髻中宝珠の八葉蓮華 {創価学会 仏壇}
lotussutra.exblog.jp
 「髻中宝珠の譬え(頂珠の譬え)」(安楽行品第十四) 創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge 創価仏壇
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
メモ帳
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「正直者のことはよく分からん」  河北春秋 八葉蓮華
20世紀前半の有名な詐欺師にチェコ生まれのルースティッヒ伯爵なる男がいる。スクラップ業者をだまし、パリのエッフェル塔を売って?大もうけした事件が伝わっている▼舞台は豪華なホテル。政府高官を名乗って業者を呼び出す。エッフェル塔を解体することになったと説明し、有利に扱うからと賄賂(わいろ)をほのめかす。札束を頂いたらすぐにドロン。同じ手で2回も詐欺を働いた ▼米国でもどんどん詐欺に手を染めている。被害者にはギャングのアル・カポネもいたというから、非凡かつ豪胆な詐欺師だったのだろう。数カ国語を操り、その話術は抜群にうまかったそうだ▼経営者らが逮捕された東京の投資会社によるエビ養殖詐欺も、舞台装置は似たり寄ったり。ホテルでの説明会、巧みな話術、豪華なフィリピンツアー、歌手のショー、「出資金が倍に」のささやき ▼典型的な詐欺の手口のオンパレードではないか。コロリとだまされた人が全国に何と約3万5000人もいて、合わせて849億円が集まったというから、これにはびっくりさせられる▼ルースティッヒ伯爵(この称号もむろんウソ)は「正直者のことはよく分からん」とうそぶいている。エビ養殖詐欺の被害者も疑うことを知らぬ善良で正直な人なのだろう。安易なもうけ話などないものを。

河北春秋 7月5日 河北新報

八葉蓮華 hachiyorenge
[PR]
by hachiyorenge | 2008-07-05 01:01 | 河北春秋