髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
民主党代表選「剛腕」雇用の不安や円高、株安…。国会はねじれ状態・・・ 正平調 八葉蓮華
 「乱」の文字がこの人ほど似合う政治家はいないだろう。民主党の小沢一郎前幹事長のことである。不思議な人だ。政界が混迷を深めるほど、存在感を増す

 その小沢氏が、民主党代表選に名乗りを上げた。出馬を求める声が強く、動向が注目されていた。党内最大の集団を率いる実力者だけに、菅直人首相は心穏やかではないだろう

 「剛腕」の異名を持つ。気に入らない意見は断固、退ける。小沢氏は決して調整型の政治家ではない。「壊し屋」とも言われる。自民党を飛び出して以来、新生党や新進党、自由党と政党を幾つもつくっては壊した。これまでの小沢流政治は「乱」の連続だった

 中国に「治世の能臣、乱世の姦雄(かんゆう)」という言葉がある。太平の世なら有能な役人だが、乱世なら策略にたけた英雄になれる、という意味だ。雇用の不安や円高、株安…。国会はねじれ状態。今が「乱世」なら、時代は「能臣」以上に小沢氏のような「姦雄」を求めているということか

 ただし、勘違いしないでほしい。小沢氏が「政治とカネ」の問題で幹事長を辞めたのは、わずか3カ月前だ。国民は釈明の言葉をほとんど耳にしていない。不信を剛腕で一掃できると思ったら、大きな間違いである

 庭の隅で秋の七草のオミナエシが黄色い花を咲かせている。花言葉は「約束を守る」。そのささやきを政治家は胸に刻んでもらいたい。国民不在の「乱」ならば暑苦しいだけだ。

 正平調 神戸新聞 2010年8月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-31 23:27 | 正平調
不漁が続き値段が上がっている「秋刀魚」これから、ますます旨くなる季節になる・・・ 大自在 八葉蓮華
 昔、さる殿様が遠乗りの途中、目黒辺りで焼き魚の旨[うま]そうなにおいがしてきた。殿様が問うと、家来は「あれはサンマという庶民の魚で、殿の口には合いませぬ」と言う。しかし空腹も手伝い、その場で食したら大変な美味で、以来忘れられない味になった

 ある日、殿様は再びサンマを所望したところ、出たのは上品にと加工し、すっかり脂を抜いた代物。がっかりした殿様は仕入れ先が日本橋魚河岸だと聞くと「それはいかん、サンマは目黒に限る」

 落語でおなじみの「目黒のさんま」だ。世間知らずの殿様をやゆした噺[はなし]でもあるが、何の手も加えずそのまま炭火焼きしたものが一番旨いのは、殿様の言うとおりだろう。今はあまり見られないが、炭火で真っ赤になった七輪の網の上で、ジュージューと音を立てる、脂ののったサンマを想像するだけで唾[だ]液が出そうだ

 「さんま、さんま そが上に青き蜜柑の酸[す]をしたたらせて さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。」とは、小説家で詩人の佐藤春夫の「秋刀魚の歌」の一節である。大人の恋や男の孤独をにじませた詩だが、同時に極上のサンマの味もにじませているようだ

 そのサンマが今年は食卓から遠のくかもしれない。7月の解禁から不漁が続き値段が上がっている。「小売りは1匹400円前後と昨年の倍」と、スーパーの担当者の声が少し前の本紙にあった。不漁は高い海水温など猛暑と関係があるらしい

 庶民の魚も、庶民の味も、庶民価格であればこそ、だろう。これからサンマはますます旨くなる季節になる。サンマから「庶民」の2文字が抜け落ちないよう、猛暑にはそろそろお引き取りを、と願うばかりだ。

大自在 静岡新聞 2010年8月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-18 22:56 | 大自在
「われわれはどうなるのでしょうか」膨大な借金返済を子どもらが担う・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 英国が大変な不況にあえいだ時代、経済学者・ケインズは記者団から「長期的に見て、われわれはどうなるのでしょうか」との質問を受けた

 ひと呼吸置いたケインズ氏。「さよう、長期的に見れば、われわれはみんなシんでいる」。大先生といえども先々の経済見通しなど分かるわけがない。経済の問題を、言葉の次元へすりかえて質問をかわしたのである(外山滋比古著「ユーモアのレッスン」)

 国の借金が6月末時点で900兆円を突破した。財政危機に陥ったギリシャを大きく上回る。国民1人当たりの借金は約710万円にも上る。将来、この膨大な借金返済を子どもらが担うことになる

 先の参院選で菅直人首相は、財政再建を急がねばならないとして消費税増税に踏み込んだ。ところが選挙で民主党が大敗した原因が消費税だ、として党内からブーイングが起こると問題を先延ばしし、封印してしまった

 大赤字予算を組みながら「消費税は4年間は上げない」と言った鳩山由紀夫前首相。「ギリシャのような事態は何としても避けねばならない」と言いながら、慌てて発言を二転、三転させて質問をかわそうとした菅首相

 「人間はそのうちシぬ。先のことを心配しても仕方ない」というケインズ先生のユーモアは、この場合は通じまい。

滴一滴 山陽新聞 2010年8月13日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-17 23:29 | 滴一滴
「牡丹燈籠」闇夜の暗さ、静寂を破りカランコロンと聞こえてくれば・・・ 凡語 八葉蓮華
 闇夜の暗さが尋常じゃなかった時代。静寂を破りカランコロンと聞こえてくれば怖い。「駒下駄(げた)の音が生垣(いけがき)の元でぱったり止みましたから、新三郎は止せばいいに念仏を唱えながら蚊帳を出て…」と続く、夏の風物詩「怪談牡丹燈籠(ぼたんどうろう)」の一節だ

 近代落語の祖とされる三遊亭円朝の代表作。きょうで没後110年になる。口演の録音は存在しないが、実際に聴いた「半七捕物帳」の作者、岡本綺堂いわく。「首のあたりが何だか冷たくなって(略)私は暗い夜道を逃げるように帰った」。涼しさは相当だったろう

 17歳で場末の寄席で真打ちに。ところが、用意した噺(はなし)を出演を頼んだ師匠の円生が先にやってしまう。やむを得ず、円朝は即興で切り抜ける。師匠の嫉妬(しっと)が弟子を発奮させ、創作への道を開いた

 自演だけでなく、新作の速記は新聞に連載され、歌舞伎にもなった。何より魅力的なのは高い芸境の源と言える円朝の人間性だろう。落語界で長く「大師匠」と慕われた

 仇(あだ)も恩で報いた。晩年の円生に寄り添い、遺児は引き取り育てた。円朝の噺は「文七元結」など、どこにでもいそうな人物の心意気が泣かせる。本人もそれを地で行った

 辞世は〈目を閉じて/聞き定めけり/露の音〉。伝わってくる境地は静かで深い。円朝が眠る東京の下町、谷中から根津にかけては、お露の幽霊が新三郎の元に通った辺り。最後の高座も「牡丹燈籠」だった。

凡語 京都新聞 2010年8月11日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-15 23:02 | 凡語
異常な高温による農作物への影響、コメだけは2年ぶりに豊作に・・・ 日報抄 八葉蓮華
 週末、散歩がてら、秋の使者を探して、せみ時雨に耳を澄ませてみた。セミは種によって初鳴きの時期が異なり、ツクツクボウシは土用明けの立秋のころとされる。「秋告げゼミ」と呼ばれるゆえんだ

 もう鳴き始めてもいいのに、この夏はうだるような暑さに、出番をためらっているのだろうか。汗をふきふき歩を進めたが、どこまで行っても、その声は聞こえなかった

 異常な高温による農作物への影響が報じられている。不作、高値-。家計のやりくりを思うと、懐にはひんやりと秋風が吹く。そんな中、コメだけは豊作になりそうだ。先ごろ発表された本年産の作況指数予想は、2年ぶりに豊作の目安となる「102」となった

 東北地方では、「土用十日後先(あとさき)照れば豊年」といわれるそうだ。気象エッセイストの倉嶋厚さんが「お天気だより」に書いている。「土用は1年に4回あるのに、夏の土用だけが暮らしの言葉として残っているのは、この時期の暑さとイネの成熟が深い関係にあったから」だという。厳しい残暑も豊作の吉兆と思えば、我慢できる

 とはいえ、コメ農家にとっては、豊作も手放しでは喜べないようだ。早くも、販売価格の下落が懸念されている。民主党政権の看板政策である戸別所得補償制度も真価を問われることになりそうだ

 ツクツクボウシの鳴き声を「ツクイッショウ(つく一升)」と聞きなし、それが多いほど豊作になると伝わる地方もあるという。農家の人たちは、どんな思いでせみ時雨を聞いていることだろう。

日報抄 新潟日報 2010年7月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-14 23:06 | 日報抄
名声に値するのは核兵器を持つ者ではなく、拒む者だという真実を教えなければ・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 被爆地ヒロシマを訪れても、65年前の惨状を想像することは難しい。高層ビルが林立し、緑豊かな街路樹の下を人々が忙しく行き交う

 それでも傷跡が消えることはない。世界遺産「原爆ドーム」のある平和記念公園一帯には数多くの慰霊碑が建つ。犠牲者の名前が刻まれた碑もある。大人も子どもも、兵士も非戦闘員も、無差別に、しかも一瞬にして命が奪われた事実が伝わってくる

 生き延びた被爆者たちは、悲惨な体験を記録に残した。広島市出身の作家原民喜は、小説「夏の花」(日本ブックエース刊)の中で、被爆後の惨状を「どうも片仮名で描きなぐる方が応(ふさ)わしいようだ」と次の一節を記した

 「ギラギラノ破片ヤ 灰白色ノ燃エガラガ ヒロビロトシタ パノラマノヨウニ アカクヤケタダレタ ニンゲンノシ体ノキミョウナリズム スベテアッタコトカ アリエタコトナノカ(略)」

 被爆者の高齢化で被爆体験の風化が進む。昨日の平和記念式典に参列した潘基文国連事務総長はあいさつで「被爆者の証言を主要言語に翻訳するなど、軍縮教育が必要だ。名声に値するのは核兵器を持つ者ではなく、拒む者だという真実を教えなければならない」と強調した

 被爆者に勇気を与える。軍縮教育の先頭に立つ責任が唯一の被爆国日本にある。

滴一滴 山陽新聞 2010年8月7日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-12 23:38 | 滴一滴
命を奪われ、傷ついた一人一人に、かけがえのない人生・・・ 正平調 八葉蓮華
 キリストや聖母マリアなどを描いた聖像を「イコン」と呼ぶ。ロシアでは一般家庭でも飾られ、人々が祈りをささげる

 イコンには、金属板に肖像画をはめこんだものがある。戦時中、広島市内に住んでいた亡命ロシア人、フョードル・パラシューチンさんの自宅の壁にも、きらびやかな金属製イコンが飾られていた

 65年前のきょう、広島に原爆が落とされた。太陽の表面温度に匹敵するほどの熱波が都市に降り注ぎ、約14万人の命を奪った。その地獄絵図の中に、洋服店を営むパラシューチンさん夫妻もいた

 2人は焼け崩れた自宅の下敷きになった。外にはい出し、抱き合って無事を喜び、がれきの下からイコンを拾い上げる。奇跡的に命が助かった感謝をささげたかったのだろう。しかし、キリスト像と聖母子像の顔は焼けてなくなり、金属板だけが残されていた

 戦後、神戸に移り住んだパラシューチンさんは、北野町に住居を構えた。26年前に病シしたが、晩年、神戸ハリストス正教会の酒井満神父(80)に被爆イコンを託した。そのイコンは今、広島県立美術館で展示されている

 原爆投下を命じたトルーマン米大統領は「歴史始まって以来、最大の出来事」と語ったという。外国人などさまざまな人たちを巻き込んだ惨状に想像が及ばなかったのか。命を奪われ、傷ついた一人一人に、かけがえのない人生があった。顔を奪われたイコンが今もそう語りかける。

 正平調 神戸新聞 2010年8月6日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-11 23:33 | 正平調
目に見えるものと見えぬもの、どちらが欠けても戦争を理解することはできない・・・ 凡語 八葉蓮華
 「おなすのみそしる きゅうり、おなすのしほづけ麦ごはん」「おなす、うりのたいたん うりどぼづけ 小麦ごはん」。請求書の裏に色鉛筆で描いた毎日の暮らし、そして朝昼晩の献立が小さな字でつづられている

 京都市学校歴史博物館(下京区)の「学童集団疎開の記憶」展で見た少女の絵日記だ。展示は市民や学校、児童を受け入れた寺院が保管してきた資料を集め、集団疎開の実相を浮かび上がらせる

 京都市は、1945年1月の馬町空襲を機に集団疎開を決めた。3月から約7カ月間、計1万5730人の子どもたちが丹波や丹後地域の寺院や教会で合宿生活を送った

 疎開申込書などの書類も興味深いが、写真や手紙、日記が胸に迫る。勉強や農作業をとらえた写真や絵は、笑顔が多い。「ふとりました」「元気です」。家族あての便りにもけなげな言葉が躍る

 生命力に満ちた子どもたちのことだ。その笑顔に偽りはないのかもしれない。だが、手紙には検閲印が見える。親恋しさに夜泣きしたり、脱走事件の逸話も残る。質素な食の克明な記録には、さみしさを紛らわす少女の懸命な姿がにじむようだ

 近年、戦争の体験者が、写真や文に残せずにいた感情や記憶を吐露している。目に見えるものと見えぬもの。どちらが欠けても戦争を理解することはできない。戦後65年、高齢者が胸の内を明かす重みを受け止めて心に刻む夏にしたい。

凡語 京都新聞 2010年8月5日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-10 23:21 | 凡語
ビキニ環礁を世界遺産(文化遺産)、核兵器廃絶と平和への祈り・・・ 大自在 八葉蓮華
 ラグーンと呼ばれる穏やかな内海と大海原を仕切るサンゴ礁の島々。空から見ると、環礁は首飾りのよう。宝石のような島々が輪になって連なる。こうした29の環礁と五つの島からなる海洋国が、太平洋中西部のマーシャル諸島共和国である

 第1次世界大戦後は日本の統治下、第2次大戦後は国連信託統治領とした米国が環礁を核実験場にした。ビキニ環礁はその一つだ。米国は1946年7月から核実験を始める。広島、長崎への原爆投下から1年もたたずに。実験は58年8月までの12年間で67回にも及んだ

 背景は旧ソ連との冷戦。核兵器開発競争に懸ける米国は54年3月1日、急造した水爆「ブラボー」をビキニで実験した。爆発は予測を大幅に超え、まき散らされた放射性降下物が観測米兵や島民、公海上にいたマグロ漁船第五福竜丸の乗組員らを襲った

 爆発跡はえぐられ、いまでは巨大な深みのように見える。「核実験の威力を伝える上で非常に意義深い証拠」。そう受け止めた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が、ビキニ環礁を世界遺産(文化遺産)に登録することを決めた

 当時の一連の核実験で放射能汚染魚を廃棄した日本漁船は856隻、海洋汚染も広がり、日本各地に放射能雨が降り、野菜類も汚染された。このビキニ事件をきっかけに原水爆禁止署名運動が世界中に広がり、55年の広島で原水爆禁止世界大会の初開催につながった

 20世紀中の核実験は7カ国で2千回を超した。広島・原爆ドームと長崎・浦上天主堂の被爆マリア像、ビキニ環礁と第五福竜丸は、核被災の歴史を刻む。核兵器廃絶と平和への祈りの象徴として心にとどめ、後世に残したい遺産である。

大自在 静岡新聞 2010年8月3日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-08 23:24 | 大自在
手足の動きを補助するロボットスーツ「HAL(ハル)」これからも進化を続ける・・・ 滴一滴 八葉蓮華
 SF映画「2001年宇宙の旅」は、壮大な宇宙空間をリアルに表現し、今日の特撮技術の先鞭(せんべん)をつけた映画史に残る名作だ

 製作から42年、道具と人類の進化についても示唆に富んだ内容で、宇宙船を制御するコンピューターの反乱がハイライトだった。名前を「ハル」という

 くしくも同じ名前の最先端技術が最近、注目を集めている。ただ、こちらは人を助ける優しいロボットだ。手足の動きを補助するロボットスーツ「HAL(ハル)」。先月末、東京で開発者の山海嘉之筑波大大学院教授=岡山市出身=の講演を聴き「人のために役立つ研究を」との信念に感銘を受けた

 HALを手足に装着すれば、筋肉を動かそうという脳からの指令を受けて関節を動かす仕組みだ。重いものでも楽に持ち上げられる。まずは介護の援助や障ガイ者のリハビリなど福祉現場での活用を想定しており、既に全国37施設で導入されている

 開発の過程で特筆されるのが、ロボット工学だけでなく脳神経科学や生理学など幅広い知識を動員したことだ。専門領域を超える研究が必要だった

 さらに山海教授は「人を守るためのロボットに」と思い描く。後ろにいすがないのに座ろうとしたら止めたり、段差でつまずいたりしないように。これからも進化を続けるHALに期待したい。

滴一滴 山陽新聞 2010年8月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-08-07 23:07 | 滴一滴