髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
全体
八葉蓮華
大自在
日報抄
凡語
正平調
滴一滴
卓上四季
河北春秋
筆洗/中日春秋
天風録
春秋
未分類
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
言葉があるのに交わさず、気持ちを通わせず、ぎすぎすして・・・ 正平調 八葉蓮華
 ゾウの摩耶子と諏訪子、キリンの六と甲、チンパンジーの金、銀、神(しん)。カバの出目男(でめお)…。神戸の王子動物園の名物飼育員、亀井一成さんの絵本や記録でおなじみの動物たちである

 自ら世話をし、別れを体験した動物たちでもある。「亀井一成さんという人は、まことに深いかなしみを持った人なんだなァ」。児童文学者の灰谷健次郎さんは、文庫本の解説にそう書いている

 灰谷さんのいうかなしみは、動物のいのちに寄り添うことにとどまらない。そこに人間のどうしようもない業のようなもの、いのちに対する人間のおごりを見て、深いかなしみを覚える。亀井さんとはそういう人ではないかと書く

 亀井さんは涙もろい人という印象が残る。話しながら人を泣かせ、自分も目を赤くした。雌のチンパンジーの赤ん坊チェリーを引き取り、家族ぐるみで育てた記録「チェリーと双子の弟たち」を読む。成長に泣き、しかりつけて一緒に泣き、病気が治って泣き、いろんな場面で泣いている

 本を開くと、亀井さんの声が聞こえるようだ。飼育員は言葉の通じない動物に優しく話しかけ、しぐさや体の汚れ、ふんを通して心を通わせます。人間はどうですか。言葉があるのに交わさず、気持ちを通わせず、ぎすぎすしていませんか

 亀井さんの悲報を聞き、動物園で元気に暮らすチェリーに会いたくなった。優しい瞳が、本当の娘のように亀井さんに似ているチェリーに。

 正平調 神戸新聞 2010年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-09-19 22:51 | 正平調
おせっかいなハト「トロイカ」政策論争を聞けるなら、この選挙も悪くはない・・・ 正平調 八葉蓮華
 大山鳴動してネズミ1匹という言葉がある。世間を騒がせ過ぎたという批判もあるだろう。飛び出したのは1人でなく、2人だった。その方がよかったと受け止めるしかあるまい

 民主党代表選がきょう、告示される。対決回避に向けた直接会談が物別れに終わり、菅直人首相と小沢一郎前幹事長による一騎打ちになる。戦うからには、論戦を堂々と展開してほしい

 それにしても散々、気をもませた。立候補の意思を表明した両者の間を、1羽の伝書バトが何度も行き交った。オリーブの葉をくわえた休戦の使者に見えたこともある。「白いハトはいくつの海を越えて飛ぶのか」とボブ・ディランは歌う。何のために飛んだのかと、伝書バトには問いたい

 「トロイカ」という言葉もよく耳にした。トロイカは、ロシア語で3頭立ての馬車のことをいう。3頭の馬が横一列に並んで引くのが、ロシア伝統の形だという。1頭でも違う動きをすれば、馬車はたちまち安定を失う

 菅、小沢両氏と鳩山由紀夫前首相によるトロイカ体制を大事にしていきたい。そのメッセージが受け入れられず、ハトはいま「オザワ、オザワ」と鳴く。確か、その前は「カン、カン」と鳴いてはいなかったか

 おせっかいなハトは飛び去り、トロイカも当分、出番がなさそうだ。日本の明日を考える政策論争を聞けるなら、この選挙も悪くはない。ただ、無意味なドタバタはもうたくさんだ。

 正平調 神戸新聞 2010年8月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2010-09-05 23:12 | 正平調