫の研究者や愛好家の月刊誌「昆虫と自然」(ニューサイエンス社)が、日高さんの追悼特集を4月号で組んだ。昆虫写真家の海野和男さんをはじめ、東京農工大や京都大で教えを受けた人たちがそれぞれに思い出をつづっている

 薫陶を受けた研究者たちが、発見した新種の昆虫に日高さんの名前を付けた。その一つ、東南アジア産のヒダカマダラクワガタは体長わずか5ミリ。あまりに小さくて日高さんも苦笑いだったという

 追悼特集のグラビアには、捕虫網を手にする若き日の日高さんが掲載されている。春も盛りを迎え、舞い飛ぶチョウの数が増えてきた。喜々として網をふるう日高さんの姿が思い浮かぶ。

凡語 京都新聞 2010年4月25日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-25 23:56 | 凡語
復興へ力、奈良の古寺と仏像-會津八一のうたにのせて・・・ 日報抄 八葉蓮華
 手前みそで恐縮だが、小紙の題字「新潟日報」は、新潟市名誉市民で歌人の会津八一の手になる。八一は東洋美術の研究家として、寺社や仏像などの芸術的価値を世界に広めた

 今年は平城京遷都、つまり奈良に都が定まって1300年の節目だ。八一の歌碑は全国に41基あるが、奈良県には、本県の13基を上回る最多の15基があるそうだ。3年前には興福寺にも建立された。「はるきぬと いまかもろびと ゆきかへり ほとけのにはに はなさくらしも」

 春が来た。今ごろ興福寺は人々でにぎわい、仏のいる寺の庭は桜が咲き乱れていることだろう-。この歌から、八一がどれほど奈良を愛していたか。深い精神性が伝わると、当時、小欄で除幕式の様子を紹介している

 明治維新後の廃仏棄釈で、興福寺は金堂が留置場にされるなど、廃寺同然の危機に陥る。「秋風や囲いもなしに興福寺」(子規)と寂しい句も生まれた。だが、八一は公園になった興福寺の土地を「ほとけのには」と詠んだ。「八一の歌は(寺や奈良の)復興へ力を与えてくれた」。興福寺の貫首は歌碑除幕に感無量だった

 きょう長岡市の県立近代美術館で「奈良の古寺と仏像-會津八一のうたにのせて」が開幕する。興福寺だけでなく、法隆寺や東大寺、薬師寺、中宮寺などの名刹(めいさつ)が、宝物を惜しげもなく貸し出してくれた

 「平城京遷都記念」に「震災復興祈念」が本県で重なる。奈良の寺の「復興」を応援した八一がいたからこそ、名だたる仏様が大挙して、中越の被災地にお出ましになるのかもしれない。

日報抄 新潟日報 2010年4月24日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-24 23:56 | 日報抄
就職活動、大学の単位取得やゼミ、卒論なども就活とにらめっこ・・・ 凡語 八葉蓮華
 景気に薄明かりが差してきたとはいうものの、「シューカツ」=就職活動が、大学生たちに心理的な重圧を与えている

 例年なら3年生の秋前後からといわれる就活に2年生から取り組む学生も出ている。大学側も、1年生から就職に向けた指導を始めるところが増えている。でもこんな傾向は望ましいのだろうか

 かつては企業側と大学側が就職協定を結び、採用活動が学業を妨げないよう、配慮をしていた。紳士協定のため、好況期には企業側が“青田買い”をして、問題にもなったが、全体としては歯止めの効果を果たしていた

 その就職協定が1997年に廃止された後、日本経団連は「採用に関する企業倫理憲章」を定めたが、就活の早期化傾向は止まらない。学生にすれば、大学の単位取得やゼミ、卒論なども就活とにらめっこして決めなければならない。なんだか本末転倒のように思える

 学生が企業で研修できるインターンシップなどは積極的に行えばいいが、採用選考は、やはり4年生以降で十分ではないか。昨今の状況を見ていると、就職協定の復活も必要では、と思えてくる

 就活体験記には面接時のノウハウや提出書類の書き方だけでなく就活を通じて自分を見つめ直す話が載っている。効用もあるだろう。ただ大学は就職用の通過機関ではない。勉強だけでなく、友と語り、悩み、本を読み、無為にすごす日々を取り上げたくない。

凡語 京都新聞 2010年4月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-20 23:56 | 凡語
甘い言葉「ご用心」相手を持ち上げ、気分よくさせる・・・ 日報抄 八葉蓮華
 「職業はニンジャです」と名乗る若者が、米国で増えている。先日の本紙が小さく伝えていた。本物の忍者が突然、かの地に出現したわけではない。困難な業務をやり遂げる専門職のことだそうだ

 情報技術(IT)分野などで使われるらしい。大勢で攻め入るのではなく敵のとりでに単身潜入し、高い能力で不可能と思われる目的を遂行する。そうしたイメージを反映したものだろう

 日本でも伊賀、甲賀、風魔などを題材にした小説や漫画の人気は高い。戦国時代の武将が忍者を抱えていたのはよく知られる。中島篤巳さんの「忍術秘伝の書」などによるとラッパ(乱波)、スッパ(透波)などの呼び方があるそうだ

 武田信玄は甲州スッパを使い、他国の実情を探った。わが越後の上杉謙信のスッパは「軒猿(のきざる)」の異名をとった。隣であくびをするおじさんが軒猿の子孫かもしれないと考えると、楽しくなる。不思議な術で火や水をかいくぐり…というイメージが強いけれど、実は忍術の秘伝には人間の心理に関する項目が多いという

 人は自慢話をさせてくれる相手を好む。いかに相手を持ち上げ、気分よくさせるかが腕の見せどころだ。「なるほど」「さすが」と相づちを打ち、欲しい情報に近づいていく。出世できずに不満がいっぱいの家臣や、領主の愛を失った女性などが狙われやすい

 お年寄りなどを狙った不当な訪問販売や電話を使った詐欺が絶えない。顔も知らない人が、甘い言葉を乱発して近づいてきたらご用心。忍者の策略は小説で楽しむだけで十分だ。

日報抄 新潟日報 2010年4月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-19 23:56 | 日報抄
「発明の日」首から上を働かせれば無限の富を生み出す・・・ 大自在 八葉蓮華
 トーマス・エジソンは84年の生涯に1300件もの発明を重ねている。白熱電球や電話機、蓄音機…どれも大量生産・大量消費の道を切り開いて、彼の発明がなければ人類史は100年遅れていたと例えられるのもうなずける

 計り知れない努力から生み出されたひらめきは11日に1件のスピードだったとはじく物好きもいるが、「首から下で稼げるのは1日数ドルだが、首から上を働かせれば無限の富を生み出す」と言い放ったエジソンの姿勢を保障する制度、特許権があってこそだったろう

 その1世紀前、科学史にも足跡を残した政治家ベンジャミン・フランクリンは自らの処世訓「彼は富を所有しているのではなく、富が彼を所有しているのである」の下に避雷針や遠近両用眼鏡など一切の発明を社会に還元して、汗の代価を求めなかった

 かたや発明王、こなた建国の父として2人の名は米国史にくっきりと刻まれるが、国内では自動織機の豊田佐吉や養殖真珠の御木本幸吉、さらに高峰譲吉や池田菊苗、鈴木梅太郎らが10大発明家として、毎年4月18日「発明の日」に顕彰される

 ついでと言ってはならないが、日本点字を考案、点字器・点字ライターも開発して普及に尽くした石川倉次の歩み、乳酸菌飲料の開発者三島海雲が説いた国利民福の精神も思い出したい。社会貢献とは何か、あらためて考えさせられる

 世界の特許出願件数は矢継ぎ早である。内容も高度化・複雑化して、やれ中国躍進、やれIBMトップと国別企業別ランキング争いも激しく、国際摩擦も顕著になってきた。安全安心な暮らしをもたらす発明にもスピードが求められる時代は存外に、穏やかでないのかもしれない。

大自在 静岡新聞 2010年4月18日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-18 23:56 | 大自在
精神的支え「歩んできた道」社会生活に積極的に参加・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 天下の名園、岡山市の後楽園に板を継ぎ渡した八橋がある。観光客に人気の場所だが、渡ると板が上下して少々怖い

 「三十センチほどの幅しかないジグザグの八橋をわたりたくなったわたしに、あなたはしりごみもせずに、ゆっくり誘導してくれました。わたしは、橋の幅だけしっかり確認して、カニ歩きで、あなたの後をついていきました」

 渡り切った喜びをかみしめたのは子どものころ失明した戸井美智子さん、あなたと言っているのは盲導犬アルティアだ。児童書「七頭の盲導犬と歩んできた道」(沢田俊子著、学研教育出版)に、後楽園を訪れた時の様子が載っていた

 戸井さんは1929年生まれで、64年に日本の女性で初めて盲導犬ユーザーになった。困難だった外出が、盲導犬となら1人ででき、行動範囲が飛躍的に広がった。仕事も生き生きとこなしてきた

 先月、名古屋地裁で全盲の男性と横断歩道を渡っていてトラックの犠牲になった盲導犬をめぐる判決があった。地裁は「盲導犬は視覚障ガイ者の目の代わりで、精神的支え。男性が社会生活に積極的に参加し、自立することを可能にした」と強調した

 街で盲導犬と出会って戸惑う人は、まだ多い。体にさわったり、食べ物を与えたり、盲導犬の気を散らすことをしないのが鉄則だ。

滴一滴 山陽新聞 2010年4月17日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-04-17 23:56 | 滴一滴