髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧
「第五福竜丸」 太平洋のビキニ環礁付近で水爆実験に遭遇し・・・ 大自在 八葉蓮華
 世界遺産「紀伊山地霊場と参詣道」は、神道、修験道、真言密教の3霊場と深い森が混然となった神秘的な魅力に満ちている。日本書紀によれば、神話のイザナミノミコトを葬ったのもここ熊野。熊野は大昔から霊のこもる場として知られ、やがて聖地と仰がれるようになった

 山だけでなく海にもかかわりの深い熊野信仰がある。観世音菩薩の補陀落[ふだらく]浄土にあこがれ、信心深い人々が単身海を渡ろうと熊野灘に小舟で乗り出す「補陀落渡海」が伝えられている

 第五福竜丸はこの熊野に縁がある数奇な運命の船である。もともと熊野のマツ材を使い和歌山県内で遠洋カツオ漁船として造られた。神奈川県三崎港所属船として4年間働いた後、清水港で遠洋マグロ漁船に改造されて焼津港所属となった

 1954年3月1日、太平洋のビキニ環礁付近で米国の水爆実験に遭遇して被ばくし、歴史に名を残すことになる。船が持ち帰った放射性降下物は極秘だった新型核兵器の存在を暴露した。当時の政府は機密保持のために船を買い上げ、やがて東京水産大の練習船に改装して船名も変えた

 11年後に払い下げを受けた解体業者は、船体を東京湾のごみ処理場に放置して部品を売却した。エンジンは三重県の貨物船が搭載したが、翌年、熊野灘で沈没した。熊野に生まれ心臓部が熊野に帰る。「熊野信仰をほうふつとさせる」とエンジンを引き揚げた地元の人が話していた

 明日は核兵器廃絶を願う焼津市の「第五福竜丸事件6・30市民集会」だ。船体保存で事件を伝え平和を訴えてきた東京都立第五福竜丸展示館に第1回焼津平和賞を贈る。深く重い史実を背負った船を、あらためて心に刻んでほしい。

大自在 静岡新聞 2010年6月29日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-29 23:56 | 大自在
情報公開の強化など「透明性」は時代のキーワード・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 梅雨の選挙戦には傘が欠かせない。選挙用の傘があると聞いて、東京・浅草にほど近い雨具問屋を訪ねた。ビニール傘ではあるが、1本4830円で高性能だ

 街頭演説を行う候補者に差しかけるため、半径65センチと大きめ。骨にグラスファイバーを使い、丈夫で軽い。風で吹き飛ばない工夫をし、強風にも耐える。何よりも有権者から見やすいよう、ビニールの透明度が高いのが特長だ

 選挙戦を政策本位にするため、各党がマニフェスト(政権公約)を出すことが定着してきたが、透明度はどうだろう。東京都内で開かれた民主、自民両党の参院選マニフェストに対する検証大会では、民間シンクタンクなどから酷評が相次いだ

 「前回の衆院選から、どこをどう修正したのかあいまい」「政策の羅列で、体系的でない」など。大会後、経済同友会の桜井正光代表幹事は「国民に対し、かなり分かりにくくなった」と語った。有権者が政策を見通すのは容易ではない

 内閣府の「行政透明化検討チーム」。蓮舫行政刷新担当相を座長に、有識者を含めて行政の情報公開の強化などを議論している。先日の会合で、「透明性」という言葉を法改正の理念に盛り込む方向で合意した

 「透明性」は時代のキーワードだ。選挙を戦う各党にも競ってもらわねばならない。

滴一滴 山陽新聞 2010年6月28日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-28 23:56 | 滴一滴
ホタルの光を追いながら、自然を慈しむだけでなく、恐れ、備えることの大切さ・・・ 正平調 八葉蓮華
 神戸市東灘区を流れる住吉川に今年もホタルが舞った。草むらを漂う、青白い光。手に取ろうとする子どもたちを大人がそっとたしなめる。そんな姿を目にする

 都市部でホタルが生息する地域はそう多くはない。住吉川のホタルは、地元自治会などでつくる「住吉川清流の会」と広島県の自然保護団体が協力して、10年以上も幼虫の放流を続けた努力のたまものだ

 川沿いの住民も、地道な取り組みでホタルがすみやすい水辺の環境を守ってきた。散歩がてらお年寄りが空き缶などを拾う。夏は川の中に入ってゴミを集める人もいる。「清流の会」の清掃活動は親子連れの参加が目立つ。地域の川を慈しむ。その思いが大人から次の世代へと受け継がれる

 大雨の夜、川べりを歩いていると、ホタルがすむ川面を突然、黄色い光の点滅が切り裂いた。警報発令を知らせる回転灯である。2年前に灘区の都賀川で起きた増水事故を教訓に設置された

 六甲山系の傾斜地から海に流れ込む神戸・阪神間の河川は、普段は穏やかでも、豪雨になれば牙をむく。72年前の7月に起きた阪神大水害では住吉川流域も泥の海となり、多くの命が奪われた

 川沿いの住宅地には、山から流れ出た巨石が残る。惨状を記録した碑もある。梅雨はこれからが本番。自然を慈しむだけでなく、恐れ、備えることの大切さも子どもたちに伝えたい。ホタルの光を追いながら、そんなことを考えた。

 正平調 神戸新聞 2010年6月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-27 23:56 | 正平調
映画は多種多様な文化や価値観を知るための扉、反感も共感も見ればこそ・・・ 凡語 八葉蓮華
 終盤、棒で突かれたイルカの血で海が赤く染まる。和歌山県太地町のイルカ漁を記録した米国の映画「ザ・コーヴ(入り江)」を見た。「秘密の入り江」で行われる残酷なサツりくを暴くという筋立てだ

 反捕鯨活動家は正義、漁師は悪との構図が貫かれる。地元側が撮影を拒んだため隠し撮りの手法が取られる。「事実誤認」「肖像権の侵害」との地元の抗議で、日本上映では漁師らの顔をぼかし、意見の対立点に字幕で説明を入れる配慮をした

 ところが、映画を「反日的」とする団体からの糾弾を受け、全国で上映中止が相次いだ。来月3日公開の京都シネマ(京都市下京区)も、自粛要請を受けた。2年前、話題作「靖国」を扱ったが、ネット抗議は初めてだ

 「既に多くの国で上映されており、京都の観客が見る機会を奪いたくないだけ」と神谷雅子代表は言う。「賛否両論あるが実際はどうなのか。まず、自分で確かめないと議論も批判もできない」

 映画の後味は正直、悪かった。しかし、アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞など海外での高い評価を考えれば、特に欧米の人々が「捕鯨国・日本」をどう見ているかを知る手がかりになる

 反感も共感も見ればこそだ。その先は、内容の真偽を自ら調べ、意見を戦わせたい。映画は多種多様な文化や価値観を知るための扉だ。どれを選び、開けるのか。そんな観客の自由を侵してはならない。

凡語 京都新聞 2010年6月26日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-26 23:56 | 凡語
国と地方を合わせて1千兆円にも膨らむ「借金」冗談のような現実が情けない・・・ 日報抄 八葉蓮華
 クレジット会社からの封書が最近よく届く。先ごろ「改正貸金業法」が施行されたためだ。「あなたの借金は年収の3分の1以内に制限されます」と教えてくれる。借金の総量規制は、多重債務などで自サツに追い詰められるような悲劇を防ぐ目的がある

 だが、この不況下、家族に黙って消費者ローンで生活費をやり繰りしてきた主婦らも多い。そんな人が「ヤミ金融」に手を出すことになっては本末転倒だ。返済猶予や生活支援など、きめ細かな救済策が欠かせない

 「借金上限3分の1」の改正法を、国家財政に当てはめたらどうなるだろう。2010年度の一般会計予算は約92兆円だが、主な収入である「税収」は37兆円にすぎない

 不足分は国債という借金で補う。その発行額は44兆円に達し、国債依存度は48%と過去最悪だ。貸金業者から「お貸しできません」と断られるのは確実である。そんな家計は遠からず自己破産か差し押さえに遭う

 財政法第4条は、戦前の軍備優先が招いた財政破たんを反省し、公債発行の原則禁止をうたう。それがなぜ、国と地方を合わせて1千兆円にも膨らむ惨状なのか。冗談のような現実が情けない

 きのう参院選が公示された。NHK「週刊こどもニュース」の初代お父さん役で、分かりやすい解説が人気の池上彰さんは、選挙とは「税金の使い方を決める代表を選ぶことです」と喝破する。投票まで約半月、消費税の増税論議だけに振り回されず、賢い税金の使い方や借金の返し方について、各党の公約をじっくり仕分けするとしよう。

日報抄 新潟日報 2010年6月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-25 23:56 | 日報抄
「キャンドルナイト」一年で一番短いその夜をロウソクの明かりで過ごす・・・ 正平調 八葉蓮華
 「暑い」と口にしても、暑さが消え去るわけではない。そうと分かっていても声に出てしまう。それが梅雨特有の蒸し暑さだ。「たゞあつし起(おき)てもゐてもころんでも」(正岡子規)

 モンゴルに留学した知人の話を思い出す。草原はこの時季、日本より強い日差しが注ぐ。ところが日陰は驚くほどひんやりしている。空気が乾いているからだ。日本に来たモンゴル人は「暑い」とこぼすが、それは身にまとわりつく湿気のせいである

 「梅雨期になるとまるで水蒸気の函(はこ)の中に万象がつかってしまう」。詩人の金子光晴はそう書く。それでも日が雲に隠れると、風がつかの間の涼を運ぶ。ここしばらくは雨の日が続くそうだが、にわか雨で急に冷え込むこともある。空模様には注意した方がいい

 商店街を歩いていると、道端にロウソクが並んでいた。ペットボトルを切った容器の中で小さな炎が揺れる。きのうは夏至だった。一年で一番短いその夜をロウソクの明かりで過ごす「キャンドルナイト」が、今年も各地で行われた

 夜、電灯を消すと闇が迫る。クーラーを消すと蒸し暑さが押し寄せる。それが夏だとかみしめる。1年かけて太陽の周囲をめぐる地球の動きを、あらためて想像してみる夜である

 一夜明けて、きょうからは夜が徐々に長くなる。月の光もさえざえとその輝きを増していく。寝苦しい夜が続くが、時には移ろう自然と向き合って過ごすのもいいか。

 正平調 神戸新聞 2010年6月22日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-22 23:56 | 正平調
激辛ブーム「トウガラシ讃歌」日本の食卓もやがて真っ赤に染まる・・・ 凡語 八葉蓮華
 トウガラシには不思議な魔力があるらしい。アメリカ原産だが、大航海時代の短期間で世界中に広がった。トウガラシに関する世界各地の食文化をまとめた「トウガラシ讃歌(さんか)」(八坂書房刊)には、真っ赤で辛そうな料理が数多く紹介されている

 編著者は国立民族学博物館名誉教授の山本紀夫さんで、「マイナーな作物に光を当てたかった」という。ジャガイモの起源やアンデスの民族学研究で知られるが、かつて博士論文のテーマにしたのはトウガラシだった。執筆は、写真家やシェフ、民族学者らが分担した

 カレー料理のインド、キムチや唐辛子みそがある韓国、トムヤムクンなど辛い料理で有名なタイあたりは想定できる。が、激辛の世界はさらに奥が深い

 ヒマラヤ山中、ブータンはトウガラシが野菜扱いで消費量世界一を自負する。イタリア南部・カラブリアの人たちは、旅行にもトウガラシの粉を持ち歩く。エチオピアにはコーヒーの青葉とトウガラシを使った飲料も…

 日本には16世紀に伝来したらしい。薬味にされる程度で料理の主役ではなかったが「近年は辛い料理がじわじわ広がっている」(山本さん)

 向日市で昨年始まった「京都激辛商店街」はすっかり定着し、激辛の刺激を求めて観光客が訪れている。トウガラシが栽培されていないモンゴルなども近年は激辛ブームだとか。日本の食卓もやがて真っ赤に染まるかも知れない。

凡語 京都新聞 2010年6月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-21 23:56 | 凡語
子どもや家族を見守るだけではなく、もう一歩前へ・・・ 日報抄 八葉蓮華
 それぞれの事情を抱える兄と妹が夜空の大輪に懸けた思いとは…。小千谷市の片貝花火に題材を得た映画「おにいちゃんのハナビ」の試写会を見た。撮影は小千谷を中心とした長岡市や新潟市などすべて県内で行われた。9月の公開を前に、エキストラを務めた地元の人らを招いての上映だ

 片貝の花火はもちろん、青々と光る田んぼ、村々をつなぐ坂道、白銀の世界と、新潟らしい映像がスクリーンいっぱいに広がる。兄役の高良健吾さん、妹役の谷村美月さんのひたむきな演技に引き込まれた

 家族愛もテーマの一つだ。父親役はおなじみ大杉漣さん。妻子思いだが、寡黙で、気持ちを素直に伝えられない。ひきこもった息子のほおをはたき、険悪になるが、いつも子どもたちを心配し見守る。ラストの花火の打ち上げシーンでは、あちこちからすすり泣きが聞こえた

 仕事に追われる父親の中には、子どもとゆっくり会話するのも難しい人もいる。自身も、単身赴任とはいえ、土日に娘や息子と「学校は楽しい?」と話すぐらい。これじゃあ親せきのおじさんとあまり変わらない

 一緒に住んでいても、小学生の娘さんと交換日記する先輩記者がいた。擦れ違いの生活から生まれた苦肉の策である。でも日記のことを話す先輩はうれしそうだった

 きょうは「父の日」だ。「母の日」と比べると影が薄いが、日ごろの自分の役柄を考えると仕方あるまい。子どもや家族を見守るだけではなく、もう一歩前へ。父の日とは、おとうさんがこの1年を反省する日かもしれない。

日報抄 新潟日報 2010年6月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-20 23:56 | 日報抄
苦難の宇宙飛行“昭和の子どもたち”子どもよりワクワクしている・・・ 大自在 八葉蓮華
 日本の経済成長が、そのスピードを速めていたころ、米国のテレビドラマにくぎづけになったことがある。未完成のタイムマシンによって主人公が過去や未来を漂流する「タイムトンネル」。主人公が世界史上の事件に遭遇、史実を交えた展開もあり、不思議なリアル感があった

 理科や科学が好きだったわけではないが、危機を次々突破していく主人公の科学者にあこがれたものだ。宇宙を飛び続け、7年後に奇跡的に地球に戻った小惑星探査機「はやぶさ」も、苦難の宇宙飛行を思えば、SF(空想科学)ドラマのような不思議さがある

 かつてSFもののとりこになったお父さんたちは「はやぶさ」の帰還に目を輝かせたことだろう。化学メーカーのクラレの調査によれば、そんなお父さんたちは今も昔も「理科が好き」なんだそうだ。半数近くが子どものころ、一度は「科学者になりたい」と思い、大人になった今も、9割以上が何らかの形で理科や科学に興味を持っている

 博物館や展覧会に行こう、と言い出すのはお父さんが74・5%と最も多く、「1人で行った」という理科好きお父さんも少なくない。日食など数十年に1度の天体ショーも、子どもよりワクワクしている父親像が垣間見えるという

 そういう“昭和の子どもたち”は、今の教科書が分量、難易度ともに物足りないと感じている、とも伝えている。子どものころ、理科のテストは苦手だったが、実験だけは楽しかったことを覚えている

 「はやぶさ」の運んだカプセルに、もし小惑星イトカワのほこりでも入っていれば人類の快挙だ。どんな教科書より、子どもたちに理科の楽しさや面白さを伝える格好の材料になるだろう。

大自在 静岡新聞 2010年6月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-19 23:56 | 大自在
世論は移ろいやすく敏感、国会が幕を閉じ、参院選へと・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 「パラダイスキス」は、若者に人気の矢沢あい氏の漫画だ。ワインをテーマにした「神の雫(しずく)」はテレビでも放映され、ご存じの人も多いだろう

 荒井聡国家戦略担当相の政治団体が東京都内の知人宅を「主たる事務所」とし、約7年間で1千万円以上の事務所費を計上していた。中に「パラダイス―」などの漫画本37冊の領収書があった。なるほど政治家は若者の動向を探り、時代に敏感でなければならないのか

 と思っていたら、マッサージやスーツ、下着代など事務所費と関係なさそうなレシートも出てきたという。以前物議をかもした「ナントカ還元水」はなかったが、荒井氏は「秘書が自費で買ったレシートが混入した」と処理が不適切だったことを認めた

 国会が幕を閉じた。開会中に首相が交代したのに予算委員会は開かれず、民主党は「政治とカネ」などの審議に応じないまま参院選へと突入した

 党の小沢一郎前幹事長は一時、政治倫理審査会で収支報告書虚偽記入事件を説明する姿勢を示していた。が、菅直人首相は「小沢氏は政治責任を取り自ら辞任した」と、荒井氏の事務所費とともに問題を封印した

 高支持率のうちに選挙をしたい気持ちがありありだが、世論は移ろいやすく敏感だ。とりわけ首相の言う「クリーンな政治」に関しては。

滴一滴 山陽新聞 2010年6月18日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-06-18 23:56 | 滴一滴